2008年10月のベース無関係日記

鼻毛ミッション

(10月1日)

今日は鼻から鼻毛が出ていた。家に帰るまでに、誰にも鼻毛の事を言われなかったら勝ちという、自分だけのくだらないルールを決めた。鼻毛を見られたのか分からなかったが、誰にも鼻毛を指摘されなかった。なかなかスリルのある1日だった。

初めて役に立つ

(10月2日)

今日はマーちゃんが友達を連れてきた。マーちゃんと同じバンドで、キーボードを弾いている子だった。綺麗な子だったので、緊張したが愛想の良い子だったので気軽に話せた。マーちゃんが家に来て初めて嬉しかった。

セルフサービス

(10月3日)

今日は昼にオムライスを食べた。そのお店はセルフサービスだと思っていたので、食べ終わったら食器を棚まで持っていってしまった。恥ずかしかった。

疲れる男

(10月4日)

今日は友達が結婚報告に来た。式場や嫁さんの実家など駆けずり回って、大変そうだった。たった1日のためにたくさんの労力と、何百万のお金をかけて、本当に結婚式って必要なのかとグチっていた。嫁サイドのために頑張れと言っておいた。来週は別の友達がグアムで結婚するのを思い出し、それに自分も出席するのを忘れていた。

100円ショップ

(10月5日)

今日は久しぶりに100円ショップへ行った。これが100円かと思うモノがあったので、それもカゴへ入れレジへ持っていたら、合計が800円もしたのでビックリした。100円ショップに、100円以外の商品を置かないでほしいと思った。店員の対応が気持ち悪いくらい丁寧なのも気になった。そんなにクレームが怖いのかと思った。

結婚報告

(10月6日)

今日は友達が結婚報告に来た。嫁さんも一緒だったので挨拶しておいた。以前に会ったことはあるが、あちらは忘れていたようだった。今年はこれで3人の友達が結婚することになった。

陰毛

(10月7日)

今日は先日借りたMONSTERを読んだ。うつ伏せで読んでいた時に陰毛が引っ張れて痛かった。なので陰毛をカットしてみた。さっぱりしてよかった。

集中力

(10月8日)

今日はパソコンで1日中仕事をした。ちょっと作業しては、休憩しての繰り返しだった。今日は全く集中力がなかった。ナオニーをしないと集中力が増す、という噂はデマだと思った。

切れ痔

(10月9日)

硬いウンコをしたのでアナルが切れた。血が出てきたのでボラギノールを塗っておいた。次のウンコまでに治っておいてくれ。

(10月10日)

今日は1ヶ月ぶりくらいに髭を抜いた。サッパリして4歳ほど若返ったようだった。明日は鼻毛を抜こうと思う。

床屋

(10月11日)

今日は床屋へ行った。あまり切らないでいいと伝えたはずなのに、結構バッサリいかれてしまった。でも気を使って「いい感じです」と言ってしまった。あんなに自信満々に仕上げを見せられたら、何も言えないと思った。

初海外へ

(10月12日)

今日はグアムに出発する。円相場がどうにか上手いこといき、少しでも特になればと、そればかり考えていた。スリには四六時中神経を尖らせておかなければならない。無事に出国帰国できれば何よりだ。

グアム

(10月13日)

関空22時の便で、翌日の2時頃にグアムへ到着した。蒸し暑くて、日本の夏の気候と変わらなかった。ホテルはボロくて、友達と文句ばかり言ってた。睡眠がとれたのは、お日様が昇って2時間くらいだった。アロハ・チノパン・革靴の正装に着替えて、ヒルトンホテルへ向かった。生憎の雨だったが、結婚式と披露宴はこじんまりしていてよかった。睡眠不足とお酒でヘロヘロだったが、海で泳ごうということになった。泳ぐ力は残ってなかったので、足だけチャポチャポして遊んだ。夕飯はハードロックカフェというお店で食べた。滅茶苦茶うるさくて、ハンバーガーもびっくりするほどまずかった。ホテルへ帰って眠れるかと思ったら、友達が怪しいマッサージを頼んだらしかった。フィリピン人がやってきて、ほとんど裸にされた友達をほぐしていた。フィリピン人が帰ったのを確認したらホッとして、いつの間にか眠っていた。

