2011年3月のベース無関係日記

入門用

(3月1日)

今日の練習は、入門用のエレベを持って行った。2万円もしないベースだったが、なかなか鳴ってくれ、それなりにグルーヴも出せたような気がした。値段が全てじゃないんだなぁと思った。

体力

(3月2日)

今日は仕事前に泳ぎに行った。クロールがまともに出来るようになったので、調子に乗り1キロほど泳いだらクタクタになった。昔のような体力はもう無いと自覚せねばならん。でも、終わってからの昼飯が美味かった。

麦焼酎

(3月3日)

去年の6月に買った、芋焼酎が昨日で無くなった。2リットルもあったので、減らすのが大変だった。今日は麦焼酎を、大人の顔をして買ってきたが、全くどんな味がするのか分からない。

空き時間

(3月4日)

本番まで4時間近くの、空き時間ができた。僕は一人で本を読んだりして、時間を潰した。河内さんは電話をして、何処かに出かけて行ったのが見えた。2時間後にくらいに彼が帰って来たので、何処に行ったか聞いてみると、全く恥ずかしさも感じさせずに、風俗だと答えた。何で仕事前に、そのようなフシダラな場所に行くのかと、少し腹が立ったが、どんなプレイをしてきたのか詳しく、それは詳しく聞かせてもらった。ほんまに河内は、超ど助べえだ。

フットサル

(3月5日)

今日は久しぶりに、フットサルをした。水泳をやっているので、それなりに動けるかと思ったが、最初の10分くらいでバテてしまった。それは他の皆も同じで、交代の回転がそれはもう早かった。明日は筋肉痛で大変だと予想される。

杉下右京

(3月6日)

夢の中で、テレビドラマは相棒の風景が出てきた。いつの間にかテレビの中に僕が入り、杉下右京さんと共演できた。僕の役所はイマイチはっきりしなかったが、嬉しかった。5歳くらいの子どもが殺人犯、という衝撃的な結末だった。亀山くんも出てきたが「特命係りの、かめやまぁ~!」と言う、あの人は出てこなかった。

パラノーマルアクティビティ

(3月7日)

今日は先日借りてきた、パラノーマルアクティビティを見た。実際の映像という宣伝文句だったが、見た感じでは、それはないと思った。でも、中々怖くて、ゾクゾクとさせてもらった。稲川淳二の解説付きというモードがあったので見てみると、稲川淳二が映画と同時進行で解説していたが、途中から自分の持ちネタを話し始めたので、笑ってしまった。

下品

(3月8日)

今日は胸の大きな女性が2人も来た。僕はなるべく見ないようにしていたが、3回はチラっと見てしまった。河内の野朗は、何度も見ていたのを確認した。胸の大きな女性2人が帰ってから、河内は「後からムギュ~って、鷲掴みにして~!」と、3回ほど言い興奮していた。思うのはええけども、口に出して言うのは、下品きわまりない。河内は超ど助べえだ。

お返し

(3月10日)

今日はバレンタインデーの、お返しを買って渡した。一昨年も去年も渡せなかったので、まぁまぁ高級なチョコを買った。僕もその高級チョコを食べさせてもらったが、クランキーの方が美味しいように思えた。こういう行事は、恋人同士だけで済ませておくのが良い。

地震

(3月11日)

千葉にいる友達と連絡が取れない。他の関東近辺に住む、友達は大丈夫だったようだ。地震はもう勘弁してほしい。

連絡が取れる

(3月12日)

千葉の友達と連絡が取れた。とりあえずは安心したが、テレビで見る光景は、本当に同じ日本なのだろうかと、信じられなかった。テレビカメラとかは、救出の邪魔になってないのだろうか。撮影しなくていいところまで、撮影している気がした。

イベント中止

(3月13日)

今日のイベントは中止になった。仕方がないので、図書館へ行くことにした。地震で大変な時にでも、観光客はたくさんいて、本当に同じ時間が流れているのかと、不思議に思えた。被災者の人々には申し訳ないくらい、今日は良い天気だった。

計画停電

(3月14日)

計画停電はてっきり、日本全国でやると思っていた。調べると東日本と西日本では、周波数の関係で、電力があまり送れないらしい。何とかして元気玉みたいに東北・関東へ電気を渡せれば素晴らしい。今日は3回ほど平賀源内を思い出した。

クジラ

(3月15日)

