代理和音 or 代理コード

ダイアトニックコードは全部で7つあり、そのうちの3つが曲の中心となる主要三和音で、残りの4つが副三和音だと説明しました。この副三和音ですが、主要三和音の代わりをする代理和音(だいりわおん)として、用いることが出来ます。

代理和音の副三和音

代理和音をトニック・サブドミナント・ドミナントに分けたCメジャーキーのダイアトニックコードを表す小節

代理和音をトニック・サブドミナント・ドミナントに分ける

1番目に作られるのがトニックコード(T)、4番目に作られるのがサブドミナントコード(SD)、5番目に作られるのがドミナントコード(D)です。これらはスリーコードとも言われ、この3つさえあれば曲は仕上げることが出来ます。しかし、それではコードに乗せるメロディーにも、味気がなくなります。そこで、副三和音をスリーコードの、代理和音として使います。これらはそれぞれ「TSDD」の仲間に分けることが出来ます。どういう基準で分けられているかと言うと、どのスリーコードに使われている音が似ているか、ということです。四和音のCメジャーキーで見ていきましょう。

トニックコード「CM7」
トニックコード「CM7」を表した小節
代理和音「Em7」「Am7」
トニックコードの代理和音「Em7」「Am7」を表した小節

トニックコードの代理和音

トニックコードはⅠM7の「CM7」で、構成音は「C・E・G・B」です。代理和音はⅢm7の「Em7」で、構成音は「E・G・B・D」となり、CM7とは「E・G・B」が重なっています。もう一つの代理和音はⅦm7の「Am7」で、構成音は「A・C・E・G」となり、トニックコードの「CM7」とは「C・E・G」が重なります。「CM7」の代理和音として「Em7」と「Am7」を比べると、「Am7」の方が強くなる傾向があるようですが、好きな方を使えば良いでしょう。


サブドミナントコード「FM7」
サブドミナントコード「FM7」を表した小節
代理和音「Dm7」
サブドミナントコードの代理和音「Dm7」を表した小節

サブドミナントコードの代理和音

サブドミナントコードはⅣM7の「FM7」で、構成音は「F・A・C・E」です。代理和音はⅡm7の「Dm7」で、構成音は「D・F・A・C」となり、サブドミナントコードの「FM7」とは「F・A・C」が重なっています。トニックコードの代理和音は二つありましたが、サブドミナントコードの代理和音は一つだけです。


ドミナントコード「G7」
ドミナントコード「G7」を表した小節
代理和音「Bm7(♭5)
ドミナントコードの代理和音「Bm7(♭5)」を表した小節

ドミナントコードの代理和音

ドミナントコードはⅤ7の「G7」で、構成音は「G・B・D・F」です。代理和音となるのはⅦm7(♭5)の「Bm7(♭5)」で、構成音は「B・D・F・A」となり、ドミナントコードの「G7」とは「B・D・F」が重なっています。ドミナントコードの代理和音も一つだけで、代理和音としては、あまり使われない傾向にありますが、使うか使わないかは自由です。

代理コードの機能を無視しても良い

代理和音は代理コードとも言われます。ここまでは、四和音で代理コードを説明してきましたが、それが三和音になったとしても、代理コードとして成立します。場合によっては、使いづらいものも出てきますが、基本は同じと考えてください。また、代理コードを必ずしも機能通りに思い、使う必要もありません。代理コードに、縛られすぎないようにもしましょう。

マイナーキーの代理コード

ナチュラルマイナー・ハーモニックマイナー・メロディックマイナー、と三種類あるマイナーキーですが、メジャーキーの代理コードよりも緩い部分があり、音楽の理論書などでも、確かな決定付けをしていることはないでしょう。

ナチュラルマイナーキーのコード機能表

ナチュラルマイナーキーのコード機能表

1・4・5番目に、主要三和音が位置するのは、メジャーキーと同じです。6番目の「FM7」はトニックコードにもなれば、サブドミナントコードの機能も持つ、と説明されることが多いでしょう。5番目のドミナントコードである「Em7」ですが、これはドミナントモーションで解決するでも説明したように、「E7」で考える方が多いですが、「Em7」でもドミナントコードとして分類されます。


ハーモニックマイナーキーのコード機能表

ハーモニックマイナーキーのコード機能表

同じく6番目の「FM7」は、トニックコードとサブドミナントコード、両方の扱いを受けています。ドミナントコードの代理和音である、7番目の「G#dim7」は、二つの減五度音程を持つ、特徴的な和音です。ナチュラルマイナーでは「Em7」だったドミナントコードですが、ハーモニックマイナーになると「E7」になり、ナチュラルマイナーの場合にでも、よく「E7」のコードを使うことがあります。


メロディックマイナーキーのコード機能表

メロディックマイナーキーのコード機能表

ここでは6番目の「F#m7(♭5)」を、トニックコードのみの代理和音扱いにしてありますが、コード内の音を少し変化させてやれば、サブドミナントコードや、ドミナントコードの代理和音として、使う人もいるかと思います。4番目のサブドミナントコードである「D7」も同じで、これはGメジャーキーのドミナントコードに当たるので、トニックコード「G」や「GM7」への、ドミナントモーションの色が出てしまいそうなら、「D7」を「Dm7」にして使う人もいるでしょう。

主要三和音へのカテゴリー分けは自由

実に簡単に、マイナーキーのコード機能を見てきましたが、そのカテゴリー分けは、メジャーキーと比べるともっと自由です。見てきたように、マイナーキーは三種類もあるので、そのことも、コード機能をややこしくしているでしょう。ある程度は決まっているものの、副三和音である代理和音を「トニックコード・サブドミナントコード・ドミナントコード」のどれに振り分けるかは、自分で判断する必要もあります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントで意見交換してみよう!

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です