ハーフタイムシャッフル(16ビート)

8ビートが8分音符中心のリズムであったように、16(シックスティーン)ビートは、16分音符が中心のリズムです。そして、16ビートにもシャッフル記号があり、16分音符を跳ねるように演奏してやします。主にはドラム用語として用いられますが、16ビートシャッフルのことをハーフタイムシャッフルと言います。

ハーフタイムシャッフルと1拍6連符

16ビートのイーブンを説明した小節

16ビートのイーブン(ストレート)

4分音符の半分の更に半分が16分音符なので、16分音符が4つ集まると、4分音符と同じ値になります。この1小節の譜面からも、4分音符と16分音符の、長さ関係が分かると思います。この小節には16ビートのシャッフル記号がないので、16分音符はイーブンのリズムで「タカタカ」と歌えば良い分けです。


16ビートのシャッフル記号がある小節

16ビートのシャッフル記号

先ほどと同じ音符ですが、今度は16ビートのシャッフル記号があります。なので、2・4拍目にある16分音符は跳ねるように「カタ」と歌います。1・3拍目にある4分音符の「ター」と同じ長さで「カタ」と歌うようにしますが、ここでは音源がないので、分からなくても問題ありません。これは一旦忘れてもいいので、次のような音符を見てみましょう。


1拍6連符がある小節

1拍6連符

2・4拍目にあるのが、4分音符を6分割した1拍6連符(いっぱくろくれんぷ)です。4分音符の「ター」を1回だけ歌う間に「タツカタツカ」と6回も歌ってやります。やはり歌い方は自由で、歌い易いように歌いましょう。4分音符を3つに分けて1拍3連符としたように、8分音符1つを3つに分けて、1拍6連符の半分になる「タツカ」とも考えられます。先ずは1拍6連符を覚えておきましょう。


1拍6連符をタイ記号でハーフタイムシャッフルにした小節

1拍6連符をタイ記号でハーフタイムシャッフルに

1拍6連符は6つの音から作られており、その1つ目と2つ目をタイ記号で結ぶと「タツカ」だった音が「」となり、8ビートのシャッフルでも説明したような、2対1の跳ねるリズムが出来ます。4つ目と5つ目もタイ記号で結んでやり、もう一組の「」が出来上がり、合わせると「カタ」と歌うことができます。これが2つ前に見た、16ビートのシャッフル記号、つまりハーフタイムシャッフルと、同じリズムになる分けです。


ハーフタイムシャッフルで16分休符がある小節

ハーフタイムシャッフルの16分休符

16分休符が入った、ハーフタイムシャッフルを見てみましょう。前に見た16分音符が4つの「カタ」を半分にした「」から、考えていくといいでしょう。2拍目にある「ウン」は、16分音符であった「」の「」が16分休符の「ウン」になり、合わせると「ウンウン」というリズムになります。

4拍目の「」も半分にして考えていきましょう。16分音符が2つ分の「」の「」が16分休符の「」になり、4拍目を合わせると「」となります。1つ前で説明した、タイ記号を使った1拍6連符からも分かるように、1拍分が2対1と2対1、という長さ関係にあるのが分かると思います。


ハーフタイムシャッフルに8分音符がある小節

ハーフタイムシャッフルの8分音符

8分音符と16分音符がセットで出てきた場合は、8分音符にはシャッフルはかかりませんが、1拍6連符の形にして「アア」と見てやると、分かりやすいかもしれません。2拍目が8分音符+16分音符2つで「アア」で、4拍目が16分音符2つ+8分音符で「アア」となります。必ずしも8分音符を「アア」と感じることはないですが、ハーフタイムシャッフルの揺れを感じるのには良いでしょう。


ハーフタイムシャッフルでタイ記号がある小節

ハーフタイムシャッフルとタイ記号

2拍目から3拍目にかけ、16分音符同士がタイ記号で結ばれています。シャッフル記号があるので、結ばれている16分音符同士の長さも違い、非常にややこしいリズムだと思います。まずはタイ記号を外した「アア|アア」と歌ってやりましょう。それから、タイ記号を付け「アア|アアアア」としてやると、上手く歌えるようになるかもしれません。