今日はクジラの話を教えてもらった。ニュージーランドで地震の何日か前に、浜にクジラの死体がたくさん出た。日本でも今回の地震の前に、茨城でクジラの死体がたくさんあったらしい。ただの偶然なのか何なのか、怖くなった。阪神大震災の時も、近所の吼えない犬が、やたら吼えてたのを思い出した。

鼻炎

(3月16日)

先日から鼻炎がひどくなってきた。花粉症かと思ったが、目は痒くない。CMでやっている、鼻炎フィルムを買って食べたら、少しはマシになった。直ぐに薬に頼ってしまうの、は悪い癖だ。

5分の1の男

(3月17日)

園児が被災者に5千円寄付、という記事があった。それに比べて1千円しか出してない僕は、何ということだろうか。バンドで寄付を出し合った仲間にも、このことを教えてやろうと思った。園児の5千円といえば、大人の10万円くらいだろうか。

1円は歩

(3月18日)

今日は1円を寄付した。河内さんには「たった1円かよ!」と言われたが「1円でもお金はお金やし、将棋で言うたら歩やぞ!」と言ってやった。河内さんは将棋が好きなので、納得したようだった。

募金

(3月19日)

駅でも募金活動が始まった。今日も1円だけ募金した。一日一円募金を、やれるだけやってみようと思う。

風呂

(3月20日)

友達が風呂屋の無料券をくれた。さっそく帰りに行ってみることにした。それほど大きな風呂ではなかったが、綺麗で気持ちよかった。貸しきり状態で喜んでいたが、背中に龍や般若などを背負った、恐らく怖い人たちが3人入ってきたので、汗が余計に出た。風呂上りの水が、とても美味しかった。

品切れ状態

(3月22日)

京都でもカップ麺が、大量に売れていた。僕の好きなUFOは、どの店に行っても売り切れだった。乾電池や生理用品もよく売れていた。関西でも買い溜めしてる人がいるのかな。

釣銭

(3月23日)

今日は榊さんと、ココイチへ行った。彼は500円玉を含む釣銭を、全て募金箱へ入れた。少しのためらいもなく、募金箱へ入れられるのは、凄いと思った。僕は今日も1円だけ募金した。

(3月24日)

水を大量に買い込んでいる人がいた。店員さんに「お一人様3本までです」と注意されていた。送るつもりだったのか、買い溜めなのか分からないが、あまり良い光景ではなかった。

寝違え

(3月25日)

昼に目覚めると、首から肩のあたりが痛かった。たぶん変な体勢で寝てたので、痛めたのかもしれない。ベースを背負うのは問題なかったが、演奏してる時も、ぎこちなく首が回らなかった。早く治ってほしい。

12時間

(3月26日)

昨日というか今日は、朝の6時に寝て、夜の6時に目が覚めた。つまみが美味しくて、酒を飲みすぎてしまった。飲みすぎたといっても確か、缶チューハイ2本でグダグダになり、寝たのを覚えている。本当にお酒が弱い体質だ。

イントロ

(3月27日)

今日は今度のオープニング曲について話し合った。観衆の心をつかむには、印象的なイントロを作らないとダメだ、という意見が出た。グっとくるイントロの曲を皆で出し合った。皆は次々に曲のタイトルを挙げていったが、僕は思い浮かばなかった。お前は何かないのかねと言われたので、何気に「ヤングブラッズ」と言った。電車の中で佐野元春さんの曲を聴いていたので、ただ言っただけだったが、いいねぇということになり、そんな感じの曲を作ることになった。でも、あの曲には洋楽の元ネタがあったはず。

バンドネオン

(3月28日)

バンドネオンがやりたいと思い調べた。あまり出回ってないらしく、安いものでも10万くらいだった。知り合いにアコーディオンを借りて、それから始めようと考え直した。でも、1度バンドネオンにも触れてみたい。

カズダンス

(3月29日)

三浦和良選手がゴールを決め、久しぶりにカズダンスが見られた。40歳を過ぎて、未だ現役とは素晴らしい。体と精神のバランスが、上手くコントロールされているんだろうなぁと思った。可能なら50歳まで現役でいてほしい。

ゲームセンターCX

(3月30日)

先日、友達から借りたゲームセンターCXを見た。有野課長は懐かしい、忍者龍拳伝をプレイしていた。ふざけているのかと思うくらいに、本当に有野課長のゲームプレイは下手で、ヤキモキしながら見た。ファミコンがまたやりたくなってきた。