2018年3月のベース無関係日記

うどんを食らう男

(3月1日)

今日は1日なので、丸亀製麺の釜揚げうどんが半額になるから行こう、と前田さんに誘われた。昼休み明けで、時間帯も丁度よく空いていた。僕も前田さんも、釜揚げの特盛りを頼んだが、彼は更に同じ釜揚げ特盛りを、2回もおかわりした。よっぽど、うどんが食べたかったのだなぁ。

もやし

(3月2日)

近所のスーパーでもやしが3円だったので、残りの3袋を全て購入しようと思ったが、お婆さんが欲しそうにしていたので、2袋にしておいた。しかし、そのお婆さんはもやしではなく、納豆を買って帰っただけだった。

使い捨てカメラ

(3月3日)

女子高生がファミレスでスマホではなく、使い捨てカメラを使い、写真を撮っていた。デジカメやスマフォを買えないくらい、貧乏なのだろうかと思ったが、最近は何故か使い捨てカメラが、流行っているらしかった。何でだ。

返品の送料

(3月4日)

先日、届いたモバイルバッテリーの返品代金が、ジャパンネット銀行に振り込まれた、との知らせがあった。返品はこちらの都合なので、送料は戻ってこないと思っていたが、500円という中途半端な金額が、商品代金と一緒に振り込まれていた。何でだ。

シロノワール

(3月5日)

久しぶりにシロノワールが食べたくなったので、帰りにコメダ珈琲に寄ったが、シロノワールは売り切れだった。只今期間限定売出し中の「シロノワールNYチーズケーキ」なんとか、というのなら提供できるとのことだったが、そんなのは邪道だ。

ラストウィンドウ

(3月6日)

前に貸してもらったDSゲーム、ラストウィンドウの最後のエレベーターパネルの謎解きを、2時間近く考えたが分からなかった。やはり攻略サイトを見るのは悔しかったので、貸してくれた同僚に電話で聞いてみたが、これはどれだけ考えても、僕の頭では無理なことが分かった。

喫茶店

(3月7日)

今日は何もなかったので、朝から読書に耽ろうと、8時に開店する近所の喫茶店へ行った。本はお昼頃に読み終え、それから寝たりゲームをしたり、そこに置いてあるギターなどを弾いて遊んだりして、結局は閉店するまで、一日その喫茶店で過ごした。

イチロー選手マリナーズ復帰

(3月8日)

イチロー選手が古巣のマリナーズに、復帰するという記事があった。少し前からマリナーズへ復帰するのでは、という話があったが、本当に復帰するとは思わなかった。イチミーターのエイミーさんも、凄く喜んでいるに違いない。

(3月9日)

それほど仲の良かったという分けではない、小学校の時に同じクラスだった女子に会った。以前に聞いていた噂の通り、彼女は結婚をして子どもが3人いるみたいだったが、少し前に離婚していたようだった。慰謝料・養育費だけでは苦しく、彼女も頑張って働いているようだったが、あんなに艶のあった顔が、やつれて大変そうだった。

綱引きの腰

(3月10日)

BS放送で、綱引きの大会を放送していた。これは綱引きを見る度に思うことで、ガリレオシリーズの小説に「実は綱引きでは、腰を落とさない方が強く引ける」と書いてあるが、今日も見た綱引きでは、全員が腰を十分に落としていた。アマチュアの綱引きと、プロの綱引きとでは、腰の落とし方も違ってくるのだろうか。

キャッチボール

(3月11日)

友達の家を訪ねると、彼は家の前で小学校4年生の息子と、キャッチボールをしていた。普通は逆のパターンであろうはずの、父がピッチャーの息子がキャッチャーというポジションで、小4の息子に手加減なく、ビュンビュンと速いボールを投げていた。これも練習の為だということらしかったが、息子が気の毒に思えた。

フリーおっぱい

(3月12日)

グーグルのエンタメニュースで、ユーチューバーが猥褻行為で捕まるというのがあった。男が女に対して痴漢でもしたのかと思ったが、女性ユーチューバーが、路上で自分のおっぱいを「フリーおっぱい」と称し、道行く人々に触らせていたのが、猥褻行為にあたるらしく、御用となったみたいだった。おっぱいをフリーにしてしまうと、夢がなくなるので止めてほしい。

