ベースの初心者

「音楽理論(コード)」の記事一覧

テンションコードとアヴェイラブルノートスケール

テンションコードとアヴェイラブルノートスケール

コードは三和音と四和音が主流ですが、それでは物足りずに、単調さを感じることもあります。そこで緊張を意味をするテンションという、コードトーンの延長のような音を付け足してやると、洒落た感じのテンションコードが出来上がります。 […]
オンコードとパワーコード

オンコードとパワーコード

ベーシストはコードネームからルートを判断し、そのルート音から、ベースラインを弾き始めることが多いです。しかし、コードネームにはルート音が別に指定されたオンコードというものがあり、ベーシストは特に注意が必要です。 オンコー […]
セカンダリードミナントは副七の和音

セカンダリードミナントは副七の和音

ドミナントモーションは5番目のドミナントコードから、1番目のトニックコードへのみに起こるコードワークでした。しかし、借用和音の一つであるセカンダリードミナントを利用すると、1番目のトニックコード以外にも、ドミナントモーシ […]
代理和音・代理コード

代理和音・代理コード

ダイアトニックコードは全部で7つあり、そのうちの3つが曲の中心となる主要三和音で、残りの4つが副三和音だと、過去のページでも説明してきました。この副三和音ですが、主要三和音の代わりをする代理和音(だいりわおん)として、用 […]
ドミナントモーションで解決する

ドミナントモーションで解決する

ドミナントセブンスコードからトニックコードへ進行する、一連の流れをドミナントモーションと言います。ドミナントモーションを強いて日本語にするなら「支配的動作」などと訳せますが、ドミナントセブンスコードの持つ音程が、その支配 […]
マイナーキーのディグリーネーム

マイナーキーのディグリーネーム

短調(たんちょう)とはマイナーキーのことで、マイナースケールのことだと思ってください。ディグリーネームにはマイナーキーのものもあり、メジャーキーのディグリーネームとは異なる部分があります。また、マイナースケールの種類に応 […]
度数と半音の数で考えるコードの構成

度数と半音の数で考えるコードの構成

コードにはメジャーコードやマイナーコードという種類がありますが、コードの中身がどのように変われば、メジャーコードやマイナーコードの違いが出てくるのか、気になったこともあるかと思います。ここでは主にピアノの鍵盤図を使い、C […]