「音符と休符」タグの記事一覧

連符(れんぷ)

音楽理論の基本
連符(れんぷ)

元になる一つの音符が、分割されたものを連符(れんぷ)と言います。元になる一つの音符は、何かに限定はしておらず、全音符・2分音符・4分音符・8分音符だったりします。それらの音符を、通常でない分割にする場合、連符は使われます […]

付点8分音符・付点8分休符

譜割り・符割(ふわり)
付点8分音符・付点8分休符

その音符の半分の長さがプラスされる、というのが付点音符(ふてんおんぷ)でした。これより前に説明した、付点4分音符と付点2分音符は、音符の直ぐ右隣に、小さな黒い点が付けられ、それらを総称して付点音符と言います。 付点8分音 […]

ページの先頭へ