2017年4月のベース無関係日記

(4月1日)

知り合いに「本来のエイプリルフールは、嘘をついても良い日、という分けではないのだよ」という、その話自体が嘘の、ややこしい嘘をつかれた。

カボチャ

(4月2日)

今日の昼は友達の家で、カレーをご馳走になったが、その中にカボチャが細かく刻まれ入っていた。見た感じは美味しそうだったが、食べてみると甘さが変にきわだち、僕はあまりカレーには合わないと思い、美味しくは感じられなかった。でも、美味しいですと言っておいた。

ナイスプレスじゅん

(4月3日)

今日も昼の空き時間に、フットボルテをした。じゅん氏がおり、やはり今日も彼は、自分からぶつかってきておいて「ナイスプレス!」と発言していた。なんという恐ろしい、ボルテプレイヤーなのか。

花見

(4月4日)

良い天気なのも手伝ったのか、帰りに桜を見て帰った。それほど咲いてはいなかったが綺麗で、春がやってきた感じがした。くしゃみをする人がチラホラ見られたので、桜からも花粉が出るのか。

夜空ノムコウ

(4月5日)

空き時間に夜空ノムコウを弾いていたら、中村さんに「あれれ、その曲なんだっけ?」と言われた。意地悪で全く違う人の曲を教え、もっと彼女を混乱させてやった。

メンテナンスマーク

(4月6日)

今日は自動車で現場まで行った。走行中に速度メーターの近くに、スパナのような、メンテナンスマークみたいなのが表示されていた。気になり出したので、一旦自動車を停止させ、いろいろと探ってみたが、分からなかった。ググってみると「エンジンオイルを交換してください」ということだったが、エンジンオイルというものも、何の役に立っているのか分からなかった。

ソフトツイスト

(4月7日)

マクドナルドでサンデーのソースなしを頼んだが、店員さんに「それだとソフトツイストのカップの方がお得です」と言われた。以前にその注文をしたけれど、ソフトツイストのカップはやってないと言われた。自分の記憶違いだろうか。

噛む

(4月8日)

ガムを噛んでいたら、左の頬っぺたを思い切り噛んでしまった。痛さで暫く何も出来ずに、うんうんと唸っていた。血が出ていたのも痛々しかった。胃腸の調子が悪いのか。

裸参り

(4月9日)

今日は友達の地元の裸参りという、行事を見物してきた。それ自体はサブイベントだが、裸の男達が酒を飲み、大声を出しながら夜の街を闊歩する姿は、やはり今年も面白かった。それに参加していた、友達の写真も何枚か撮れた。裸参りも伝統的な行事らしいが、悪い見方をすれば変人集団だと思う。

掛け声

(4月10日)

今日はフットサルをしてきた。試合中の僕の出す掛け声が、いつの間にか、フットボルテのコメントと同じになっていたので、自分で少し恥ずかしかった。

久しぶり

(4月11日)

喫茶店で知っている人に会った。向こうは「久しぶりですね!」と言ったので、僕も「おう、久しぶり」と言ったが、誰か分からなかったので「んで、誰やったっけ?」と言ったら、隣の席でコーヒーを飲んでいた、見ず知らずの他人が、吉本新喜劇のようにずっこけた。これが関西のノリというやつなのか。

豆腐一丁

(4月12日)

今日は遅い昼を、サイゼリアで食べた。帰りにトイレを借りて帰ったが、トイレの天井に豆腐一丁ほどの穴が開いており、その天井裏では作業員の人が仕事をしていた。穴からは鉄屑や木屑など、作業のゴミが落ちてきて困った。

(4月13日)

空き時間にyoutubeで、時代劇を見た。夜伽の場面で枕が目に入ったが、それは高さが高く、カチコチに硬い枕に見えた。本当に江戸時代の人は、あんな枕で寝ていたのかと、疑問に思えた。あんな枕で毎日寝ていたら、首や肩が凄く悪くなりそうだ。

食券制度

(4月14日)

よく通う食堂が、食券制度になっていた。店主に聞くと1年半後には、食券の自販機の方が、人件費より安くなる計算らしかった。食券になったことを忘れ、帰りに料金を払おうとしてしまい、店主も料金を貰おうと、間違っていた。

シーツ

(4月15日)

敷布団のシーツが破れていた。うつ伏せになって寝ると、丁度おちんちんが当たる場所で、別に何もしてないのに、何でこの部分が破けるのだろうと、これを友達に見られたら恥ずかしいと思い、新しいシーツに取り替えた。無意識のうちに、擦っていたのだろうか。

衣替え

(4月16日)

今日は昼から、暑いくらい良い天気だった。暖房器具を掃除し、少し早いが衣替えもし、冬物は箪笥の奥の方へ仕舞った。夜はひんやりと肌寒く、衣替えは勇み足かと思ってしまった。毎年このパターンだ。

