半音の数で見るコードの構成

コードには、メジャーコードやマイナーコードがありますが、コード名が変われば、当然コードの内容も変わってきます。これを鍵盤図で半音ずつに区切りながら、コードの構成を見ていきましょう。前のページに続き、Cメジャースケールから作られる、ダイアトニックコードを例に挙げ、説明していきます。

ルート(根音)からの半音の数

Cメジャースケールを表した鍵盤図

Cメジャースケールは白鍵だけ

ここでも「C」音から順番に、番号を振っておきます。音名や番号からも分かるように、Cメジャースケールはピアノなどの鍵盤だと、白いキーの白鍵(はっけん)だけで、作られているのが分かります。なので、Cメジャーのダイアトニックコードも、白鍵の音だけを積み重ねて作られます。それでは、黒いキーの黒鍵(こっけん)は、考えなくてもいいかというと、そうではありません。ここでは、半音の音程を数えるのに必要になってくるので、黒鍵も頭に入れておかなければなりません。


C(シーメジャー)
コード「C」のルートから長三度まで半音が4つあるのを表した鍵盤図
Dm(ディーマイナー)
コード「Dm」のルートから短三度まで半音3つあるのを表した鍵盤図

メジャーコードとマイナーコードの半音の数

コードの一番下に位置する音を、ルート(Root)根音(こんおん)と言います。コード「C」だと、の「C」音がルート、コード「Dm」だと、の「D」音がルートになります。鍵盤図にある半音を表す記号は、半音の音程を表し、ルートからの数に注目してみましょう。コード「C」だと半音は4つで、コード「Dm」だと半音は3つです。このルートからの半音の数が、メジャーコードとマイナーコードを分けています。


Em(イーマイナー)
コード「Em」のルートから短三度まで半音3つあるのを表した鍵盤図
F(エフメジャー)
コード「F」のルートから長三度まで半音4つあるのを表した鍵盤図

短三度は半音3つ

コード「Em」だと、の「E」音がルートになり、そこからの「G」音までは、半音3つなので、マイナーコードになります。「ルートから半音が3つ分の音程」というのを日本式で表すと、短三度(たんさんど)と言います。

長三度は半音4つ

コード「F」だと、の「F」音がルートになり、の「A」音までは、半音4つなので、メジャーコードになります。同じように「ルートから半音が4つ分の音程」を日本式で表すと、長三度(ちょうさんど)と言います。ルートからの半音の数を、長と短で区別する分けです。


C(シーメジャー)
コード「C」のルートから完全五度まで半音7つあるのを表した鍵盤図
Am(エーマイナー)
コード「Am」のルートから完全五度まで半音7つあるのを表した鍵盤図

完全五度は半音7つ

トライアドコードはルートと、長短どちらかの三度と、もう一つ音程があります。これもルートから、半音を示す半音を表す記号の数により、呼び方が変わります。コード「C」なら、の「C」音のルートから、の「G」音まで、半音が7つあります。コード「Am」も、の「A」音のルートから、の「E」音まで、半音が7つあります。このように、ルートから半音7つ分先にある音程を、完全五度(かんぜんごど)と言います。英語式では「Perfect・5th(パーフェクト・フィフス)」と言いますが、略記号で「P5」と表されることが多いです。


C(シーメジャー)
コード「C」のルートから完全五度まで半音7つあるのを表した鍵盤図
Bm(♭5)(ビーディミニッシュ)
コード「Bm(♭5)」のルートから減五度まで半音6つあるのを表した鍵盤図

減五度は半音6つ

コード「C」のルートから、半音7つ分先にある音程は、完全五度でした。ルートから半音6つ分先になると、減五度(げんごど)という音程になります。コードにも「Bm(♭5)」といったように、完全五度から半音1つ分減ったことを示す「♭5」が付け足されます。「Bm(♭5)」の読み方は「ビーディミニッシュ」とも言われますが「ビーマイナーフラットファイブ」と言う方が、コードの見た目と合っているので、意味も分かり易いかと思います。

コードネームは省略される

減五度の音程を持つコードには、コードネーム(コードの正式名称)にも「♭5」や「-5」などと表されますが、完全五度の場合は省略されます。これは長三度の場合も同じで、コード「C」なら「ルート・長三度・完全五度」の音程なので、コードネームにはルートの「C」音だけで表すことになります。


CM7(シーメジャーセブンス)
コード「CM7」のルートから長七度まで半音11個あるのを表した鍵盤図
FM7(エフメジャーセブンス)
コード「FM7」のルートから長七度まで半音11個あるのを表した鍵盤図

長七度は半音11個

トライアドコードの三和音に一つ音が増えると、テトラッドコードの四和音になると説明しました。の「C」音をルートとすると、そこから半音4つ先が長三度、半音7つ先が完全五度、半音11個先は長七度(ちょうしちど)という音程です。

の「F」音をルートとすると、同じく長三度と完全五度を経て、半音11個先にあるの「E」音は、長七度の音程です。英語式ではメジャーセブンスと言われ、コードネームには略記号の「M7」と記されることが多いです。


Dm7(ディーマイナセブンス)
コード「Dm7」のルートから短七度まで半音10個あるのを表した鍵盤図
G7(ジーセブンス)
コード「G7」のルートから短七度まで半音10個あるのを表した鍵盤図

短七度は半音10個

の「D」音をルートとすると、そこから半音3つ先が短三度、半音7つ先が完全五度、半音10個先は短七度(たんしちど)という音程です。の「G」音をルートとすると、そこから半音4つ先が長三度、半音7つ先が完全五度、半音10個先にあるの「F」音は短七度です。短七度を英語式でドミナントセブンスと言いますが、ドミナントを省いて、セブンスと言う方が多いような気がします。コードネームに表す時は、数字の7だけで短七度になります。

コードの仕組みは複雑

ルートから半音の数に注目して、コードの種類を説明しましたが、直ぐには分からないと思います。ここでは、ピアノの鍵盤図を用いて説明しましたが、エレキベースのコードでは、エレキベースの指板図を中心に詳しく解説しているので、そちらも参考にしてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントで意見交換してみよう!

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です