2016年10月のベース無関係日記

シャッター

(10月1日)

今日は帰りに家電量販店に寄った。まだ8時15分だったが、ほとんどシャッターが閉まっていて、もう閉店しているのかと思った。近くにいた店員さんに、まだ開いていますかと聞いてみると、9時までは開店しているとのことだった。早く帰りたいのは分かるけど、あのシャッターの閉まり方は、もう店が終わったかのようなので、止めておいた方がいいのではないかと思った。

台風の進路

(10月2日)

台風がまた日本列島にやってくる、との予報があった。南の方からぐにゃんと曲がって進行する予報で、それはまるでカーショウのカーブのような感じだ、と友達に言われた。まぁ分からんでもない表現だと思えた。

説得

(10月3日)

今日は車で駅まで向かった。道中の田舎道にて、猫がど真ん中に陣取り座っていた。避けて進もうと思ったが、道が狭かったので無理だった。小雨も降って嫌だったが、車から降りて猫を説得し、どうにか退いてもらった。なんという猫なのか。

小動物

(10月4日)

電車が遅れているとのアナウンスがあり、それは小動物との接触によるものらしかった。直感的に小動物をリスと思い浮かべたが、リスくらいなら、遅れることもなかろうと思い直した。本当はもっと、悲惨な事故でも起こったのではないのか、と邪推してしまう。

フランクフルトパン

(10月5日)

今日は雨が降っていたので、昼は外に出なくてもよい、地下鉄にあるパン屋へ行った。フランクフルトパンを取ろうと思ったら、同じくしてそれを取ろうとする人がおり、一瞬ハッ!となった。僕は別にそれほど食べたくなかったので、どうぞと言うと、向こうもどうぞと言ってくれた。2回ほどそれを繰り返し、向こうに貰ってもらった。その時の空間には、ダチョウ倶楽部的なノリがあった。

君が好き

(10月6日)

空き時間にギターで、Mr.Childrenの「君が好き」をインスト弾きしていたら、ええ曲やなぁと前田さんに言われた。彼はほぼ邦楽を聴かないので、もしかしたらミスチルを知らないのかと聞いてみたら、馬鹿にするなと言われた。でも5分後くらいに「さっきの曲はオリジナルのメロディ?」と言われた。

神速

(10月7日)

帰宅途中に家の近所で、それほど知らないけど知っている人が、曲がり角を自転車で上手く曲がり切れずに転倒した。大丈夫そうだったが一応、大丈夫ですかと声をかけておいた。その人は苦笑いで「大丈夫です。あはは・・はは。」と言って、恥ずかしかったのか、神速で去って行った。後で痛くなるパターンかと思われる。

フライドチキン

(10月8日)

今日は帰りにケンタッキーで、フライドチキンを2つ購入した。友達も一緒に居り、彼に「それをビールのつまみにするのだな?」と言われたが、僕はフライドチキンを、ご飯のおかずにするのだと言うと「そんなもんを、ご飯のおかずにするとは!」と驚いていた。フライドチキンは鶏肉なので、ご飯のおかずにも十分なるはずだ。きっと彼は、お好み焼きでも同じように驚くに違いない。

銀行ATM

(10月9日)

今日は空き時間に、コンビニのATMへ行き、お金を下ろした。前田さんも一緒に居り「銀行のATMは、いつお金を補充してるのや?見たことないぞ。」と言った。それは僕も以前に何度か気になったことで、一度くらい見ても、おかしくないと思った。もしかしたら、ATMの下は地下通路になっており、そこから金を補充しているのかもしれない。いや、それはない。

体育の日

(10月10日)

僕が「今日はタイクの日か」と言うと「正確にはタイイクの日やけどな!」と、河内さんに言われた。暫くどちらが正しいか、コントチックに言い争っていると「どちらでもいいのですよ。」と見知らぬ人が言い、去って行った。河内さんの知り合いかと思っていたが、河内さんも知らない人みたいだった。辞書を引いてみると、どうやら「タイイク」の方が正しいような感じだった。

渡辺真知子

(10月11日)

