小節線と音部記号

小節というものを例えるなら、音符や休符を入れる箱のようなものです。その箱に区切りを付け、視覚的やリズム的に分かり易くするのが小節線(しょうせつせん)です。小節線にも種類があり、役割も少しずつ違ってきます。また、楽器や声の高さによって、使い分ける音楽記号も見ていきましょう。

小節線の縦線・複縦線・終止線

小節線の縦線を説明する小節

縦線

譜面やバンドスコアでも一番多く見られるのが、矢印で示している小節線で、小節線とも縦線(じゅうせん)とも、説明されている場合があります。縦線で区切られることにより、左から1小節目・2小節目・3小節目・4小節目と表現されます。後のページでも説明しますが、一つの小節内に入る音符や休符は、拍子記号により限られてきます。


小節線の複縦線を説明する小節

複縦線

1小節目と2小節目を区切っているのが、縦二本の小節線で、これを複縦線(ふくじゅうせん)と言います。複縦線はイントロからAメロ、AメロからBメロ、Bメロからサビなどの、場面転換をする時に使用されることが多いです。


小節線の終止線を説明する小節

終止線

2小節目の矢印で示しているのが終止線(しゅうしせん)です。複縦線の右側を太くするのが終止線、と覚えておけばいいでしょう。終止線は名前の通り、終わりを意味する小節線なので、これで譜面を終えるのが、一応の決まりとなっています。自分で譜面を書くようになったら、終止線で終わることを覚えておきましょう。

小節線は他にもある

曲によっては縦線・複縦線・終止線以外にも、特殊な小節線が引かれている場合もあります。それらを覚えておくことに、越したことはないですが、大きく困ることはないでしょう。説明した縦線・複縦線·終止線の三種類がほとんどなので、先ずはこれら三種類を覚えておきましょう。

音部記号のヘ音記号・ト音記号・ハ音記号

譜面の冒頭には音部記号(おんぶきごう)という、音の高さを決める音楽記号があります。音部記号にも種類があり、これが違ってくると、五線に書かれる音の高さがも違ってきます。三種類の音部記号を見ていきましょう。

ヘ音記号
ヘ音記号の譜面
ト音記号
ト音記号の譜面

ヘ音記号とト音記号

両方の小節は、同じ高さに音符が記されていますが、音名が違っています。これは音部記号によるもので、左(上)がヘ音記号、右(下)がト音記号という音部記号です。英米式音名のF音を、日本式に直すとヘ音になり、ヘ音の五線を挟むように黒い点があるので、ヘ音記号と覚えましょう。同じく英米式音名のG音を、日本式に直すとト音になり、ト音の位置あたりから書き始めるので、ト音記号と覚えておきましょう。この二種類の音の高さについて、もう少し見ておきましょう。

ヘ音記号とト音記号の音の高さを比べる譜面

ヘ音記号とト音記号の音の高さ

先ずヘ音記号に注目してみると、番の音符がC音で、そこから1オクターブ高くなった音符が、番のC音です。ト音記号の番もC音で、このC音はヘ音記号の番のC音と同じ高さです。番のC音から、番のC音までは、2オクターブの音程、ということになります。鍵盤図で表した音の高さでも確認しておきましょう。ヘ音記号はエレキベースやピアノの左手パート、ト音記号はヴァイオリンやピアノの右手パートに使われ、楽器の出せる音域により使い分けられます。


ハ音記号の小節

ハ音記号と譜表

ヘ音記号とト音記号よりは見ないと思いますが、ハ音記号という音部記号もあります。ハ音記号でも音の高さが変わり、ハ音記号の真ん中に当たる、矢印部分がC音を示すことになり、C音を日本式に直すとハ音なので、ハ音記号と言います。譜面に記される音部記号は譜表(ふひょう)とも言われ、上図はハ音記号でアルト譜表、という音域を表しています。ハ音記号を使った、他の譜表も見てみましょう。

ハ音記号のソプラノ譜表
ハ音記号のソプラノ譜表の小節
ハ音記号のメゾソプラノ譜表
ハ音記号のメゾソプラノ譜表の小節

ハ音記号のテノール譜表
ハ音記号のテノール譜表
ハ音記号のバリトン譜表
ハ音記号のバリトン譜表

ハ音記号は動く

ハ音記号のアルト譜表を基準とするなら、ハ音記号は上下に動いて、記されることもあります。上記の4つはそれぞれ、ソプラノ譜表、メゾソプラノ譜表、テノール譜表、バリトン譜表ですが、ハ音記号の矢印部分をC音、とすることは変わりません。ポピュラー音楽ではほぼ見ることがないハ音記号ですが、クラシック音楽でも、アルト譜表とテノール譜表以外は、あまり使われないようです。


ヘ音記号のバス譜表
ヘ音記号のヘ音記号
ト音記号のヴァイオリン譜表
ト音記号のヴァイオリン譜表

ヘ音記号はバス譜表、ト音記号はヴァイオリン譜表

ハ音記号が上下に動き、音域を変えたのと同じく、ヘ音記号とト音記号も動きます。ヘ音記号はバス譜表の他に、バリトン譜表とサブバス譜表があり、ト音記号はヴァイオリン譜表の他に、フレンチヴァイオリン譜表、というのがあります。しかし、これらは現在、ほぼ使われていないようで、ヘ音記号はバス譜表ト音記号はヴァイオリン譜表、を覚えておけば良いでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントで意見交換してみよう!

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です