2019年4月のベース無関係日記

令和

(4月1日)

平成の次の元号が「令和」になったと教えてもらった。令和の和が昭和の和と被っており、少し疑問に思えたが、時間が経てば慣れてくるのだろうと思った。令和の意味は「人々が美しく心を寄せ合う中で文化が生まれ育つ」ということらしかった。

新元号候補

(4月2日)

昨日、新元号は令和と決まったが、他にも「久化(きゅうか)」「英弘(えいこう)」「広至(こうし)」「万和(ばんな)」「万保(ばんぽう)」の5つが、新元号の候補らしかった。友達は「どれになっても、そないに変わらんやろ」と言い、確かに僕もそう思った。

フィンガリング

(4月3日)

空き時間にギターでHEY HEYを弾き遊んでいると、榊さんが嬉しそうな顔をして「僕もやる!」と言い入ってきた。彼のフィンガリングを見ていると、僕のとは大きく違い、真似てみると、なかなか難しいフィンガリングだった。ほとんど音的に変わりはないらしいが、榊さんのフィンガリングは、クラプトンのフィンガリングを真似ているらしかった。これからは僕も、そのフィンガリングをしようと思う。

鼻毛

(4月4日)

帰りにマーちゃんと出くわし、話していると「あっ!鼻毛が出たるで!」と言われた。少し触ってみると、確かに鼻毛の感触があったので、指で摘み抜いてみると、凄く太い鼻毛だった。マーちゃんは鼻毛の太さに、少し引いていたようだ。

ポン酢

(4月5日)

ポン酢を切らしていたので、帰りに買ってこようと思ったが、すっかり忘れていた。以前に醤油と酢を混ぜればポン酢になる、と聞いたことがあったので、その通りしてみたが、それは全くポン酢の味ではないように思えた。ポン酢は買うに限る。

クリームあんパン

(4月6日)

よく行くパン屋さんに、クリームあんパンという新商品があったので、買い店内で食べた。クリームあんパンを齧り、中身を覗いてみたが、クリームだけで、あんは何処にもなかった。そのことを店員さんに伝えると、どうやらパン職人のミスのようで、あんを入れ忘れていたようだった。そのクリームあんパンではないパンは、代金だけ返してもらえた。

指で窓をつつく

(4月7日)

自動車の助手席側の窓の外に、ずっと虫がとまっていたので気になり、指で窓をつついて虫を飛ばそうと思ったが、その虫は窓の外側ではなく、内側にいたので、虫を潰す結果となってしまった。まぁまぁ大きめな虫だったので、変な汁も出てしまい気持ち悪かった。

劣勢挽回

(4月8日)

小説に「劣勢を挽回する」という文があり、これは汚名挽回と同じような、誤用ではないのかと思った。調べてみると、挽回には「元に戻す・巻き返す」という意味があり、劣勢を挽回するというのは正しいようだった。それなら、汚名挽回も間違いではないのかと、調べるてみると思った通り、以前は普通に使われていたようだった。しかし、現在では汚名には返上を使うのが、無難で一般的らしい。

コピー機

(4月9日)

社長がコピー機を使うと言い、そこにいた皆が「使えるんですか?」と、おちょくった感じになったので「馬鹿してんじゃねぇぞ!」と少し怒っていた。しかし案の定、上手くコピーが出来なかったようなので「昔のコピー機はもっと簡単だった!」と、仕舞いにはコピー機のせいにしていた。でも、社長は後からコピー機の使い方を、部下に習っていたので、そこが奴の良いところだ。

冷や汗

(4月10日)

昼食のパンを食べたあたりから、お腹の調子が悪くなった。同じパンを食べた他の人は大丈夫だったようなので、パンではなく、自分の胃腸の調子が悪くなったようだ。やっと見つけたトイレが満室だったので、小便器にしてしまおうかとさえ思ったくらいに、今日は焦った。冷や汗もたくさん出た。

(4月11日)

今日もお腹の調子が悪く、お粥を作って食べた。子どもの頃は風邪をひくと、お粥を食べていたが、家の人は「お粥さん」と、粥に敬称をつけて呼んでいたなぁと、ふと思った。また、粥という漢字は何故に、米を弓と弓で挟んでいるのだろうか、というのも気になった。

階乗

(4月12日)

同僚らが「40-32÷2=」という計算問題を解いており、普通に解くと24になるが、これは「4!」という解答も出来る、ということだった。!は階乗という数学記号で、4!だと4×3×2×1と、同じなのだと教えてもらった。高校で習うはずらしいが、僕は数学が嫌いだったので、全く覚えていなかった。

不文律

(4月13日)

不文律という漢字の読み方は、フモンリツだと思っていたが、これはフブンリツというのが正しいと、亀谷さんに教えてもらった。しかし、フブンリツよりフモンリツの方が、似合っている読み方だと思えてしょうがない。

トロイの木馬

(4月14日)

久しぶりにノートパソコンを、セキュリティソフトでフルスキャンしてみたら、トロイの木馬というウィルスが発見された。ビックリして預金残高などを調べてみたが、大丈夫だったので安心した。エ口いサイトを見た時に、感染してしまったのだろうか。日本のエ口いサイトでも、トロイの木馬に感染してしまうというのか。

