2009年5月のベース無関係日記

ツツジ

(5月1日)

帰りに神社を通ったら、ツツジが綺麗に咲いていた。良い匂いがしそうだったので、鼻を近づけて嗅いでみた。想像していた甘い匂いはしなかったが、落ち着いた匂いがした。そのうち女性の大事な部分を嗅いでいるみたいで、恥ずかしくなってきた。

ヤキソバ

(5月2日)

今日はよっぽど眠たかったのか、出番まで楽屋で寝ていた。誰かが「ベースがいないぞ!」叫んだのが聞こえ、それから叩き起こされた。時間はなかったが、何故か残っていたヤキソバを食べてから行った。何でヤキソバを食べたのか、後から考えても分からなかった。寝ぼけていたのか。

できるかな

(5月3日)

youtubeを見ていたら、昔に教育テレビで放送していた「できるかな」が引っかかった。今見てみると、ゴン太くんはどういう生物なんだろう、と思った。カバの一種か。

G対策

(5月4日)

今日はG対策のために、ホウ酸団子を買った。家の中はもちろん、外にも設置しておいた。頼むから出てこないでほしい。

カラス

(5月5日)

今日は朝に走った。自分でも走るスピードは遅いと思ってたが、爺さんが歩くのと同じくらいの速度だった。途中でカラスがウンチをしたのを目撃した。ピョンピョンと跳ねてからピュっと出た。珍しいものを見たので得した気分になった。

お父さん

(5月6日)

朝も早うにマーちゃんが遊びに来た。彼奴は「ワンダと巨像」をしていたが、ドーナツが食べたいとゴネ出した。しょうがないので、朝とお昼も兼ねてミスドへ行くことにした。ミスドにマーちゃんの同級生がいて、マーちゃんのお父さんと間違われた。面倒くさく、またそれも面白かったので、お父さんという設定にしておいた。

おじさんのかさ

(5月7日)

今日は傘を持っていって正解だった。ふと小学校の頃に国語の授業で習った『おじさんのかさ』を思い出した。感想文に「おじさんは変な薬でもやったのか、最後の方で気が狂った」と、書いていた子がいたのを思い出した。

ニンテンドーDS

(5月8日)

譜面を探していたらニンテンドーDSが出てきた。1年ほど前に買ったのをすっかり忘れていた。帰りに麻雀ソフトを買ってきた。電車の中で暇が潰せたら幸いだ。

写真

(5月9日)

公園近くで写真を撮ってください、とお願いされた。背景もバッチリ入るようにと要求された。狙いすぎて首から上だけが写ってしまったので、おばちゃん4人のさらし首、みたいになってしまった。2枚目は上手いこといった。

小さな巨人

(5月10日)

デパートで巨人帽を被った、ヨボヨボのお婆ちゃんがいた。身長が140センチあるかないか、くらいのお婆ちゃんだった。お婆ちゃんは食品コーナーにある、鉄火巻きを眺めながらブツブツ何かを言っていた。僕は会計のためレジ前まで来たが、もう一度お婆ちゃんを見たかったので引き返した。今度はお惣菜コーナーで、ブツブツ言いながら物色していた。何かしらのオーラを発していた。

たぶんトム

(5月11日)

帰りの新幹線に、5歳くらいの外人さんの子どもがいた。僕らが変な顔をしたらケラケラ笑って帰り、また来て帰りしていた。何回か来るうちに、英語で何か話しかけてきた。全く何を言っているか分からなかったが、僕は「あーいぇい」とうなずいて誤魔化した。こんな小さな子でさえ、英語が出来るのに、自分は情けないと思った。かわいい子だった。

障子と西日

(5月12日)

1年ほど前に張り替えた障子が、いつの間にか黄色くなって破れていた。窓を開けた時に入ってくる風で、破けていくのかと思っていたが、隣のおばさんが言うには、西日で破れていくのやと教えてくれた。張り替えようと思ったが、どうせまた西日で破れるので、カーテンにしようと思う。

ぐりとぐら

(5月13日)

駅の椅子に座っているスーツの、男性二人の会話が後から聞こえてきた。片方の男が「別に自殺願望はないけど、電車が来た時に飛び込めば、簡単に死ねるから、やってみようかなと思ったりして怖くなる。」と言っていたので、僕と同じことを考える人もいるんだなぁと思った。もう片方の男に、彼女でも作って楽しくやれよと心配されていた。その二人は何となく、ぐりとぐらに似ていた。

衣替え

(5月14日)

今日は衣替えをした。一度も着ていない服などは、ヤフオクに出品した。1万円近くする服々を、1円で出品したので、誰かが買ってくれると思う。でも、また肌寒くなってきたので、今日の衣替えは、勇み足だったかもしれない。

耳コピ

(5月15日)

練習が一段落すると安心したのか、即興で鼻歌を歌った。それを榊さんが、ギターで全く同じように鳴らした。また適当に鼻歌を歌うと、同じようにギターで鳴らした。何度か同じようなことをしても、完璧にギターで真似た。彼は僕より先輩だけれども「お前すごいなー!」と言ってしまった。榊さんは絶対音感は持ってないと言っているが、そうは思えなかった。