備えあれば嬉しいな

(4月17日)

小学校の頃は「備えあれば憂いなし」を「備えあれば嬉しいな」と覚えてたと言うと、同僚はその諺自体を知らないようだった。学校で習うはずだと言うと、記憶がないようだった。賢そうな人なのに意外だった。

ナナコポイント

(4月18日)

セブンイレブンのコーヒーを、いつものようにナナコで買った。ポイントが足りてないようで、店員さんに「残高が足りてないんですよ~!」と、大きな声で言われ恥ずかしかった。ニヤニヤしながら言われたのも、些か気持ち悪かった。

不正プログラム

(4月19日)

フットボルテをしようと思ったが、今日も不正プログラムにより、部屋が全て埋まっていた。不正をする側が悪いのはもちろんだけど、何度も不正される側も、そろそろセキュリティーを強化した方がよいと思った。

禁じられた遊び

(4月20日)

ギターのアルペジオの練習がしたかったので、空き時間にはひたすら「禁じられた遊び」を弾いてた。それを聴いていた、最近少し天然系の中村さんが、また「何とかの遊びっていう曲ですよね?」と聞いてきた。確か前にも同じことを聞かれたが、もう忘れてしまったというのか。今日は少し変化させて「禁じられる遊び」と教えておいた。

教科書

(4月21日)

演奏中に急に頭が真っ白になり、次に何を弾くか分からなくなったので、メンバーの譜面を覗き込んだ。コード進行が見えたので何とかなかったが、あの尻の穴がキュッと縮こまるような焦りは、二度と味わいたくない。中学校で怖い先生の授業に、教科書を忘れてしまった感じにも、どことなく似ている。

ホットミルクティ

(4月22日)

今日は寒かったので、帰りにミスドのホットミルクティを頼みたかったが、春からホットミルクティを、販売休止にしているらしかった。そこのミスドだけか分からないが、ホットミルクティは、食中毒に繋がるというのか。

ウォシュレット

(4月23日)

高島屋のトイレで、黒人さんが僕の隣の個室に入ったのが分かった。その人はウォシュレットが初めてだったのか「オウ!」とか「ワォウ!」などの、驚きと気持ち良さの声を発していたので、面白かった。僕が初めてウォシュレットをした時は、くすぐったくて我慢できなかった。

ゲベッタ

(4月24日)

今日はオンライン麻雀で、国士無双に振り込んでしまった。それまでトップだったのに、最後の最後で逆転ゲベッタになってしまったと同僚に言うと、流れから考えてゲベッタが最下位のことと分かるけど、ゲベッタなんて初めて聞いたと言われた。小さい頃は友達もゲベッタと言っていたので、一部の小さい地域の方言なのかもしれない。

超ど助べえ河内

(4月25日)

河内さんのテンションが高かったので、理由を聞いてみた。暖かくなってきて、女性が薄着になってきたので、興奮しているらしかった。確かあいつは去年も一昨年も、同じことを言っており、相変わらず超ど助べえだと思った。今年もTシャツに浮き出る、ブラ紐が楽しみだとも言っていた。

歯ブラシ

(4月26日)

今日は友達の家へ行った。手を洗わせてもらおうと洗面所へ行くと、何年使っているのだというほど、歯ブラシの毛が反り返っていた。聞くと3年は使っているらしく、週1で熱湯消毒もしているし、大丈夫やと言っていた。歯ブラシは一ヶ月くらいで、交換した方が良いのではないか。

丸み

(4月27日)

コンビニの前でコーヒーを飲んでいると、少し離れた所でタバコを吸っていたサラリーマンが「だから!丸みを帯びさせろや!もっと!」と電話の相手に、それほどではないが怒っていた。一体どういう内容の話なのだろうか。建築物関係のものか。

小さい声

(4月28日)

今日は本番前に、床屋へ行ってきた。今日も無口な人の担当で、ほぼ喋らなかった。前掛けを外してもらう時に、僕が顔を手でかこうとしたので、当たってしまい気まずかった。謝られたが、凄く小さな声だった。

昭和天皇

(4月29日)

朝から天気が悪く、昼間には部屋の中にいたら、夜かと思うくらい暗くなり、雨と風が強くなってきて、仕舞いには雷も鳴り出した。知人は「この天気は昭和天皇がお嘆きなのだ!」と言っていたが、面倒くさかったので相手にはしなかった。

ラストダウン

(4月30日)

昨日とは打って変わり、今日は一日良い天気だった。暑くなるだろうと予報でも言っていたが、今冬もお世話になったという意味を込めて、ダウンジャケットを着ていった。合う人には「この暑いのにダウンジャケットて!」と全員に突っ込まれた。確かに暑かった。