マイナーメジャーセブンスフラットファイブコード

マイナーメジャーセブンスコード(短三長七の和音)を覚えているでしょうか。それの完全5度を、減5度にしてやったものがマイナーメジャーセブンスフラットファイブコードです。とても長いコード名ですが、これまでに見てきたコードを理解していれば、コード名を聞いただけでも、指板のポジションは見えてくるでしょう。

マイナーメジャーセブンスフラットファイブコードの「根音(ルート)・短3度・減5度・長7度」

「CmM7」のポジション
コード「CmM7」のポジションを表す指板図
「CmM7(♭5)」のポジション
コード「CmM7(♭5)」のポジションを表す指板図

マイナーメジャーセブンスフラットファイブコードについて

左(上)の指板図は、ルートのルートを表す記号から、短3度の短3度を表す記号、完全5度の完全5度を表す記号、長7度の長7度を表す記号という、マイナーメジャーセブンスコードのポジションです。先述したように、そこから完全5度の完全5度を表す記号を半音下げ、減5度の減5度を表す記号にした、右(下)の指板図のポジションが、マイナーメジャーセブンスフラットファイブコードになります。長くややこしいコード名ですが、最後のフラットファイブが、完全5度を半音下げ減5度にしている、というのを理解してください。


マイナーメジャーセブンスフラットファイブコードの響き

両方の鍵盤図とも「C」音を根音としており、そこから「短3度→完全5度→長7度」の音程が、左(上)の鍵盤図に示す、短三長七の和音(マイナーメジャーセブンスコード)で、右(下)の鍵盤図に示す「短3度→減5度→長7度」の音程が、マイナーメジャーセブンスフラットファイブコードです。視覚的な違いは、5度の完全5度を表す記号減5度を表す記号とはっきりしていますが、聴覚的には、少し迷ってしまうこともあるでしょう。


マイナーメジャーセブンスフラットファイブコードを練習する譜面(ベースライン)

マイナーメジャーセブンスフラットファイブコードのベースライン

1・3・5・7小節目がマイナーフラットファイブコードで、減三和音のディミニッシュコードと同じです。そこに長7度を加えたものが、2・4・6・8小節目の、マイナーメジャーセブンスフラットファイブコードです。6・8小節目では、全てのコードトーンを入れていますが、2・4小節目は、短3度の音を使ってないのが分かります。

ここではコードの音を把握する為に、出来るだけ全てのコードトーンを使っていますが、実際のベースラインでは、無理に全てのコードトーンを使う必要はありません。無理に音を詰め込みすぎて、曲を壊してしまうベースラインにならないように、気をつけてください。

マイナーメジャーセブンスフラットファイブコードの書き方

2小節目の「CmM7(♭5)」を始め、これまで見てきたような、4・6・8小節目のような表し方があります。もしも「dim」を「根音・短3度・減5度」の三和音として考えるなら、マイナーメジャーセブンスフラットファイブコードは「dimM7」という考え方も出来るかと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントで意見交換してみよう!

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です