悔しい夢

(3月13日)

悔しい夢を見たことは覚えているが、どういう悔しい夢だったのかを思い出せないので、それがまた悔しくて、腹正しい朝だった。以前にも何度か、同じようなことを体験している。

ホワイトデー

(3月14日)

何かを買うのを忘れていたが、それがホワイトデーのお返しだというのを、何故かは分からないが、自分の屁の音で「あっ!」と思い出した。時間もなかったので、当たり障りのない「茶の菓」を買い、お返しとしたが、去年か一昨年も「茶の果」だったですよね、と言われてしまった。別にええやないか。

にゃんこスター

(3月15日)

昨今、にゃんこスターというのを、ちょくちょく見聞きしていたが、それが何か分からなかった。僕はグッズやゲーム、アニメキャラクターの類かと思っていたが、どうやら人間のようで、漫才師らしかった。検索して出てきた画像が、小学生くらいの女の子二人だったので、可愛らしい漫才師だと思っていたが、それは違うと教えられた。その女の子二人の隣に写っているのが、にゃんこスターの片割れで、それはもう立派なおっさんに見えた。相方さんは若い女性みたいだった。

焼きそばUFOの作り方

(3月16日)

友達の家へ行くと、彼は焼きそばUFOを作ろうとしているとこだった。ポットのお湯を使うのかと思ったが、インスタントラーメンを作るように、UFOの乾麺を、お湯の入っている鍋に入れ、グツグツと煮て、それから湯切りをし、ソースをかけて食べた。あんな風にして、カップ焼きそばを作る奴を初めて見た。

喪服

(3月17日)

先日、同僚のお婆さんが亡くなられて、その同僚が喪服を持っていないというので、体格の似ている僕に、喪服を貸してくれと頼まれたが、僕も喪服は持ってなかったので、貸すことは出来なかった。あれから誰に喪服を借りたのかと尋ねてみたら、彼は学生服を着て葬式に出たと言っていた。バタバタしており、喪服を新調する暇もなかったと言うけれど、それでも30代半ばの男が、学生服で葬式に挑むとは何て滑稽な話だ。葬式屋さんで、喪服のレンタルをしてそうなものだが、彼の話は全部が嘘話で、僕はおちょくられていたのだろうか。

面接

(3月18日)

喫茶店でコーヒーを飲んでいると、その店のバイトの面接に訪れた女性が、店員さんに僕の隣の席に案内され、待つように言われていた。その女性は待っている間に多分、土日祝日もバイトに入れるかなどの、情報書類に記入していたようだ。その内に奥から店長らしき人が来たが、僕も少し書き物をしていたせいか、店長は僕の対面の席に座り、僕への面接が始まった。少しビックリしたが面白かったので、店長に質問されたことを次々に答えていたら、後ろから「店長!その人じゃなくて、隣の女性です!」と聞こえ、僕の面接は終了した。

野菜ジュース

(3月19日)

仕事場の人が「2日に1本は野菜ジュースを飲む」と言っていたので、野菜ジュースでは、野菜を食べるのと同じような栄養は、ほとんど摂取できないと教えてやると、彼はかなりショックを受けていたようだった。しかし、プラシーボ効果ということもあるので、余計なことを教えてやらない方が良かったと、僕は反省した。

SDカード

(3月20日)

友達にSDカードを貰ったが、聞いたことのないメーカーで、ネットで調べても情報がなかった。262メガのデータを、そのSDカードへ保存するのにも、20分もかかってしまった。しかし、壊れている分けではなさそうなので、自分の気が長い時に使うことにする。

バッテリ・リフレッシュ

(3月21日)

先日リフレッシュに出した、ノートパソコンのバッテリが戻ってきた。同梱されていた冊子に「バッテリを長持ちさせるコツ」というものがあり、読んでみると勉強になったが、これを全て守っていると、かなり窮屈なノートパソコンの使い方になってしまうので、疲れそうだ。

そだねーの人

(3月22日)

