アプローチノートのウォーキングベース

これまでのウォーキングベースは、コードトーンのみを使ったウォーキングベースでした。ここからは、コードの構成音以外の音であるノンコードトーンを利用した、アプローチノートのウォーキングベースを考えていきましょう。アプローチノートは目的の音(コードトーン)へ、半音や全音などで繋げていく音です。

アプローチノートのいろいろ

クロマチックアプローチノート(クロマチックノート)を説明した4小節

クロマチックアプローチノート or クロマチックノート

1小節目の2弦4フレットのは、2小節目のルートであるルートを表す記号へ、半音(フレットが隣り合う距離)で繋がっています。2小節目の2拍目(1弦4フレット)のは、3拍目(1弦5フレット)の完全5度である、完全5度を表す記号へ半音で繋がっています。3小節目の4拍目(2弦0フレット)のは、同時に長3度である長3度を表す記号でもありますが、次の音のルートへ半音で繋がります。4小節目の2拍目(2弦3フレット)のと、3拍目の短3度である短3度を表す記号の関係も半音です。このように、コードトーンへ半音で繋げていく、の音をクロマチックアプローチノートクロマチックノートと言います。

アプローチノートについて

3小節目の2拍目(1弦0フレット)のは、3拍目の完全5度を表す記号へ、半音ではなく全音(フレット2つ分の距離)で繋がっています。4小節目の4拍目(1弦0フレット)のも、1小節目のルートを表す記号へ全音で繋がっています。こういった全音で繋がるの音は、アプローチノートと言われるようですが、僕はコードトーンの間を通り過ぎる、自由な音として考えています。なので、コードトーンに全音で繋がっていなくても、譜面にはと示すことにします。そういった音は、次のような呼び方をします。

  • ノンコードトーン
  • パッシングノート
  • 非和声音(ひわせいおん)
  • 経過音(けいかおん)
  • 刺繍音(ししゅうおん)

ダブルクロマチックアプローチを説明する4小節

ダブルクロマチックアプローチ

1小節目の4拍目(4弦2フレット)は、2小節目のルートを表す記号(4弦1フレット)へ半音で繋がっており、これだけなら先ほど説明したクロマチックアプローチですが、1小節目の3拍目(4弦3フレット)から見ると、更に半音がもう一つ加わり、ルートへ繋がっています。これをダブルクロマチックアプローチと言います。ダブルクロマチックアプローチは音が低くなって繋がるばかりではなく、3小節目の3拍目(2弦1フレット)→4拍目(2弦2フレット)→4小節目の1拍目のルートを表す記号(2弦3フレット)へと、音が上がりつつ繋げることもあります。


インディレクトレゾリューションを説明する4小節

インディレクトレゾリューション

目的の音となるコードトーンを、2小節目の1拍目のルートを表す記号(2弦3フレット)としましょう。それを半音で挟むようにして並んでいるのが、1小節目の3拍目(2弦2フレット)と4拍目(2弦4フレット)で、これがインディレクトレゾリューションというアプローチです。目的の音に対して下と上から繋げるだけでなく、3小節目の3拍目(2弦4フレット)→4拍目(2弦2フレット)から、4小節目の1拍目のルートを表す記号(2弦3フレット)という、上と下からのアプローチもあります。


スケールワイズアプローチを説明する4小節

スケールワイズアプローチ

1小節目の3拍目(2弦2フレット)は、目的の音とする2小節目の1拍目のルートを表す記号(2弦3フレット)には半音の距離にあり、これは先ほどと同じです。違うのはもう一方の4拍目(1弦0フレット)で、目的の音まで全音の距離にあります。つまり、半音と全音で目的の音を挟んでいます。それを逆にしたのが、3小節目の3拍目から4小節目の1拍目までで、全音と半音で挟んでいます。これはスケールワイズアプローチという、音階を考えた音の選び方です。簡潔に説明すると、半音同士で挟むのがインディレクトレゾリューションで、半音と全音で挟むのがスケールワイズアプローチで、その時に応じて使い分ければ良いでしょう。


ドミナントアプローチノートを説明する4小節

ドミナントアプローチノート

ドミナントというのは5度のことを指し、次のコードの5度を置いて繋げるのがドミナントアプローチノートです。また、各小節の4拍目にあるを、ドミナントノートと言います。1小節目の4拍目(3弦2フレット)は、2小節目のコードから見ると、完全5度に当たるのが分かります。これは上の完全5度の場合で、2小節目の4拍目(3弦3フレット)は、3小節目のコードの下の完全5度に当たります。半音や全音で繋げるのに比べると、ドミナントアプローチは印象が薄く、何となく不思議な繋がり方に聴こえるかもしれません。


全音か半音で繋げるウォーキングベースを説明する譜面

全音か半音で繋げるウォーキングベース

小節内の音に対するアプローチノートも重要ですが、コードが変わる前の4拍目に注目してみると、8小節目以外は1拍目へ、全音か半音で繋がっているのが分かります。先ずはこの全音か半音で繋げていく、アプローチノートを基本に持っておいてもいいでしょう。またこの譜面では、小節の1・2拍目にルートを表す記号のルートを使っているので、2拍目の音を変化させた、ウォーキングベースも考えてみてください。

Bm(♭5)の5度は減5度

8小節目の「Bm(♭5)」は、コードネームにも記されるように、完全5度が半音低くなった減5度です。なので、もし8小節目へドミナントアプローチをかける場合は、7小節目の4拍目を、4弦1フレットや2弦3フレットの音で繋げましょう。減5度についての詳しくは、減5度と増5度のフレットを参照してください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントで意見交換してみよう!

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です