明日

(5月16日)

今日は夕方の4時まで寝ていた。テレビをつけると、民主党の代表が決定したらしかった。大げさにやっていたが、何も変わらないと思った。昨日コーンフレークを食べ過ぎたのか、お腹を壊した。携帯メールに「明日ごはんを食べましょう」とあったが、明日というのは今日のことなのか、明日のことなのか分からない。

携帯メモリ

(5月17日)

今日は携帯メモリの整理をした。長らく連絡を取ってない人の登録を、メモに残して削除した。これで登録数は19件になった。多少スッキリした。

障子

(5月18日)

西日が眩しくてテレビがよく見えなかった。先日、破いてしまったあの障子は眩しい思いをして、西日から守ってくれてたのだなぁと思った。そう思うと、障子に悪い気がしてきた。

朝蜘蛛は見逃せ

(5月19日)

つとめて、コンビニへ行くため自転車に乗った。蜘蛛がハンドルとブレーキの間に、巣を作って獲物を待っていた。何でこの蜘蛛は、こんな場所を巣にチョイスしたのか分からなんだ。もっと電灯の近くで巣を作れとアドバイスを与えつつ、素手では触りたくなかったので、枝を拾い蜘蛛を逃がした。

大阪の友達

(5月20日)

心斎橋に住む友達から電話があった。連休の振り替え休みがあるから、遊びに来ないかいと言われた。この時期に大阪へ行くのは、最近流行っているウィルスに感染してしまうのではないかと思い怖かった。体調を尋ねると、少し風邪っぽいけど大丈夫と言っていた。

パワーストーン

(5月21日)

河内さんが首に怪しい水晶をつけていた。聞くと水晶パワーというもので、能力を存分に発揮できるらしかった。そんな分けないがなと思ったが、ちょっと欲しくなった。

酒を飲む相手

(5月22日)

誰やらからメールがあった。高校の頃に元気の良い一人だった女子からだった。結婚式で帰ってきているので、飲もうぜとあったが、ほとんど女子ばっかりだったし、前の事もあるので行きたくなかった。何度かメールで断っているうちに「もうアンタなんか誘えへんわ!」と来た。お酒は男だけで飲むほうが良い。

パトカー

(5月23日)

午前5時頃外へ出てみると、斜向かえのマンションにパトカーが停まっていた。はっきりとは確認出来なかったが、その少し向こうにバイクと人が倒れていた。あまりジロジロ見るのも気が引けたので、コンビニへ向かった。最近のパトカーは、サイレンを鳴らさずにやって来るのかと思った。パトカーを見ると教育テレビでやってた『安全パトロール』のテーマが流れる。

田舎者

(5月24日)

知り合いと、そのお連れさんでお昼をすることになった。お連れさんはピアスをしていたが、小顔黒髪の清楚美人だった。彼女は上着を脱ぐと、両肩にでかいタトゥーがあった。ビックリしたが、今時タトゥーなんて珍しくありませんよ、的な雰囲気でやり過ごした。タトゥーを見ると「こいつはヤクザの女かもしれない」と思ってしまう僕は、恥ずかしいくらい田舎者だなぁと思った。

体重

(5月25日)

昨日の体重はフルチンで確かに57キロあった。今日は走ったくらいで、特に何もしなかったが、フルチンで55キロだった。1日でこんなに体重が変わったりするんだなぁと思った。

詰め替え用

(5月26日)

養命酒が無くなったので買いに行った。瓶はあるので、詰め替え用を探したがなかった。店員さんにも聞いたが無いと言われた。瓶がもったいないので、養命酒の会社は詰め替え用の養命酒を販売すれば、売り上げも少しアップするのではないだろうか。しかし、衛生的に無理だというのか。

おむすび

(5月27日)

今日もおむすびを作っていった。この前もお昼はおむすびだったので、あまり喋らない人たちからは、哀れみの目で見られた。しかし今日のおむすびは、塩で味付けがしてあるので、それを言ってやりたかった。中村さんが哀れんでくれたのか、僕にバナナを与えてくれた。有り難かったが、おむすびとバナナは合わない。

(5月28日)

朝起きてパンツの中を見てみると白いのが見えた。ヨーグルトがこびり付いたような白だった。知らぬうちに夢精でもしてしまったのかと思ったが、さすがにそれだったら分かる気がした。何の白か分からなかったが、とりあえずパンツを履き替えた。

昼飯

(5月29日)

同僚とお昼は何にするか迷っていた。あんなに好きだった牛丼も蕎麦も、さすがに飽きてきた。もう食べなくても良いのではないか、という意見が出てきて、皆それで納得した。

地下鉄

(5月30日)

場所移動のため、皆で地下鉄を使った。凄く混んでいて、周りは女の人だった。痴漢に間違われないように、亀谷さんから万歳をしなさいという命令が出た。触る気もないのに、何でこんな事してるのだろうと思った。おっさん専用車両を作ってほしい。

(5月31日)

小学校時代の夢を見た。普段は思い出すことのない、同じクラスだった子が出てきた。当時、喋ったか定かではない人なのに、何故夢に出てきたのか。記憶の片隅に残っているのか。その子はイルカに乗っていたのが印象的だった。