ツーファイブというコード進行

連結力の強いコード進行の一つにツーファイブというものがあり、人間の耳には心地よい流れだとされています。ツーファイブはジャズに限らず、ポピュラー音楽でも頻繁に使用されるので、これを覚えておけば、ベースラインを考えるのにも役に立ちます。先ずは、ディグリーネームからツーファイブを考えてみましょう。

ツーファイブを理解する

ツーファイブのコード進行にはドミナントモーションが入るというのを表した4小節

ツーファイブにはドミナントモーションが入る

調号や最初と最後のコードから、上記の4小節のキーは「Cメジャー」だと判断できます。キーの主役になるコードをトニックコードと言い、1小節目のコード「C」と4小節目の「CM7」がトニックコードです。トニックコードから、5番目に当たるコードをドミナントコードと言い、ここでは3小節目のコード「G7」がドミナントコードです。3小節目から4小節目は4度進行をしており、ドミナントセブンスコードからトニックコードへ、ドミナントモーションも起こしています。このように、ツーファイブにはドミナントモーションが入ってきます。ドミナントモーションについては、ドミナントモーションで解決するをご覧ください。

ツーファイブだと判断できるコード進行の見方

今度は2小節目のコード「Dm7」から見ていきましょう。2小節目から、コードのルートだけを見ると「D」「G」「C」と4度進行しているのが分かります。譜面のように「D」に「m7」を、「G」に「7」を付けて、トニックコードへ進行するのがツーファイブとなり、力強いコード進行が得られます。こんなふうに、ルートが4度進行で「○m7」「○7」「トニックコード」というコード進行が続けば、それはツーファイブだと考えて良いでしょう。

ツーファイブという呼び方がディグリーネームからというのを説明する表

ツーファイブはディグリーネームから

何故ツーファイブと呼ばれるのか、それはディグリーネームに関係があります。「Ⅱm7」はダイアトニックコードの2番目に当たるので「ツー」と言い、「Ⅴ7」はダイアトニックコードの5番目に当たるので「ファイブ」です。上記の表から、キーが「Cメジャー」で見てみると、2番目が「Dm7」で、5番目が「G7」とあり、最初に見た4小節のコード進行と、一致しているのが分かります。キーが「Cメジャー」だけなら「Dm7」「G7」「CM7」というコード進行だけを覚えておけばいいですが、キーは表以外にも、全部で12種類あるので、全てのキーに当てはめられるように、ツーファイブと言う分けです。

ツーファイブワン

ディグリーネームのトニックコードが「ⅠM7」で、それをツーファイブに合わせると「ワン」と言い、ツーファイブと同じ意味でツーファイブワン、と説明される場合が稀にあります。また、表のトニックコードは全て「メジャーセブンスコード」ですが、バグス・グルーヴのように「ドミナントセブンスコード」や、他にも「シックススコード」、三和音の「メジャートライアドコード」でも、トニックコードの扱いになります。

ツーファイブを4度圏表と指板図で考える

ディグリーネームとダイアトニックコードの表を用いて、ツーファイブを確認しましたが、今度は過去のページでも紹介した4度圏表や、エレキベースの指板を利用して、ツーファイブのコード進行を考えていきましょう。

ツーファイブを4度圏表で見る

ツーファイブを見るための4度圏表

4度圏表を時計回りに見ていくと、ルートが4度進行していると説明しました。ツーファイブも4度進行をしているので、都合が良い分けです。12時の「C」をトニックコードとすると、10時の「D」から、11時の「G」を経て、12時の「C」までで、4度進行が2回作れました。ルートだけが4度進行をしても、ツーファイブにならないので「Dm7」と「G7」にしてやり、トニックコードの「C・CM7・C7・C6」などに繋いでやります。

5時の「D」をトニックコードとする場合も、3時の「E」と、4時の「A」と、5時の「D」で4度進行が2回です。やはり「Em7」と「A7」というコードに直してやり、トニックコードの「DM7」などへ繋げ、ツーファイブワンのコード進行を作ることが出来ます。このように、4度圏表からツーファイブを考えることもありますが、次はベーシストらしく、指板から考えてみましょう。

3弦3フレットからの完全4度
3弦3フレットがルートの完全4度を表した指板図
2弦3フレットからの完全4度
2弦3フレットがルートの完全4度を表した指板図

完全4度のフレットが4度進行

4度進行と4度圏表と枯葉でも説明しましたが、左(上)の指板図のように、3弦3フレットをルートを表す記号(ルート)とした時に、完全4度を表す記号(完全4度)は2弦3フレットになります。今度は右(下)の指板図で、2弦3フレットをルートを表す記号とすると、完全4度を表す記号は1弦3フレットです。このルートを表す記号から完全4度を表す記号のフレットが、4度進行をしており、どのフレットをルートのルートを表す記号としても、完全4度を表す記号は同じ距離を保ちます。このことを踏まえると、ツーファイブを次のようにも考えられます。

ツーファイブのディグリーネーム
ツーファイブのディグリーネームが記された指板図
同じフレットで4度進行
「D」「G」「C」という4度進行を表す指板図

ツーファイブは指板からも考えられる

先ず「ⅠM7」を「CM7」として、それがトニックコードと確定しているとしましょう。ルートは「C」なので、同じ音名の1弦5フレットに当てはめます。同じ5フレット上には、先ほど説明したように、4度進行が成り立つので、3弦5フレットの「D」から、2弦5フレットの「G」で4度進行、2弦5フレットの「G」から、1弦5フレットの「C」で4度進行が2回になります。4度圏表の時と同じく、ルートだけではツーファイブにならないので「Dm7」「G7」「CM7」というコードに直してやります。

次は手元にエレキベースがあれば、それの指板で考えてみてください。トニックコードを「F7」とし、そのルートを2弦3フレットに置きます。同じフレット上の4弦3フレットの音名が「G」で、3弦3フレットの音名が「C」です。ルートのみでは「G」「C」「F」となるので、これをツーファイブの「Gm7」「C7」「F7」として出来上がりです。キーによっては、5フレットより上の指板を見ないといけませんが、音名が分かっていれば簡単に分かるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントで意見交換してみよう!

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です