ドミナントモーションで解決する

ドミナントコードから、トニックコードへ進行する一連の動作を、ドミナントモーションと言います。ドミナントモーションは「支配的動作」などと訳せますが、ドミナントコードの持つ減五度音程(げんごどおんてい)が、人間の耳を支配するのでしょう。音と音の繋がりを、具体的に見ていきましょう。

ドミナントモーションの内容

ドミナントセブンスコードを説明する小節

ドミナントセブンスコード

Cメジャーキーの、ダイアトニックコードで見ていきましょう。ドミナントコードのDから、トニックコードのTへ進行するのが、ドミナントモーションです。上記のDには、「G(ジーメジャー)」と「G7(ジーセブンス)」があります。どちらもTへ進行しようとはしますが、より強力なのは、セブンス(短七度)がある「G7」です。こういったコードを、ドミナントセブンスコードと言います。ドミナントセブンスコードでないと、減五度音程が作れないので、ドミナントモーションを起こすことは出来ません。では「減五度音程」とは何なのか、詳しく見ていきましょう。


減五度音程とドミナントモーションの解決を説明する2小節

減五度音程とドミナントモーションの解決

コード「G7」は「根音のG音」「長三度のB音」「完全五度のD音」「短七度のF音」で構成されています。注目すべきなのが「B」音と「F」音で、これら二音を減五度音程と言います。この減五度音程は、人間の耳には不安定で、気持ち悪く聴こえてしまい、何処か落ち着ける音程を求めようとします。その行き先がトニックコードで、「B」音がコード「C」の「根音のC音」へ、「F」音が「長三度のE音」へ移り、これが人間の耳には、スッキリ気持ち良く聴こえます。このような音の流れを、ドミナントモーションと言います。また、ドミナントモーションで音程が落ち着くことを解決する、などと表現するので、覚えておくと良いでしょう。


三全音の反進行またはトライトーンの反進行を説明する鍵盤図

三全音の反進行 or トライトーンの反進行

コード「G7」が持つ「B」音から「F」音は、半音6つ分になり、半音の数で見るコードの構成や、先ほども説明したように、これは減五度という音程です。半音6つ分を、全音にすると3つ分になり、これを三全音(さんぜんおん)、英語式ではトライトーンと言います。説明したように、減五度音程である三全音は、トニックコードへと移りたがります。「B」音は半音上の「C」音へ、「F」音は半音下の「E」音へ移るように、三全音は同じ方向へは進行せず、反対の方向へ進行しようとします。これを三全音の反進行トライトーンの反進行と言い、ドミナントモーションの特徴でもあります。


Aメジャーキーのダイアトニックコードを記した小節

Aメジャーキーのドミナントモーション

今度はAメジャーキーで、ドミナントコード以外も、テトラッド(四和音)にしてみましたが、ここで関係があるのは、トニックコードだけです。トニックコードがテトラッドになっても、ドミナントモーションの機能は変わりありません。ドミナントセブンスコードが「E7」で、トニックコードは「AM7」のドミナントモーションを、先ほどと同じく、TAB譜面で具体的に見ていきましょう。


コード「E7」からコード「AM7」のドミナントモーションを説明した小節

コード「E7」から「AM7」のドミナントモーション

コード「E7」は「根音のE音」「長三度のG#音」「完全五度のB音」「短七度のD音」で構成されています。減五度音程は「G#」音から「D」音が持っており、この音程が三全音(トライトーン)になっています。「G#」音はコード「AM7」の「根音のA音」へ、D音は「長三度のC#音」へ移り、ドミナントモーションで解決します。4弦フレットから4弦フレットは、半音上がっており、2弦フレットから3弦フレットは、半音下がっていることから、三全音の反進行が成立しているのも分かります。エレキベースでは、和音によるドミナントモーションを、耳で確認することは難しいですが、このように、指板で構成を探ることは可能です。


CメジャーキーのTとD
CメジャーキーのTとDのフレットを表した指板図
AメジャーキーのTとD
AメジャーキーのTとDのフレットを表した指板図

トニックコードとドミナントコードを指板図で見る

指板図にある音名を、コードのルートとし考えてみましょう。3弦3フレットの「C」を、Tのトニックコードとすると、そこから完全五度(半音7つ)上にあるのが、Dのドミナントコードで、完全四度(半音5つ)下にあるのも、Dの「G」です。3弦0フレットの「A」をTとしても、完全五度上と完全四度下にあるのは、Dの「E」となります。このように、キーが変わってもTDは相対的に動くので、ドミナントモーションのコードを探すのにも、役立つと思います。


マイナーコードへのドミナントモーションを説明する2小節

マイナーコードにもドミナントモーション

次はトニックコードを「Cm」とする、ドミナントモーションを見ていきましょう。ドミナントコードを「Gm7」とする場合もありますが、それではドミナントセブンスコードにはならず、減五度音程の三全音(トライトーン)も作れないので、ドミナントモーションなら「G7」にしてやります。「G7」の「長三度のB音」が半音上がって、コード「Cm」の「根音のC音」へ流れるのは、メジャーコードと同じです。「短七度のF音」は、半音2つ分下がり「短三度のE音」へ流れているのは、TAB譜面を見ても分かると思います。トニックコードがマイナーコードになると、ドミナントモーションの音の移り変わりに、少しだけ変化が見られます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントで意見交換してみよう!

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です