今日はサッカーワールドカップ最終予選の、豪州vs日本があった。勝ち点3が欲しいところだったが、惜しくも引き分けに終わった。試合も面白かったが、白い鳩がたくさん飛んでおり、そいつらを見るのも、なかなか面白かった。でも、後から考えてみると、カモメだった可能性が高い。

家庭

(10月12日)

今日のジョギングは、友達と一緒だった。彼の家庭の話になり、子どもを二人作ったあたりから、奥さんとは夜の営みが途絶えてしまった、と言っていた。もうあまりエ口い目で、奥さんを見ることは出来なくなってしまったとも言っており、次に奥さんと合体しなければならない時は、無事に行えるのだろうか、というのが心配らしかった。色んな家庭がある。

名前

(10月13日)

今日は駅へと向かう途中に、小学生の頃の同級生に会った。彼とは一度も遊んだことはなかったが、僕の名前を覚えていてくれており、僕も彼の名前を覚えていた。小学生時代の彼の髪型は、6年間坊主だったが、今日の彼はロンゲの金髪だった。ごつい指輪を、親指以外の8本全部に付けており、あれで殴られたら痛そうだと思った。

若メガネ

(10月14日)

行き付けのとんかつ屋でランチを食べたが、今日も若メガネはスタンプを1個しか押してくれなかった。500円毎にスタンプ1個なので、ランチの980円ならスタンプ1個は合っているけど、そこはもう2個押してくれてもいいのではないか。他のおばちゃん店員さんなら、どの人も2個押してくれるというのに。これからは若メガネがレジをする時には、出来るだけ会計を避ける作戦でいこうと思う。

嗚咽

(10月15日)

今日は帰りに、友達にエ口DVDを借りた。2枚だけ借りたはずなのに、帰宅しカバンの中を覗くと、全部で3枚入っていた。1枚はスカ卜口もので、彼が悪戯で入れたものだと推測される。確かこのパターンは、以前にもやられた記憶がある。怖いもの見たさで、見てみたいような気もするが、見た後で嗚咽が続いてしまいそうなので、見るのは止めておくことにする。

寝られない日

(10月16日)

今日は定期的に寝られなくなる日だったので、昼の3時まで起きていた。お酒を飲むと眠くなるというが、それをしても眠気はやってこなかった。寝られない時は何をしても、寝られないのだろうか。友達は1分あれば眠りにつけるというので、本当にうらやましい。

バケツ

(10月17日)

今日は早朝から、大雨が降ってきた。外にバケツを出して置き、5分もしないうちに、雨水で一杯なったので興奮した。そして、それをぶちまけてやり「バケツをひっくり返したような雨」というのを実際にやってみた。バケツをひっくり返したような雨という表現もよいが、バケツに雨水が直ぐ溜まるような雨、というのもいいかもしれない。

交通事故

(10月18日)

車を運転していると、前の方でパーンという大きな音がした。交通事故のようだったので、邪魔になるといけないと思い、遠回りになるが左折した。40分後くらいに再びその道を通ると、軽自動車の前方部分が潰れていた。顔が潰れているようにも見えたので、くしゃおじさんを思い出した。相当なスピードで、衝突したみたいだった。

慶事

(10月19日)

今日は、ほぼ一日寝ていた。夢の中で何か慶事があったのを覚えているが、起きたときには内容を忘れていた。トイレに起きたついでにメールを見ると、知り合いが結婚するという報告があった。たまたまなのか。

防災訓練

(10月20日)

今日は名古屋駅で、防災訓練が行われていた。長老的な人の長い話に、だれてしまったのか、聞いている人が欠伸を連発しており、学生時代の全校集会を思い出した。そんな防災訓練の今日、ちょっとした地震があり、地下鉄のダイヤが少し乱れた。

新人王

(10月21日)

新人王を受賞した夢を見た。そんなに立派なものではなかったが、何処かのホテルでパーティーを開催してもらい、祝ってももらえた。コメントを求められ「これも皆さんのおかげです」というような、ありきたりな返答しか出来なかった。しかし、何の新人王に輝いたのかは、夢を見ている最中にでさえ分からなかった。

