2013年5月のベース無関係日記

眺める男

(5月1日)

今日は帰りにプールへ行った。寒いので空いているのかと思いきや、凄く込んでいて、暫く二階から皆さんが泳いでいるのを眺めた。気がついたら1時間以上経っていて、泳ぐのも嫌になり帰る事にした。受付の女性に変な顔をされた。

凹み男

(5月2日)

今日はまた河内が、本番前にアダルトチックな店へ行ったらしい。楽屋に帰ってきてもあまり嬉しそうじゃないので、可愛くない女性が出てきたのかと思っていたら、贔屓にしている可愛い子が退店したらしかった。僕にしたらそんな事くらいでと思ったが、河内にしてみたら相当ショックなようだった。それにしてもよく、遊ぶお金が続くなぁと思う。

ミステリーハウス

(5月3日)

今日は「ミステリーハウス」という、ネットゲームを教えてもらった。腕時計や虫眼鏡をただ探す、物探しゲームだと言われ、それの何が面白いのだと馬鹿にしていたが、やってみると直ぐにハマってしまった。時間が経たないと、エネルギーが回復しないのが歯がゆい。

エドガー・アラン・ポー

(5月4日)

今日は亀谷さんから小説を借りた。名前は知っていたが読んだことのない、エドガー・アラン・ポーの推理小説で、この人が世界で初めて推理小説を書いた人物らしかった。事務所のパソコンでウィキってみると、エドガーの写真があり、見るとちょっと怖い印象を受け、何処となくヒトラーに似ていると思えた。早速帰りにドーナツ屋で読んだが、難しく頭に入ってこなかった。改めて気を入れ、しっかり読まないとダメだ。

子どもの日

(5月5日)

通りを歩いていると、店の前で手作りのお菓子を、子どもの日ということで、子ども限定に配っていた。僕と一緒に歩いていた前田さんは、何を思ったのか列に並んだ。最初はボケかと思ったが並び貫き、なんとお菓子をゲットした。前田さんは「貰えたで!」と言って食べ始め、僕にもクッキーをくれた。お菓子を配っていた人は夢中で、今年34歳の前田さんに気づかなかったのか。

腹へらん

(5月6日)

今日は家で夕方まで寝た。午後6時くらいから、ご飯も食べずにプールで2キロほど泳いだ。何も食べないほうが、スイスイ泳げるのかもしれない。泳ぎ終わってもあんまりお腹が減ってこないので、今日は何も食べないでおこうと思う。

テレビ

(5月7日)

今日は帰りにビッグカメラに寄った。そろそろテレビを買い換えようと思い見ていたが、少し前よりテレビの値段が凄く下がっていた。店員さんに聞くと、最近はテレビも売れずに困っているらしかった。前に国が実施していたエコポイントの時には、テレビを始め色んな家電がバンバン売れていたが、それが終わると、ピタっと勢いも止まったらしかった。でも安いので、こちとら嬉しい。

打ち上げの回数

(5月8日)

今日は連休中にあった、ライブの打ち上げに誘われた。今日かと思ったが、来週に盛大にあるらしく、気が重くなった。朝まで飲むのつもりで来いと言われたが、絶対に行かないでおこうと決めた。本当に年に何回、打ち上げがあるのか。

イタリアンレストラン

(5月9日)

今日は自分でも何を思ったのか、1人でイタリアンレストランの店へ入った。ランチが3500円で、不味い分けでもなかったが、それほど美味しくもなく少しがっかりした。メインディッシュの前に出てきたパスタの量が、わんこそば一杯分くらいしかなかったのが、ビックリした。店員さんは性格が良さそう人だったが、料理の説明が噛み噛みだった。あの店はもっと、値段を下げるべきだと思った。

正露丸論争

(5月10日)

今日は仕事場で腹が痛くなった。事務の人が正露丸を常備してある、と教えてくれたので飲んだ。僕はそれで腹痛も治まったが、もう1人の事務の人が、正露丸は体に悪いと言い出し、正露丸があると言った人と軽い論争になった。10分ほど2人の話を聞いていたが、話が長くなると思い、気づかれぬように去った。

美味しい店

(5月11日)

今日は観光客に話しかけられた。京都で有名で、美味しい食べ物を聞かれた。湯葉と豆腐が美味しい店がありますと言ったら、それは美味しそうだと喜んでもらえた。1人1万円ほどするけども、身に付けている腕時計などからして、金持ちそうな人だったので大丈夫だろう。

飲食し放題

(5月12日)

今日は誕生日を祝ってもらった。何でも好きなものを食べなさいと言われたので、バンバン注文してやったが、そんなに食べられなかった。酒もどんどん飲めと、半ば無理やり飲まされた。もう少し体調が良かったらと残念だった。

三国志傑物伝

(5月13日)

今日は友達に本を借りた。三国志傑物伝という、三国志に登場する人物を解説している、難しそうなタイトルの本だったが、面白くスラスラと読めた。半分読んだが、もう半分読むのが勿体無い気さえした。最近はよく本を読むようになったので、ゲームばかりしていた昔とは、えらく違ってきた。

