音名と臨時記号(変化記号)

音につけられている名前のことを音名(おんめい)と言い、音楽の授業でも習った「ド・レ・ミ・ファ・ソ・ラ・シ・ド」も音名です。音名は国により呼び方が異なっており、馴染み深い「ド・レ・ミ」は日本オリジナルの呼び方ではありません。イタリア・イギリス・アメリカ・ドイツ・日本の音名を見ていきましょう。

音名について

ドレミファソラシドの譜面

ドレミファソラシドはイタリア式

音楽の授業でも習ったと思いますが「ド・レ・ミ・ファ・ソ・ラ・シ・ド」の音名は、日本式の呼び方ではなく、イタリア式が基本になっています。基本になっているというのは、完全なイタリア式ではなく、ほんの少しですが呼び方が違います。イタリア式、ドイツ式、英米(イギリス・アメリカ)式、日本式の音名を見ていきましょう。

イタリア式・英米式・ドイツ式・日本式の音名を記した表

音名は状況により使い分ける

ポップス・ロック・ジャズなどの、ポピュラー音楽がメインのミュージシャンは、コードネームに深く関わる、英米式の音名を用いることが多いです。他の三種類を覚えなくても、困ることはないと思いますが、日本では音名を声に出すには、イタリア式が一般的で、それが歌いやすいでしょう。逆に、クラシックがメインの音楽家たちは、英米式以外の音名で勉強していることが多いです。全ての音名を覚えるに越したことはないですが、状況に応じた覚え方が出来れば十分です。

臨時記号・変化記号

イタリア式音名・ドイツ式音名・英米式音名・日本式音名で、呼び方が違うのは分かったと思います。今度は、これらの音名に臨時記号変化記号と言われる、音楽記号が付いた時を見てみましょう。やはり国によって違う呼び方をします。

臨時記号・変化記号が記された譜面

フラット・ダブルフラット・シャープ・ダブルシャープ・ナチュラル

上記の番から番の音符には、直ぐ左隣に何やら記号が付いており、これらを臨時記号や変化記号と言います。番はフラットで半音下がる、番はダブルフラットで全音下さがるという意味です。番はシャープで半音上がる、番はダブルシャープで全音上がるという意味です。番はナチュラルで、番から番で説明した変化記号の効果を無くし、元の音に戻すという意味があります。

幹音と派生音

両端の番の音符には何も付いておらず、こういった音を幹音(かんおん)と言います。鍵盤楽器で言えば、白いキーの白鍵(はっけん)に当たる音です。幹音に臨時記号が付くと派生音(はせいおん)になるので、番から番が派生音です。番は臨時記号の効果を無効にするナチュラルなので、派生音ではなく幹音になります。

臨時記号・変化記号の呼び方

先ほども説明した「フラットの音楽記号はflat(フラット)」「ダブルフラットの音楽記号はdouble-flat(ダブルフラット)」「シャープの音楽記号はsharp(シャープ)」「ダブルシャープの音楽記号はdouble-sharp(ダブルシャープ)」ですが、これは英米式の呼び方です。イタリア式・ドイツ式・日本式の呼び方にも、少し触れておきましょう。

イタリア式派生音名

フラットの音楽記号はbemolle(ベモレ)、ダブルフラットの音楽記号はdoppio-bemolle(ドッピオ-ベモレ)、
シャープの音楽記号はdiesis(ディエシス)、ダブルシャープの音楽記号はdoppio-diesis(ドッピオ-ディエシス)で、
音名と合わせた呼び方は、イタリア式派生音名を参照してください。

ドイツ式派生音名

フラットの音楽記号は幹音名の後に「es」「s」、ダブルフラットの音楽記号は「eses」を付け、
シャープの音楽記号は幹音名の後に「is」、ダブルシャープの音楽記号は「isis」を付けて呼びますが、
複数呼び方のある派生音名もあるので、ドイツ式派生音名を参照してください。

日本式派生音名

フラットの音楽記号は幹音名の前に変(へん)、ダブルフラットの音楽記号重変(じゅうへん)を付け、
シャープの音楽記号は幹音名の前に嬰(えい)、ダブルシャープの音楽記号重嬰(じゅうえい)を付けて呼びます。
音名と合わせた呼び方は、日本式派生音名を参照してください。


臨時記号の効果を説明している2小節

臨時記号の効果

番は幹音のC音(3弦3フレット)で、番はC音にシャープが付いた、C#音(3弦4フレット)です。一度使われた臨時記号は、同じ高さの音に対し効果を持続させるので、番はシャープが付いてませんが、C#音(3弦4フレット)となります。同じ高さの音に対しと説明したように、番はC#音(1弦6フレット)とならず、幹音のC音(1弦5フレット)です。また、臨時記号は同じ小節内までの効果ですが、番のようにタイ記号で結ばれている時は、C#音(3弦4フレット)を持続させます。本来なら番にナチュラル記号は必要ありませんが、最近は上記の譜面にもあるよう、括弧をしてナチュラル記号を付けることが多いです。


調号の説明をしている2小節

調号

臨時記号はその都度、音符の横に書き足して音の変化を表しますが、矢印のように最初から書き足す場合もあります。これは臨時記号ではなく調号(ちょうごう)と言われる音楽記号です。この調号の場合、B音とE音の位置にフラットの音楽記号があるので、B音とE音の音符にはフラットの音楽記号を書かなくても、自動的にB音とE音なります。しかも、どれだけ音が高くなろうが低くなろうが、B音とE音にはフラットの音楽記号が付きます。幹音にしたい時は、ナチュラル記号を付けてやりましょう。本来、調号はキーや調と言われる、曲の高さを決定付けるもので、音階(スケール)に大きく関わってきます。それについてはエレキベースのスケールで詳しく説明しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントで意見交換してみよう!

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です