符割・譜割りの復習とリズムチェンジ

これまでに見てきた、符割・譜割り(音符と休符の長さ)を復習しておきましょう。長さの基準は4分音符を1拍として、それが小節内に4つ入る4分の4拍子です。他にも音符はありますが、とりあえずは、16分音符から全音符までを覚えておけば、困ることはないと思います。

16分音符から全音符まで

16分音符16分休符0.25拍
16分音符 16分休符 16分音符と16分休符の長さ
8分音符8分休符0.5拍
8分音符 8分休符 8分音符と8分休符の長さ
4分音符4分休符1拍
4分音符 4分休符 4分音符と4分休符の長さ
2分音符2分休符2拍
2分音符 2分休符 2分音符と2分休符の長さ
全音符全休符4拍
全音符 全休符 全音符と全休符の長さ

4分音符から半分ずつ

4分音符を1拍とした時に、それの半分の長さが8分音符で、2分の1拍になります。更にその8分音符の半分の長さが16分音符で、4分音符から見ると4分の1拍になります。なので、音が鳴る回数は違いますが8分音符は2つで、16分音符は4つで4分音符1つと同じ長さになります。

4分音符から倍々

同じく4分音符を1拍とした時に、それの2倍の長さが2分音符の2拍になります。その2分音符を更に倍にした長さが全音符で、4分音符から見ると4倍の長さになる分けです。4分の4拍子は4分音符が4つで小節が満たされますが、2分音符なら2つ、全音符ならそれ1つで小節が一杯になります。

休符の長さも音符と同じ

今更ですが、休符は音を休むという意味です。音符と休符は音が鳴るか鳴らないか、と正反対の違いを持っていますが、長さに関しては同じです。4分休符なら4分音符と、2分音符なら2分休符と、16分音符なら16分休符と同じ長さです。ただ、休符も声を出し歌って覚える、という練習方法はよくあります。

付点音符と複付点音符

付点8分音符付点8分休符0.75拍
付点8分音符 付点8分休符 付点8分音符と付点8分休符の長さ
4分音符4分休符1拍
4分音符 4分休符 4分音符と4分休符の長さ
付点4分音符付点4分休符1.5拍
付点4分音符 付点4分休符 付点4分音符と付点4分休符の長さ
付点2分音符付点2分休符3拍
付点2分音符 付点2分休符 付点2分音符と付点2分休符の長さ

付点音符と4分音符を比較

8分音符の半分の長さは16分音符なので、付点8分音符は8分音符+16分音符です。4分音符の半分の長さは8分音符なので、付点4分音符は4分音符+8分音符です。2分音符の半分の長さは4分音符なので、付点2分音符は2分音符+4分音符になります。付点音符は、元になる音符の半分の長さが加えられる分けです。上の表で4分音符と音の長さを比較しておくと、視覚的にも分かりやすいでしょう。他にも付点音符や付点休符の種類はありますが、中でも付点4分音符と付点8分音符を、よく目にすることになるでしょう。

複付点音符と三重付点音符

付点音符にもう一つ付点がある複付点音符(ふくふてんおんぷ)というものもあり「元の音符+元の音符の2分の1+元の音符の4分の1」という長さを持った音符です。複付点2分音符なら「2分音符+4分音符+8分音符」になり、複付点4分音符なら「4分音符+8分音符+16分音符」という具合になります。更に付点が3つもある三重付点音符(さんじゅうふてんおんぷ)もありますが、ポピュラー音楽で使われることはないと思います。複付点音符も稀に見ることがある程度でしょう。

リズムチェンジの練習

これまで見てきた色んな音符と休符を使い、リズムの練習をしてみましょう。実際の曲では、ここまで極端にリズムが変わることはありませんが、これが分かるようになれば、大抵のリズムに対応できるようになるでしょう。今までのように休符が入ってくると、リズムも複雑になりますが、休符も歌えるようになりましょう。

音符のみのリズムチェンジを練習する譜面

音符のみのリズムチェンジ

まず引っ掛かるのが、1・3小節目にある2拍3連符かもしれません。2拍3連は忘れやすいリズムなので、まずは何も考えず音源を聴いて思い出すといいでしょう。次に2・4小節目の、16分音符4つから1拍3連符で、リズムの変化についていけない人も多いでしょう。歌っている音符ばかりに目線を向かわせず、1拍先や2拍先も見られるようになると、楽に歌えるようになるでしょう。

5・6小節目には、付点4分音符と付点8分音符が出てきます。付点音符も急に目にすると、戸惑ってしまうリズムだと思うので、通して歌う前に、その小節だけを集中して練習するといいでしょう。7小節目は8分音符と16分音符が、セットで1拍になっているリズムがあります。8分音符と16分音符が、どういう順番でセットになっているかも、よく見ておきましょう。


休符も入るリズムチェンジを練習する譜面

休符も入るリズムチェンジ

1小節目は休符から入っていますが、休符もしっかり感じて歌わないと、次の音符を歌うタイミングが分かりません。1・3小節目にある2拍3連は休符が入っており、やはりこの休符も歌っておかないとリズムがつかめないので、休符も声に出して歌っておきましょう。

5小節目からは休符が多く入ってくるので、譜面の見た目も難しくなります。そうすると、どこまでが1拍なのか、分かりづらくもなるでしょう。面倒くさいかもしれませんが、まずは1拍(4分音符と同じ値)に分けることから始めてみるのも、整理がついて良いと思います。僕が教えているベース教室でも、音符のみなら楽に歌える人も、休符が入ってくると、途端にリズムを崩す生徒さんが多いです。やはり休符もしっかりと歌う、ということをコツコツとやっていきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントで意見交換してみよう!

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です