「フレットの度数」タグの記事一覧

ドミナントセブンスの運指

ベースラインの作り方
ドミナントセブンスの運指

過去のページで説明したメジャーセブンスを、半音低くしたのがドミナントセブンスです。メジャーセブンスは長7度(ちょうしちど)だと言いましたが、ドミナントセブンスは短7度(たんしちど)と言います。このページでも、指板図を利用 […]

メジャーセブンスの運指

ベースラインの作り方
メジャーセブンスの運指

このカテゴリーの過去のページでは、3つの音から作られる三和音構成の、メジャーコードの運指とマイナーコードの運指を見てきました。ここではメジャーコードやマイナーコードに、1つ音が加わったメジャーセブンスの運指を見ていきまし […]

マイナーコードの運指

ベースラインの作り方
マイナーコードの運指

どのようなメジャーコードでもルートから、長3度と完全5度のフレットは一定しており、それはマイナーコードになっても同じです。しかし、マイナーコードは長3度ではなく短3度(たんさんど)という音に変わります。長3度と短3度の違 […]

メジャーコードの運指

ベースラインの作り方
メジャーコードの運指

コードとは複数の音が集まり、重なりあって鳴るものです。しかし、エレキベースの場合は一音ずつ、弾いていくのが基本です。コードにも種類が幾つかありますが、先ず始めにメジャーコードというものを見ていきましょう。 メジャーコード […]

音程と度数

音楽理論の基本
音程と度数

音から音への距離を音程(おんてい)と言い、音程には幾つかの種類があります。物差しやメジャーで距離を測ると、センチやメートルといった単位があるように、音程では度(ど)という単位を使います。基本的な音程の呼び方と、音程の種類 […]

長6度と短6度のフレット

エレキベースのコード
長6度と短6度のフレット

三和音のトライアドコードに7度の音を加え、四和音のテトラッドコードにする、というのが多く見られるコードの種類でしょう。しかし、4つ目の音は7度だけとは限らず、ここで説明する6度の音も使われることがあります。 長6度のフレ […]

ページの先頭へ