逮捕劇

(5月14日)

今日は逮捕劇のようなのを見た。何をやらかしたのか、45歳くらいのおばさんが暴れていた。警官が3人いて、そのうちの2人が暴れるおばさんを、宥めたり時には厳しい口調で叱ったりしていた。ポリスメンは10分ほど説得していたが、どうにもならないので、最後は羽交い絞めなどのゴリ押しで、おばさんは連行されていた。

練習不足

(5月15日)

今日は帰りにゲーセンで遊んだ。前にパーフェクトを出した「リズム天国」をプレイしたが、今回の評価は平凡という悔しい結果に終わった。メトロノームを使ってもっと練習しないと、と焦ってきた。

マンU

(5月16日)

今日はサッカー友達と、マンUについて話した。やはり今度の監督の下では、プレイしづらいみたいなので、ルーニーはマンUを去ってしまう可能性が高いと、彼も思っていたようだった。ルーニーは香川を、最初から認めてくれてたような気がするので残念だ。ファーガソンさんも辞めてしまうし、来年のマンUは寂しくなる。

眉毛

(5月17日)

今日は床屋へ行った。久しぶりに顔剃りを頼むと「眉毛はどうしますか?」と聞かれたので、お願いしますと言ってから、ウトウトして寝て起きたら、凄い細いヤンキーみたいな眉毛になっていた。一気に目が覚めた。

鬼平犯科帳

(5月18日)

今日は電車の中で「鬼平犯科帳」を読んでいた。隣に座った爺さんが「若いのに渋いの読んどるにょー」と言われた。恐らく「読んどるのぅ」と言いたかったのだろうが、確かに読んどるにょーと聞こえた。後からジワジワきた。

カメレオン

(5月19日)

今日は朝から体がだるかった。風邪の予感がしたので薬を飲み、カメレオンのようにあまり動かなかった。何もしないのは、それはそれで大変だ。だから、カメレオンも大変なのだろうと思った。

G

(5月20日)

今日は帰りに泳いだ。泳ぎ終わりにサウナでくつろいでいると、黒い物が落ちてたので拾おうとすると、カサカサ動き出しビックリした。情けない声も出してしまったが、自分1人だったのでよかった。

酒力

(5月21日)

今日は飲みに行った。そんなに飲んではいないのに、酒のまわりが早く、店でうつらうつらしてしまった。これから仕事をしようと思ったが、出来そうにない。酒は力は恐ろしい。

ヘリウムガス

(5月22日)

体はしんどくなかったが、今日は起きたら声が変わっていた。鼻声のひどいもののようで、ヘリウムガスを吸った後のような声になった。恥ずかしくて、あまり喋りたくなかった。

対向車

(5月23日)

今日は車で行った。いつもの信号を左折すると、真正面から車が来た。僕も停まり向こうも停まり、暫くにらみ合いみたいになった。よく見ると向こうのドライバーは外人さんだったので、車線を間違えたのかもしれない。運よく警官が近くにいたので、上手く処理してもらった。

敬語とタメ口

(5月25日)

今日も河内さんは、六割五分ほど下ネタを話していた。彼は僕より年上なので、以前は敬語で話していたが、自分でも知らぬ間にタメ口になってい、彼もそれを注意する分けでもなく、何か変な感じの関係だ。

ビッグイアー

(5月26日)

ドルトムントの勝ちを見たかったが、ビッグイアーはバイエルンが手にした。どうしてもゲッツェの移籍・欠場が引っ掛かり、香川の移籍が1年遅れていたらと、また思った。厳しくなるけど、ドルトムントにはまた、来年頑張って欲しい。

ネットカフェ

(5月27日)

今日はネットカフェで暇を潰した。そこに物凄い無愛想で、対応の悪い女の子の店員さんがいた。後から店長らしき人に「まだ新人なもので・・・」と謝罪されたが、あの女の子の店員は、新人だからどうこうというのではないと思った。足は上がらないけど、彼女の脳天へかかと落としをくらわしてやりたい。

ソフトモヒカン

(5月28日)

ベッカムの引退が影響しているのか分からないが、今日はソフトモヒカンの男性を3人も見かけた。でも、今日は雨降りだったので、ソフトモヒカンが、ふにゃっとなっていた。

新しい水着

(5月29日)

今日は泳ぎに行った。新しい水着だったので楽しみだったが、同じメーカーの同じサイズだったけど、パンパンで足が少し苦しかった。股間も無駄に強調されてしまい、恥ずかしかった。

ブルガリア

(5月30日)

今日は友達の家で、サッカー日本代表の試合を見た。立ち上がりから失点し、日本にチャンスもあったが、結局2-0というスコアで、ブルガリアに負けた。サッカー好きの友達は「もうブルガリアヨーグルトなんか食べんぞ!」と、全く関係のない怒り方をしていた。

とにかく眠い

(5月31日)

今日はほぼ眠っていた。最近は寝ても寝ても、眠くてしょうがない。暖かくなってきたからなのか。