2020年12月のベース無関係日記

察する人と察せられる人

(12月1日)

ミスドの駐車場でスマホを拾った。恐らくミスドでドーナツを持ち帰った人か、イートインした人がスマホを落としたのだろうと思い、店員さんに事情を説明してスマホを預かってもらった。僕がミスドでコーヒーを飲んでいると、スマホの落とし主が現れ事なきを得たようだった。店員さんはスマホを拾った僕に、スマホの落とし主を紹介しようとしたが、面倒くさかったので嫌な顔をしたら、店員さんは察してくれた。

おかわり

(12月2日)

今日は友達の家でスパゲティを食べさせてもらった。美味しかったので、おかわりを所望したが、もう無いといわれた。代わりにパンを与えてもらった。

スープの樽

(12月3日)

サイゼリアの樽に入っているスープが切れたらしく、お客さんがスープの樽を厨房の入り口まで運んでいく光景を見られた。店員さんは恐縮していた。

ペットショップ

(12月4日)

近所の空き家だった、かなり大きな店舗にペットショップが入ったようだった。こんなご時世だというのに、お金を持っている人は持っているのだと、とても羨ましく思ってしまった。

ツーフィンガー

(12月5日)

ギターで弾くペツォルトのメヌエットハ長調は、親指と人差し指のツーフィンガーでも、十分に演奏できる事が分かった。

酔っ払い

(12月6日)

夜のジョギングをしていると、一人の酔っ払いが大声を出して暴れていた。それは1週目の光景で、2週目に僕がそこへ来た時は、酔っ払いはポリスメンに捕獲されたいた。約15分間で誰かが警察に通報したものだと思われる。

あの曲

(12月7日)

今日からかは分からないが、サイゼリアのBGMがクリスマス仕様になっていた。暫く2分そこそこで終わる、あの曲が聴けないのかと思うと残念だ。youtubeにないか調べてみたいが、タイトルも歌詞も分からないので、どうやって調べたらよいのだろう。

Beat Napulitano

(12月8日)

サイゼリアの曲をyoutubeで調べてみたら、サイゼリア曲集があり簡単に見つかった。僕のお気に入りはBeat Napulitanoという曲名だった。

横断歩道

(12月9日)

歩行中、横断歩道に猫の死骸があるのかと思って、恐る恐るしっかりと見てみたら、デブい猫がただ横たわっているだけだった。時々あのような道のど真ん中で寝ている猫を見かけるが、何をアピールしたいのだろう。

自動販売機

(12月10日)

自動販売機に貼紙があり「自動販売機は美観を損ねるので撤去を願う」という事が書かれていた。そこから少し離れた何台かの自販機にも全く同じ貼紙があり、少し怖くなってしまった。

YMO

(12月11日)

YMOのファーストアルバムを貸してもらったが、とても40年前に作られたとは思えない曲ばかりだった。

ノコギリ

(12月12日)

ノコギリ芸でお馴染みの横山ホットブラザーズの、ノコギリ担当の方が亡くなられたというネットニュースを見た。残念だったが、その時に使用されていた顔写真が非常に怖かったので、反射的にページを閉じてしまった。もっと良い写真はなかったのか。

狼狽える人

(12月13日)

駅の入り口付近で凄く狼狽えている女性がいた。ドラマで見るような狼狽え方だったので声をかけてみたが、大丈夫ですと言われるだけだった。

ボーナス

(12月14日)

帰りに友達に会った。今年の冬はボーナスが5万円ほどしか出なかったらしく、かなり凹んでいた。世界的にこんな状況だから仕方がない。

3位

(12月15日)

スーパーのくじ券で見事に3位が当たったが、それは甘酒だった。3位の商品が甘酒だなんて、それもこれもコロナのせいだ。

ワイパー

(12月16日)

自動車のワイパーがスポーンと飛んでいる状況を見た。ワイパーを飛ばしたドライバーは、何とかワイパーを元の通り付けようとしていたが、どうにもならなかったようだった。

スープ

(12月17日)

今日は開店と同時にガストへ行き、モーニングを注文した。スープバーも付いていたので、スープを汲みに行ったが、スープは空だった。ビックリした。

羊たちの沈黙

(12月18日)

羊たちの沈黙がニコニコ動画にアップされていたので見た。レクター博士を演じている俳優さんの名前が出てこず、何とか自力で思い出そうとしたが、映画が終わるまで名前は出てこなかった。何故かマコーレ・カルキンという名前が、何度も浮かんできて邪魔をされた。

思い出せない

(12月19日)

今日は久しぶりに18時間ほど寝た。恐ろしい夢を見たのは覚えているが、内容を思い出せない。でも、思い出せない方が良いかもしれない。

ホラー映画

(12月20日)

友達に借りていたホラー映画のDVDを見た。1本目に見たのは効果音がやたら大きくて、それにビビってしまった。そういうホラー映画は卑怯な気がする。

中止

(12月21日)

毎年恒例の年明けライブは中止する事にしました、という連絡がオーナーさんから入った。それの為にギターの練習もしていたので、本当にガッカリした。

転寝

(12月22日)

少しだけ転寝してしまったと思ったが、気が付いたら2時間も経過してしまっていた。時々こういう事があるのでビビる。

マスク

(12月23日)

マスクが無くなったので、キャンドゥで店員さん推奨の1枚330円するマスクを買った。直ぐに装着してみたら良かったので、色違いのをもう1枚購入した。洗っても使えるので、もう布のマスクは買わないと思う。

ショートケーキ

(12月24日)

ケーキ屋さんに「一人でもクリスマスを楽しみたい方に!」という説明書きがあり、少し豪華なショートケーキが売り出されていた。しかし、そんなのを買うと余計に惨めな思いになるのか、全く売れていなかった。僕は1つ購入した。

変異ウィルス入国

(12月25日)

少し前にイギリスで発見されたコロナの変異ウィルスが、飛行機で帰国してきた人により、日本に持ち込まれてしまった。

笑顔

(12月26日)

エロい夢を見てしまい、久しぶりに夢精をしてしまった。僕がAV女優の夢乃あいかさんの乳を揉みしだくという内容だったが、夢乃さんは嫌な顔をせず終始笑顔だった。ありがとうと言いたい。

ビクビク

(12月27日)

東京にいる友達とスカイプで喋ったが、毎日コロナに感染しないかとビクビクしながら生活している、と言っていた。満員電車は怖くて乗れないので、片道1時間を歩いて通勤しているとの事だった。大変だ。

アル・パチーノ

(12月28日)

BSでゴッドファーザー1が放送されていた。ふとアル・パチーノは現在何歳なのだろうかと調べてみたら、80歳だったので驚いた。アル・パチーノはゴッドファーザーの頃の印象しかない。

エレベーター

(12月29日)

近所の小さなスーパーのエレベーターに一人で乗っていると、ガチャンと大きな音がして停止してしまった。1分程するとマイクで「直ぐに動き出しますので安心してください」と言われた。少しだけ閉所恐怖症の人の気持ちが分かったような気がした。

Once Upon a Time in America

(12月30日)

ニコニコ動画に「Once Upon a Time in America」がアップされていたので見た。タイトルから想像してラブストーリーかと思っていたが、マフィア映画だった。最後のロバート・デ・ニーロの笑顔の意味がよく分からなかったので、もう一度、今度はレンタルで見てみようと思う。

喫茶店

(12月31日)

近所の行きつけの喫茶店が、今日も営業しているらしかったので行ってみた。マスターが大晦日だというのによく来てくれたと、注文とは別に年越し蕎麦を御馳走してくれた。ネギさえも入っていない、具なしの蕎麦だったが美味しかった。