エレキベースの音色をガラリと変えてしまったり、都合の良い音に変化させてくれるのがエフェクターです。エレキベースではエレキギターほど、頻繁にエフェクターを使うことはないと思いますが、エフェクターなしには考えられない、というベーシストも多いです。ここでは僕が所有するエフェクターを紹介しますが、エフェクターはメーカーが違えば音や使用感も大きく違ってくるので、確実に「このエフェクターはこうだ!」ということが言えません。個人的な感想も大きく含むので、参考程度に留めておいてください。

エフェクター

コーラスエフェクターの画像と説明表

コーラス

音を細かく揺れる効果を作るのがコーラスで、透き通って広がるような音が特徴です。軽めの設定にしておけば、全曲を通して使っても違和感がなく、自然なベース音を作れるかと思います。ソロで使っても際立ち、その場合は強めの設定にすると良いでしょう。エフェクターは全体的に、アクティブベースと相性が良いと言われますが、コーラスエフェクターはパッシブベースで使っても、効果は抜群だと思います。

コンプレッサーの画像と説明表

コンプレッサー

大きい音を小さめに、小さい音を大きめにという、音量のバラつきを少なくするのがコンプレッサーです。コンプレッサーはスラップベーシストの使用頻度が高く、中でもEBS社のマルチコンプが有名かと思います。スラップは特にプルの音が煩くなりがちですが、それを抑えて上品な音に仕上げてくれるでしょう。リミッターというエフェクターも、コンプレッサーと同じような効果があります。

イコライザーの画像と説明表

イコライザー

音を細かく設定できるのがイコライザーです。自宅練習用で使っているアンプのツマミは、ほぼ低音域・中音域・高音域の3種類ですが、設定できるツマミが増えたのが、イコライザーだと考えてください。僕はベースの高音が聴き取り辛い時に、イコライザーで高音をブーストさせて、音の埋もれを無くしてやる、という使い方をします。ベースアンプの設定をフラットにし、イコライザーだけで音を作る、ということもあります。

ワウエフェクターの画像と説明表

ワウ

ペダルを踏むと周波数が変わり、音がワウワウと変化するエフェクターを、ワウペダルと言います。そのペダルをなくしたのがオートワウで、ペダル式では出せないワウ感が得られたり、ピッキングの強さによっても、ワウの効果に変化があります。類似エフェクターにシンセワウというものもあり、それも面白い音がするのですが、使う機会がどうしても限られる、というのが僕のワウエフェクターの印象です。

オーバードライブの画像と説明表

オーバードライブ

歪(ひず)み系と言われるのがオーバードライブで、力強く荒々しい音を作れます。パンク・メタル・ハードロックなど、激しい音楽ジャンルのベーシストに、愛用されていることが多いでしょう。なので、音楽ジャンルによっては全く必要のないエフェクター、とも言えるかと思います。使わずに判断するのは良くないと思い、僕も購入して使ってみましたが、使用頻度は極めて低いです。

マルチエフェクター

コンパクトエフェクターというのは、これまでに紹介してきたような、単体のエフェクターのことを意味します。コンパクトエフェクターに対し、1台に複数のエフェクターが備えられたものをマルチエフェクターと言います。マルチエフェクターが1台あれば十分、と思ってしまいますが、メリットばかりではなく、デメリットも考えられます。

マルチエフェクターマルチストンプの画像と説明表

マルチエフェクターの大きさ

このズーム社のマルチストンプのように、コンパクトエフェクターと同じ大きさのマルチエフェクターもあれば、ボス社のME-50Bのように、大きめのマルチエフェクターもあります。大きい方がその分、性能が詰まっているのは確かですが、大きければ良いマルチエフェクター、ということもありません。

マルチエフェクターの良い点

性能にもよりますが、マルチエフェクターを1台持っていれば、コーラス・リミッター・イコライザーなど色んな音を試せ、それらを掛け合わせたりも出来ます。コンパクトエフェクターを複数買うなら、マルチエフェクターを1台買う方が、コスト的にも安くなるはずです。配線でゴチャゴチャすることもなく、足元がスッキリするのも良い点でしょう。

マルチエフェクターの悪い点

例えば、コーラスだけの音を作るなら、コンパクトエフェクターの方が、音の質は良いでしょう。マルチエフェクターは操作が難しく、慣れるまでに時間がかかります。使う人によって欲しい機能がなかったり、逆に無駄な機能があったりもします。コンパクトエフェクターもそうですが、メーカーによって音が変わってくるので、購入したマルチエフェクターが気に入らなければ、買い直す必要も出てくるでしょう。

マルチエフェクターから始める

マルチエフェクターかコンパクトエフェクターか、どちらを購入するか迷う人もいます。僕が試した方法ですが、先ずはマルチエフェクターを買い、それで遊び倒し、色んな音を確認します。ライブでも使う機会があれば、より良いでしょう。そのうちに、自分が必要とするエフェクターが分かってくるので、それをコンパクトエフェクターで買いました。マルチエフェクターのみで十分と感じれば、無理にコンパクトエフェクターを買う必要もないでしょう。

プリアンプ

正確にはエフェクターとは違いますが、エフェクターと同類の機器にプリアンプというものがあります。プリアンプは主に音を増幅させる効果があり、簡単に言うと強い音が作れる分けです。エレキベース本体に内蔵されているプリアンプもあれば、エフェクターのように外付けのプリアンプもあります。

サンズアンプの画像と説明表

サンズアンプ

外付けのプリアンプで最も有名なのがサンズアンプと思われます。サンズアンプは太くゴリゴリした、個性の強い音が特徴的です。どういったベースアンプを使おうが、サンズアンプを通してしまえば、ほとんどサンズアンプの音になるはずです。なので、計算通りの音を期待できますが、個性が強い分だけに、好き嫌いが分かれる音にもなるでしょう。ベーシストばかりではなく、サンズアンプを使用するギタリストも見られます。