ベースの初心者

このサイトはエレキベースの弾き方や音楽理論を、音源付きのタブ譜面や動画などを使い、説明しているサイトです。僕が音楽学校で習ったことや、ライブなどで経験したことを元に、ベースの初心者さんにも、なるべく分かり易く解説しているつもりです。

「運指・押弦・フィンガリング」の記事一覧

指弾きは親指ミュートで、ピック弾きはチョップミュートで弦の共鳴を防ぐ

指弾きは親指ミュートで、ピック弾きはチョップミュートで弦の共鳴を防ぐ

鳴っている弦の振動で、鳴っていない弦までが震え出し、震え出した弦が知らぬ間に鳴ってしまう、ということがあります。それを弦の共鳴と言い、弦の共鳴が大きすぎてしまうと、演奏に支障をきたすので、それを防ぎながら演奏するというの […]
異弦同音(いげんどうおん)

異弦同音(いげんどうおん)

ピアノのような鍵盤楽器は同じ高さの音を、そのキーのみでしか出せませんが、ギターやベースのような弦楽器では、異なる弦でも同じ高さの音を出すことが出来ます。例えば、3弦3フレットの音を出したとします。これと同じ音を4弦でも出 […]
弦とフレットの見方・数え方

弦とフレットの見方・数え方

弦を押さえる場所には、番号のようなものが割り当てられていて、それを弦とフレットで表しています。これがこの後に出てくる、タブ譜面を読む上で重要になってきます。このサイトで使う、指板の画像と一緒に見ていきましょう。また、弦を […]
ミュートというフィンガリング

ミュートというフィンガリング

押弦は指先で真上から押さえる、というのが基本です。しかし、あえてそうしないケースもたくさんありミュートというフィンガリングを使う場合もそうなります。ミュートは地味なテクニックですが、重要なフィンガリングだと考える人も多い […]
3フレット4フィンガーとハーフポジション

3フレット4フィンガーとハーフポジション

4フレット4フィンガーを基本とするベーシストも居れば、3フレット4フィンガーを基本とするベーシストも居ます。3フレット4フィンガーは、手の小さい人に向いている運指スタイルで、指を大きく開かない分だけ、ポジション移動を多用 […]
弦の押さえ方の基本練習はド・レ・ミ

弦の押さえ方の基本練習はド・レ・ミ

「ド・レ・ミ・ファ・ソ・ラ・シ・ド」は、あらゆる楽器の基本練習として用いられ、エレキベースでも弦の押さえ方である、運指(うんし)押弦(おうげん)の基本練習になります。これを英語音名にすると「C・D・E・F・G・A・B・C […]