シャッフル or バウンス(8ビート)

8分音符が主体となったリズムを、8(エイト)ビートと言います。そこにシャッフル(shuffle)バウンス(bounce)という音楽記号が加えられると、跳ねるようなリズムに変化します。1拍3連符を思い出しなら見ていきましょう。

シャッフルは1拍3連符から

8ビートのイーブン(ストレート)を説明した小節

イーブン or ストレートのリズム

この2小節は今までも見てきたようなリズムで、4分音符と8分音符の符割が分かれば、問題ないと思います。シャッフルのリズムになると8分音符に変化が表れますが、ここにはシャッフル記号が無いので、普通に歌えば良い分けです。この普通に歌ったり、弾いたりすることをイーブンストレートと言います。


8ビートのシャッフル記号のある小節

8ビートのシャッフル記号

上記のように表されるのが8ビートのシャッフル記号で、これがあると8分音符に変化があります。1小節目の2・4拍目にある8分音符2つですが、イーブンのリズムだと、1つ目も2つ目も同じ長さで「タタ」と歌いますが、シャッフルのリズムになると、1つ目の8分音符の方が長くなり「」といったようになります。2小節目の8分音符も同様で、シャッフルは8分音符が2つ続くと、2対1の割合で歌うことになりますが、これだけでは意味が分からないと思うので、1拍3連符を思い出してみましょう。


1拍3連符とタイ記号でシャッフルのリズムを表した小節

1拍3連符とタイ記号を利用したシャッフルのリズム

先ほどの2小節の8分音符を1拍3連符で表しおり、こうしてやると2対1の形に分けることが出来ます。しかし、そのままでは「タタタ」となってしまうので、1つ目と2つ目の音を、タイ記号で結んでやり「」という形にしてやります。こうしてやったものが、先ほどのシャッフルの、2小節と同じリズムになります。


shuffle記号と8分休符にもシャッフルがかかることを説明した小節

shuffleと8分休符について

英語でshuffleと記されていても、同じようにシャッフルで演奏します。1小節目の2・4拍目は8分休符と8分音符という形ですが、ここでも2対1の割合で歌います。後にある8分音符より前にある、8分休符の方が長くなるので「ウン」といった感じで歌います。2小節目は8分音符の方が前にあるので「」となります。先ほどと同じように、1拍3連符とタイ記号でも見てみましょう。


8分休符を1拍3連符の形に直しシャッフルがある小節

8分休符を1拍3連符の形に直したシャッフル

1小節目の2・4拍目を1拍3連符にし、1つ目と2つ目が休符で、3つ目が音符の、2対1になっています。これだと見た目でも「ウン」というリズムが分かりやすくなったと思います。2小節目も1拍3連符の形で表し、1つ目と2つ目をタイ記号で結び、3つ目は休符の「」というリズムが出来ます。


シャッフルのリズムで付点4分音符がある小節
左(上)の小節をタイ記号を使い表した小節

付点4分音符もシャッフル

左(上)の小節には、付点4分音符があります。付点4分音符は「4分音符+8分音符」という形になるので、この8分音符もシャッフルしなければなりません。付点4分音符のままで分かりづらければ、右(下)の小節のように、タイ記号を使って考えてみましょう。更には一度タイ記号を外し「タータ」と何度か歌ってみてから、再びタイ記号を付け「ターアア」と考えてみるのもいいかもしれません。


シャッフル記号がある4分音符だけの小節
1拍3連符とタイ記号を使った4分音符の小節

シャッフルでの4分音符の感じ方

左(上)の小節のように、シャッフルのリズムで4分音符だけだとします。ただ単に「ターターターター」と歌っても悪くはないですが、シャッフルのリズムを意識できれば、より良いと思います。どういったことかというと、右(下)の小節のように、4分音符を1拍3連符で表し、1つ目から3つ目をタイ記号で結んでやります。そうすると「アアアアアアアア」と歌うことができ、物理的には左(上)の小節と変わりませんが、1拍3連符を意識した、シャッフルのリズムを感じられるでしょう。

シャッフル(8ビート)のリズム練習

長々と譜面と文字で、8ビートのシャッフルのリズムを説明してきましたが、やはり音を聴かないことには始まりません。自分が想像していたシャッフルのリズムになっているか、確認しながら聴いてみてください。8分休符のシャッフルにも慣れておきましょう。

bounce(バウンス)を練習するための譜面

bounceやshuffleはハネモノ

このページの冒頭でも少し触れましたが、上記の譜面のようにbounceという音楽記号があれば、それもシャッフル記号と同じ意味になります。また、バウンスやシャッフルの曲はハネモノと呼ばれたりするので、覚えておくといいでしょう。3小節目は全て8分音符なので、シャッフルの跳ねているリズムが、特に分かりやすいかと思います。

6小節目の2分音符では、5小節目の付点4分音符+8分音符のリズムに釣られてしまい、1拍しか伸ばさない人も多いので、しっかりと2分音符である、2拍分の音を伸ばしましょう。また、タイ記号で次の音へ繋がっているので、3拍目に入っても音が継続していることにも注意しましょう。

8小節目の2拍3連符
8小節目の2拍3連符を1拍3連符とタイ記号で直した小節

2拍3連符を1拍3連符とタイ記号で表す

左(上)小節は、8小節目にもあった2拍3連符です。2拍3連符のリズムの取り方は、2拍3連符(にはくさんれんぷ)でも説明しましたが、右(下)の小節のように、1拍3連符とタイ記号を使い表すことも出来ます。2拍3連符のリズムは忘れやすいので、自分に合うリズムの取り方で、思い出した時に練習するといいでしょう。


8分休符をシャッフルするための譜面

8分休符もシャッフル

8分休符にもシャッフルがかかるというのは、このページでも説明しました。1小節目4拍目に「ウン」というリズムがありますが、先にある8分休符を「ウン」として、後に来る8分音符を「」とした、2対1の割合になっています。2小節目の1拍目の「ウン」は4分休符で、その後の「ウン」はシャッフルの8分休符の「ウン」なので、言葉数は同じですが、長さが違うことを理解してください。

5小節目はシャッフルでなければ「ウウ」と、8分音符も8分休符も、同じ長さで歌えば済みますが、知っての通り、シャッフルの場合はリズムも変化します。慣れないと、音符を見ただけでは、リズムが出てこないと思うので、まずは頭で考えてから歌うといいでしょう。繰り返すうちに、イーブンとシャッフルの区別が、直ぐにつくようになるでしょう。

シャッフル・バウンス・スウィング

シャッフルやバウンスのリズムについて

ここでは1拍3連符を使い、2対1の割合で出来るのが、シャッフルやバウンスのリズムだと説明しました。しかし、2対1の割合だけが、シャッフルやバウンスのリズムではなく、バンドによっては3対2であったり、3対1で演奏することもあります。また、はっきりと対比を決めて、演奏しなければならない、ということもありません。2対1のシャッフルが標準的、と考えておくといいでしょう。このサイトでも、2対1のシャッフルを基本にして説明しています。

スウィングはジャズ

シャッフルやバウンスとよく似たリズムにスウィングというものがあります。同じように、8分音符が跳ねるリズムですが、スウィングはジャズというジャンルで、定番のリズムです。シャッフルやバウンスとは、また少し違った特徴的なリズムなので、全く同じかと言えば、僕は大きく違うかと思います。スウィングについてはジャズ入門で説明しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントで意見交換してみよう!

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です