「テトラッドコード(四和音)」タグの記事一覧

ドミナントセブンスの運指

ベースラインの作り方
ドミナントセブンスの運指

過去のページで説明したメジャーセブンスを、半音低くしたのがドミナントセブンスです。メジャーセブンスは長7度(ちょうしちど)だと言いましたが、ドミナントセブンスは短7度(たんしちど)と言います。このページでも、指板図を利用 […]

メジャーセブンスの運指

ベースラインの作り方
メジャーセブンスの運指

このカテゴリーの過去のページでは、3つの音から作られる三和音構成の、メジャーコードの運指とマイナーコードの運指を見てきました。ここではメジャーコードやマイナーコードに、1つ音が加わったメジャーセブンスの運指を見ていきまし […]

マイナーシックスコード

エレキベースのコード
マイナーシックスコード

メジャーコードである長三和音に、長6度を加えたものが、メジャーシックスコードでした。ではマイナーシックスコードなら短6度を使うのかというと、そうではありません。マイナーシックスコードの、6度に気をつけながら見ていきましょ […]

メジャーシックスコード

エレキベースのコード
メジャーシックスコード

長6度を使ったメジャーシックスコードを見ていきましょう。基本になる三和音はメジャーコードで、そこに長6度の音を加えてやります。また、メジャーシックスコードの、何種類かある呼び方についても、知っておくといいでしょう。 メジ […]

セブンスサスフォーコード

エレキベースのコード
セブンスサスフォーコード

メジャーセブンスサスフォーコードは、これより一つ前のページで説明したように「根音・完全4度・完全5度・長7度」という構成でした。そこから長7度を半音下げたセブンスサスフォーコードを見ていきましょう。 セブンスサスフォーコ […]

オーグメントセブンスコード

エレキベースのコード
オーグメントセブンスコード

オーグメントメジャーセブンスコードの、メジャーセブンスは長7度を表していましたが、これが短7度になったオーグメントセブンスコードを見ていきましょう。両方の違いは7度の音だけで、オーグメントコードの増三和音に変わりはありま […]

ページの先頭へ