水銀灯

(10月22日)

今日はフットサルをした。管理人さんが時間になっても来なかったので、管理室に入り体育館の電気をつけた。スイッチは全て付けたが、体育館の明かりは、薄っすらとしか明るくならなかった。友達が言うには、体育館の電気の多くは水銀灯で、それは徐々に明るくなるから、少し待つと明るさも全快するとのことだった。水銀灯なんて、今日初めて聞いた。

アルフォート

(10月23日)

近所のスーパーで、アルフォートが1つ49円だったので、思わず3つも買ってしまった。その帰りに「アルフォート!」という声がしたので振り向いてみると、マーちゃんがビニル袋から透けている、アルフォートを指差していた。いかにも欲しそうな顔をしていたので、3つもあることだし1つ与えることにした。凄く嬉しがってくれ、途中まで荷物を持ってくれた。僕は酢昆布もあげると言ったが、それはいらないと言われた。

体温を保つ男

(10月24日)

朝から寒く昼になってからも寒かったので、少し早いような気もしたが、ダウンジャケットを着ていった。知り合いにも、もうダウンジャケットを着るなんてと、少し蔑むような感じで言われたりもしたが、それで丁度よい体温を保てた。

会議

(10月25日)

今日は帰りにスターバックスに寄ったが、ほぼ満席だった。よく見ると中央のテーブルで、スタバのスタッフさんたちが、6人ほどで会議らしきものをしていた。僕は持ち帰りだったのでよいが、それによって複数人で来店したお客さんが座れないので、会議ならスタッフルームでするか、スタッフルームがないなら、閉店してからにすれば良いと思う。個人的には例え店内が空いていたとしても、スタッフが客席で仕事をするというのは止めてほしい。スタバといえば世界規模の会社なのに、何かゲンナリとしてしまった。

あんドーナツ

(10月26日)

昼ごはんを何にしようか悩んでいたら、中村さんがあんドーナツをくれた。あんドーナツ1個だけでは、腹は満たされないと思っていたが、結構なボリュームで満腹になった。何より美味しかったので、帰りにパン屋さんで、あんドーナツを買って帰った。日本の餡子と外国のドーナツを、上手く融合させた食べ物が、あんドーナツだというのか。

ぬる燗

(10月27日)

帰りにマックでコーヒーを注文したら、かなり温くてビックリした。恐らく言えば交換してもらえると思ったが、他にもお客さんが7人ほど並んでいたので、いろいろ面倒くさくて諦めた。コーヒーを受け渡された時点で、少し飲んでみて熱さを確かめなかった、自分が悪いのだと言い聞かせつつ。

歯ブラシ

(10月28日)

歯ブラシの最中に、下の前歯の裏側から、何かが取れた感触があった。最初は歯が抜けたのかと思ったが、見てみると黒ずんだ、小さな塊だった。恐らくこれは、歯石というものではないかと予測される。匂いを嗅いでみたら、とても臭かった。

自転車を売る

(10月29日)

今日は知り合いに頼まれ、新品の自転車をハード・オフへ売りに行った。4000円ということだったが、他店のハードオフへ売りに行った場合、値段は同じなのかという疑問が生じたので、隣町のハードオフへと出向いた。そこでは5500円だったので、値段は査定する人によって、多少違うのだということが分かった。

ハローウィーンパーティー

(10月30日)

今日はライブ終わりに、ハロウィーンパーティーに参加した。何か変装をした方がいいのでは、とバンドメンバーの一人が言ったので、ドンキホーテで、簡単な変装衣装を購入して行った。ハゲづら・つけ髭・マスク・面白メガネの面々で参加したが、僕たち以外は全員私服だった。

廃棄弁当

(10月31日)

コンビニを経営している友達に会い、もう何分かしたら廃棄処理をする弁当があるのだけれど、よかったら昼飯にどうと言われた。喜んで廃棄寸前弁当をもらい、お礼として、お茶とデザートを買わしてもらった。彼は廃棄になった弁当などは、まだ十分に余裕があると言っていた。コンビニでは毎日、かなりの量の食べ物が、捨てられているとのことだった。