楽屋のテレビに、カーリング女子の人たちが映し出された。ピョンチャン五輪で「そだねー」というのが、流行ったのは知っていたが、どの人が言ったのか分からなかったので、メンバーに「そだねーの人は誰ですか?」と聞いた。皆もそだねーは知っていたが、あまりテレビを見ない人たちなので、誰がそだねーの人か分からなかった。

90円

(3月23日)

ランチタイムのドリンクセットだったので、90円安くなっているはずだったが、伝票には通常料金として載っていた。たった90円のことなので言わないでおいたが、本当はこういうことも、臆せず恥ずかしがらずに、言える人になりたいものだ。

目薬

(3月24日)

電車待ちのコーヒーをマックで飲んでいると、目薬を差している僕に、隣に居た全く知らない人から「目薬を貸してもらえませんか?」と言われた。いきなりでビックリしたが、言われて2、3秒後に、ちびまる子ちゃんの丸尾くんが「目薬はやたら人に貸すものではありません。目の病気が移りますからね。」と、言っていたのを思い出し、目薬は貸せませんと断った。普通は目薬なんて、全く知らない人から借りる物ではないと、後から考えてみても少し怖くなった。

石川さん

(3月25日)

ピアノレッスンの体験予約をしたいという電話を、受付の人が応対していた。受付の人が、お客さんの名前を聞いた時に「はい、石川さんですね。漢字はあの、普通の石川さんですね。」と言っていた。分かるけど普通の石川とは、言われた方も良い気がしないのではないか。

ブラボー!

(3月26日)

今日は知り合いのタンゴライブを、友達と見に行った。外国人も何人か来ており、タンゴなので勝手にアルゼンチン人なのだろうなぁと思った。曲が終わる度に、アルゼンチン人は「ブラボー!」と叫んでおり、楽しそうだったので僕らも「ブラボー!ブラボー!」と叫んだ。友達は何回かに1回は「ブラボー&ブラボー!」と言っており、どういう意味なのか聞いてみたが、さして意味はないみたいで、勢いで叫んでいたようだった。その「ブラボー&ブラボー」を何度か聞くうちに、島木ジョージさんがやっていた、ギャグの「キック&キック」を思い出した。

弦の限界

(3月27日)

ギターの弦がボロボロになってきたので、そろそろ張り替えようかと思ったが、どれくらいまで耐えられるのだろうか気になった。榊さんは5ヶ月で切れてしまったことがある、と言っていたので、僕なら練習量からしてみても、15ヶ月は持ち堪えるのではないのだろうか。試してみようと思う。

大谷選手

(3月28日)

もうそろそろメジャーリーグも開幕する、という話を同僚たちが言い合い、今シーズンからメジャーリーグへ移籍した大谷選手は、それほど活躍は出来ないだろうと予想していた。ピッチャーかバッターの一方に絞るならまだしも、二刀流で挑むのもどうかと言っていた。そんな話よりも僕は、前々から気になっていた「二刀流」と言い方が、どうも幼稚っぽくて、他の言い方はないものかと思う。

どうでもいい 画像

(3月29日)

以前に放送していたテレビで「どうでもいい 画像」を画像検索すると、タレントの磯野貴理子さんが最初に出てくる、というのがあったので試してみた。現在は最初に配置されてなかったものの、磯野貴理子さんも検索に引っかかり安心した。そういえば、磯野貴理子さんは改名して「磯野貴理」と名乗っていたように思うが、また元に戻して磯野貴理子となったようだった。何でだろうと思ったが、それもどうでもよく思えた。

飯よりギター

(3月30日)

今日は榊さんと、昼休みが同じ時間だったので、一緒にランチを食べに行こうとしたが、二人ともレッスンルームでギターを弾いて遊んでしまい、お昼は食べられなかったが、楽しい時間を過ごせた。

めちゃイケ最終回

(3月31日)

帰り際に仕事場の人から「今日はめちゃイケが最終回だよ!」と教えてもらった。何年か前から見なくなってしまったが、最後なので見てみようと、急いで帰りテレビをつけてみると、岡村さんが泣いていた。めちゃイケのオファーシリーズで、岡村さんがジャニーズJr.に混ざり、踊っているのが思い出された。