サスフォーコード

完全4度の音程を使ったサスフォーコードを見ていきましょう。サスフォーコードは、メジャーコードの長3度の代わりに、完全4度を使ってやります。なので、メジャーコードを基準に考えると、分かりやすいかと思います。

サスフォーコードの「根音・完全4度・完全5度」

コード「C」のポジション
メジャーコードの「C」を表す指板図
コード「Csus4」のポジション
サスフォーコードの「Csus4」を表す指板図

サスフォーコードについて

ルートを3弦3フレットの「C」とした、左(上)の指板がメジャーコードで、右(下)の指板が、サスフォーコードのポジションになります。長3度の長3度を表す記号の代わりに、半音上にある完全4度の完全4度を表す記号を使う、とよく説明されます。3弦3フレットのルートの上下に、完全4度と完全5度が、縦一列で並んでいるのが特徴的でしょうか。「suspended・4th(サスペンディドゥ・フォース)」を略したものが「sus4」で「suspend」は吊るすや掛けるという意味があり、長3度を引っ掛け吊るして完全4度の音にする、ということらしいです。


サスフォーコードの響き

根音を「C」音とする、メジャーコードとサスフォーコードを、ピアノの和音で聴き比べてみましょう。メジャーコードは、これまでにも何度か説明してきたので、耳に馴染んできたかと思います。メジャーコードの長3度を表す記号から、完全5度を表す記号は半音3つ分で、サスフォーコードの完全4度を表す記号完全5度を表す記号は、半音2つ分と距離が近くなる為に、音がぶつかり合っており、少し違和感のある和音に聴こえるかもしれません。


サスフォーコードの練習をする譜面(ベースライン)

サスフォーコードのベースライン

1小節目が「Csus4」で、2小節目が「C」というコード進行で、3小節目からもルートが同じ、サスフォーコードとメジャーコードが続きます。実際の曲でもサスフォーコードの後に、同じルートのメジャーコード、という流れは多くあります。完全4度と長3度のフレットに、注目しながら弾いてみましょう。余裕が出てきたら、自分で考えたベースラインも作ってみてください。

サスフォーコードの書き方

サスフォーコードはルートの右に「sus4」と表すことが、ほとんどだと思います。稀にですが、3小節目のように「add4」と書かれる場合もあり「add」は加えるや付け足す、という意味があります。しかし「add4」は「ルート+長3度+完全4度+完全5度」という、四和音とする考え方も多いので、気をつけてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントで意見交換してみよう!

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です