逆上がり

(4月15日)

鉄棒の逆上がりをする夢を見て、現実では出来ないが、夢の中ではクルクルと逆上がりが出来て嬉しかった。夢の中の感覚を思い出しながら、公園の鉄棒で逆上がりに挑戦してみたが、やはり現実の世界では出来なかった。

気まずい

(4月16日)

受付の中村さんとエ口いことをしている夢を見てしまい、今日は中村さんと喋るのが、何となく気まずかった。女の人も男の人と、エロいことをする夢を見るものなのだろうか。

小便専用の便器

(4月17日)

以前にも思ったことだが、デパートなどの男子トイレには、小便専用の便器があるが、女子トイレには、そのスペースに何があるのかと、女子の同僚に尋ねてみたところ「男子トイレに入ったことがないので、詳しいことは分かりませんが、たぶん何もないかと思われます。」と、真面目に返された。

タメ口警官

(4月18日)

歩行中に警察官が「先日この先の交差点で事故があったんだけど、何か知らない?」と話しかけてきた。3分ほど質問されたが、始終タメ口で話しかけられ、その警官は明らかに僕より年下なのもあり、少しイラっとしてしまった。これと同じことが、何年か前にもあったように思う。タメ口で話す警官は、警戒心を解くために、あえてそうしているのだろうか。

黒い

(4月19日)

最近の食べ物が悪かったのか、どす黒いウンコが出てビックリした。野菜もしっかり食べているというのに、何であんなにも黒いウンコが出てしまったのか。少し心配になった。

BMW

(4月20日)

友達の家へ行くと、マンションの駐車場にBMWが停車してあった。誰のBMWなのか友達に聞いてみると、俺のBMWで買ったのだと言っていた。中古車ということだったが、それでも300万円ほどしたらしかった。アイツはあんなに金持ちだったのか。

サムタイム時々

(4月21日)

ファミレスで昼を食べている時に、斜向かいの席に座っている、男性二人の一方から「サムタイム時々」という単語が何度か聞き取れた。サムタイム時々というのは確か、芸能人がギャグのようにして言っていた言葉、というのは記憶にあったが、それが誰かなのは、帰宅するまで思い出せなかったので、モヤモヤした。

刑事コロンボ

(4月22日)

ニコニコ動画に刑事コロンボが、たくさんアップされていると教えてもらった。刑事コロンボというと「うちのカミさんがね・・・」という台詞が真っ先に思い出されるが、もしかするとコロンボさんは独身かもしれない。

無愛想

(4月23日)

週に2日ほど行くコンビニの、恐らくインド人の女性店員さんの愛想が、今日はやけに良すぎていた。あの人のキャラは無愛想の方が似合っているので、また無愛想な店員さんに戻ってほしい気もする。

夢の

(4月24日)

年下の同僚が結婚式のスピーチを文章に起こしたいからと、僕のノートパソコンを使うことになった。彼は「夢の」と変換したかったようだが「夢乃」と変換され、これは僕がAV女優の、夢乃あいかを何度か検索した時のもので、変換メモリーに残っており恥ずかしかった。しかし、彼は気づいていないようだった。

マック赤坂

(4月25日)

マック赤坂さんが東京の港区議選で、当選したというネットニュースを見た。何かの間違いだろうと思ったが、どうやら本当のようで、何がどうなってマック赤坂さんが当選したのだろうかと、不思議に思えた。

結婚できない男

(4月26日)

阿部寛さんが主演していたドラマ「結婚できない男」の続編が、今年の秋に放送すると教えてもらった。この元ネタになったとされる、映画の「恋愛小説家」も、またレンタルして見てみようと思う。

宮ステーキ

(4月27日)

今日の昼はバンドメンバーで、宮ステーキへ行った。宮ステーキをライン登録すれば、ドリンクバーが4人分無料になるらしかったが、今日はスタッフさんが居たので、全員で5人いた。じゃんけんで負けてしまった僕が、ドリンクバー無料の権利をもらえなかったが、後から考えてみれば、誰かがもう1つのスマフォで、宮ステーキをライン登録すれば、良かっただけの話なのではないのだろうか?

スポーツジム

(4月28日)

友達がエニタイムフィットネスという、スポーツジムに通い出したと言っており、何でも24時間営業のスポーツジムで、料金も安めらしかった。今なら入会金も割安なので、僕にも勧めてきた。まぁ、GWが終わってから、ゆっくり考えようと思う。

無料ライブ

(4月29日)

今日の京都は夕方から雨が降ってきたせいもあり、無料ライブへ来てくれるお客さんも、少なかったように思えた。しかし、僕はお客さんの人数が、あれくらいの方が演奏し易かった。店主は売り上げのことを考えて、少しガッカリしていた。

平成最終日

(4月30日)

今日は平成最後の日ということだったが、特別なことは何もしなかった。明仁天皇には、これからゆっくり過ごしてもらいたい。明仁天皇にも年金や、退職金などが出るのだろうか、ふと疑問に思った。