1拍目にルート以外のコードトーンを弾くウォーキングベース

ポピュラー音楽でのベースラインなら、1拍目に弾くのはルート(根音)がほとんどです。しかし、ジャズでは同じコード進行を何週もするので、1拍目にルートばかりだと、同じようなウォーキングベースになりがちです。ジャズという音楽は繰り返しを嫌う傾向にあるので、それを避ける為にも「1拍目にルート以外のコードトーンを弾く」というウォーキングベースは頻繁に見られます。

ウォーキングベースの引き出しを増やす

1拍目にルート以外なら3度が多いというのを説明した4小節

1拍目にルート以外なら3度が多い

1小節目はルートのルートを表す記号を使っていますが、2小節目は長3度の長3度を表す記号を、3小節目は完全5度の完全5度を表す記号を、4小節目は短7度の短7度を表す記号を1拍目に置いています。このように、3度・5度・7度のどれを使っても問題ありませんが、1拍目にルート以外なら3度を使うことが多い、かと思われます。3度の音というのは、コードの色が最も強く出る音で、ルートの次に安定感があり、違和感が感じられないからでしょう。5度は少し中に浮いたような感じで、はっきりとした色は出せないかもしれません。7度は3度と5度の中間、くらいの感じでしょうか。しかし、全ては実際に使ってみて、自分の耳で確かめることが大事です。


同じコードが続く場合のウォーキングベースを説明した4小節

同じコードが続く場合のウォーキングベース

1・2小節と3・4小節では、同じコードが続いています。1小節目の4拍目(4弦1フレット)では、ルートを表す記号のルートを弾いています。2小節目の1拍目も、続けて同じルートでも問題ありませんが、譜面のように長3度の長3度を表す記号を弾いてやると、ウォーキングベースに広がりが出るかと思います。4小節目も似たような感じで、ルートへは戻らずに、短7度の短7度を表す記号を1拍目に使っています。このように、同じコードが何小節か続く場合にも、1拍目にルート以外のコードトーンを持ってくるのは効果的で、これはウォーキングベースに限らず、ポピュラー音楽でも使えるでしょう。


ウォーキングベースは1拍目と3拍目にコードトーンを弾くというのを説明している4小節

ウォーキングベースは1拍目と3拍目にコードトーンを弾く

1拍目にルート以外のコードトーンを置く、という話から少し逸れる話をします。ウォーキングベースは1拍目と3拍目にコードトーンを弾く、ということが多いです。そうすると、ウォーキングベースが安定するからです。上記の4小節では、1拍目にルートを表す記号のルートを持ってきていますが、ルート以外のコードトーンでも大丈夫です。残りの2拍目と4拍目ですが、強引な言い方をしてしまえば、どんな音を持ってこようが構いません。しかし、よりウォーキングベースらしくするなら、1拍目と3拍目に繋がるアプローチノート、というのが自然になってくるでしょう。


同じルートを持つコードのウォーキングベースを説明した9小節

同じルートを持つコードのウォーキングベース

2小節目は小節内でコードが変化しますが、ルートが同じなので、3拍目は長3度の長3度を表す記号を使っています。3小節目と4小節目も、メジャーコードとマイナーコードの違いはありますが、ルートは同じです。3・4小節目ともに、1拍目には3度を弾いていますが、メジャーコードとマイナーコードなので、当然3度のフレットは違ってきます。このように、同じルートを持つコードに対しても、ルート以外のコードトーンを使う、ということを覚えておきましょう。


2拍目と4拍目も自由なウォーキングベースであるというのを説明した9小節

2拍目と4拍目も自由なウォーキングベース

今度は1拍目と3拍目にコードトーンを弾く、ウォーキングベースです。しかし、2拍目と4拍目にコードトーンを弾くのは良くない、と言えば決してそんなことはありません。この譜面でも、6小節目と8小節目の4拍目はコードトーンになっています。1拍目と3拍目にコードトーン、2拍目と4拍目はアプローチノート、というのを基本にするジャズベーシストも多いですが、それに縛られすぎず、使いたい音を優先させるのも良いことです。また、この譜面は1拍目にルートですが、ルート以外のコードトーンを使った、ウォーキングベースも考えてみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントで意見交換してみよう!

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です