ハーフタイムシャッフルをタイ記号で表している小節

ハーフタイムシャッフルをタイ記号で表す

2拍目に「16分音符+8分音符+16分音符」という形があり、ここもハーフタイムシャッフルを意識しなければなりません。これを1拍6連符とタイ記号を使い、同じリズムにしたものが4拍目にあります。1つ目と2つ目、3つ目と4つ目と5つ目が、タイ記号で結ばれて「アア」と、文字数も6文字で、音符の数とリンクしているので、分かりやすいかと思います。また、こういう説明で分からなくても、音を聴いてリズムを感じられれば、何も問題ありません。

ハーフタイムシャッフルのリズム練習

先ずは16分音符4つのリズムを、イーブンとハーフタイムシャッフルとでは、どう違うのかを確認しましょう。それがハーフタイムシャッフルの基本になってくると思います。説明してきたように、16分休符にもシャッフルがかかります。かなり複雑なリズムなので、少しずつゆっくりと勧めていきましょう。

ハーフタイムシャッフルを練習するための譜面

ハーフタイムシャッフルの基本

4小節目までのハーフタイムシャッフルは「カタ」という、16分音符が4つのリズムだけです。まずは音源で聴いて覚えてしまい、それをハーフタイムシャッフルの、基本リズムと考えておきましょう。4小節目までのリズムが楽に歌えるようになったら、次の5小節目へと進むといいでしょう。

5・6小節目では、8分音符と16分音符がセットになった1拍が出てきます。8分音符が先に来る「アア」と、8分音符が後に来る「アア」のパターンです。8分音符に相当する「アア」も、文字の通り3つに分けて、跳ねるような感じを出してもいいでしょう。7小節目の「アア」が一番難しいかもしれません。どのリズムでも同じことが言えますが、難しく考え過ぎずに、音源を何度も繰り返し聴いて、それと同じように歌えるようになれば十分です。


ハーフタイムシャッフルの16分休符を練習する譜面

ハーフタイムシャッフルの休符は困難

16分音符(16分休符)を2つずつに分けてやると、1小節目の16分休符は先に来ているので、後の16分音符より音が長くなり、「ウン」という文字からも分かるかと思います。2・3・4小節目にある8分休符は、1小節目で見た16分休符と16分音符の「ウン」が全て休符になり「ウンウ」という感じで歌っています。8分休符の長さを把握できていれば、歌い方は「ウン」でも「」でもいいでしょう。

6小節目に休符はありませんが、音符がタイ記号で結ばれており、これが非常に難しいリズムです。1・2拍目と3・4拍目の、二組分けることが出来るので、一組ずつ歌ってみて、それから6小節目を合わせて歌ってみましょう。他の5・7・8小節も1拍ずつ見ていき、後から合わせて1小節を、歌えるようにしていけばいいでしょう。全ての小節がかなり難しいリズムなので、1日1小節を歌えるようになれば、それでも十分過ぎる程だと思います。

16ビートシャッフルについて

8ビートシャッフルでも説明しましたが、16ビートシャッフルにも決まりはありません。ここでは1拍6連符の形に分け、2対1と2対1というような説明をしましたが、この割合に決まりがないということです。やはり○対○というような決まりもなく、2対1を標準とするなら、それより大きい跳ねのシャッフルや、小さい跳ねのシャッフルもあります。重めのシャッフルや、軽めのシャッフルと言ったり、表現方法も色々です。

ジェフ・ポーカロのハーフタイムシャッフル

このページの最初にも書きましたが、ハーフタイムシャッフルは、主にドラマーが作るリズムパターンのことです。なので、意味合い的にも演奏技術的にも、ここで説明してきたこととは、異なる部分が多いので、気をつけてください。ハーフタイムシャッフルは、TOTOというバンドのジェフ・ポーカロが生み出したリズムとされ、それは同バンドの「ロザーナ」という曲でも確認できます。僕は少しドラムも叩きますが、ハーフタイムシャッフルは非常に難しいドラミングで、これでリズムをキープするのは一苦労です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントで意見交換してみよう!

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です