チップ

(10月14日)

今日は夕飯まで自由行動だった。ほとんどの友達は恋人岬を観光しに行った。僕は気の合う友達と2人で、街をフラフラしに行った。メインストリートの外観はグアムという感じは全くせずに、日本語と排気ガスが多く、アジアみたいだった。昼食のお会計を見てみると、チップがすでに料金に足されていた。こっちの人にしたら普通なのかと思ったが、凄くいやらしく思えた。チップを払うのが悔しいということになり、かなりの距離を歩いて帰った。夕食は豪華でショーも見られ、やっと南国を味わえた。明日の深夜2時に空港へ行かなければならないので、ホテルへ帰りゆっくりした。

日本

(10月15日)

早朝5時の便で関空へ向かった。やっと日本へ帰れると安心して疲れが出たのか、風邪をひいてしまった。機内の飯はマズイし乾燥してるし、居心地も悪かった。関空へ到着してドルを円に両替した。行きは3万円をドルへ両替した。友達は2、3千円しかなかったが、僕は2万円ほど残っていた。そういえば、タクシー代と飯代くらいしか使ってなかった。風邪でしんどかったので早く帰りたかったが、彼らは風俗へ行こうと言い出した。こんな体調が悪い時に、風俗デヴューはしたくないので、僕は車の中で待っていた。海外へはもう行きたくないと思った。

眠る

(10月16日)

今日は風邪も手伝って1日中寝てた。海外帰りなので、何日かも何曜日かも分からなかった。蕎麦が食べたい。

マイナスイメージ

(10月17日)

今日もほとんど寝ていた。グアムを思い返してみても、マイナスイメージしかなかった。運が悪かったせいもあるけれど、グアムにはもう行きたくない。

やかん

(10月18日)

自分の不注意でやかんを壊してしまった。まだまだ使えるのに、もったいないなぁと思いながらも、今日は新しいやかんを買った。今度のやかんはスリムなやかんだなぁと思った。

嘘と約束

(10月19日)

こないだの女の子から電話があった。登録はしてなかったので、誰なのか分からなかった。見覚えのある番号だったので、直ぐに電話をとることが出来た。もちろん登録はしておいたと嘘をついた。あまり乗り気ではなかったけど、遊ぶ約束をした。今から緊張してきた。

ウィルス

(10月20日)

熱や喉の痛みは治まった。でも何か気分がスッキリしない。飛行機や車で酔った感じがする。グアムから変なウイルスでも持ってきたのか、心配になってきた。でも、ご飯は美味い。

寝相

(10月21日)

朝起きると右の首から肩にかけて痛かった。これが寝違えたという現象なのかと思った。首を傾げている状態が楽なので、いつも何かを考えている人みたいだった。最近は地味に嫌な事ばかり続く。

電子のレンジ

(10月22日)

実家のいつもの場所にある、電子レンジが無くなっていた。コンロの横に新しい電子レンジがあった。ボタンを押すと喋りだしたのでビックリした。面白いので説明書を見ると、具財を放り込んでおけば、肉じゃがやカレーが簡単に出来ると書いてあった。ハイテクななぁと思った。

朝食

(10月23日)

朝食は豆腐一丁を丸ごと茹でて、プリンみたいにして食べた。ぽんずがカラメルソースみたいだった。美味しかった。

運び屋

(10月24日)

今日は帰りに高島屋へ寄った。ジャージが欲しかったけど好みのがなく、選んでいるうちにウンコがしたくなった。綺麗なトイレでウォシュレットもあったのでよかった。結局ジャージは買わずに、ウンコだけをして帰った。ウンコを高島屋へ落とし、帰ってきただけの日になった。

タオル

(10月25日)

最近はタオルがすぐ臭くなる。すでに加齢臭が出てきているのかもしれない。白髪も増えてきたし、ジジイなる日もすぐだと思った。

体型

(10月26日)

トレーナーなどを3着ほど買ってきた。いい機会なので、ついでにタンスを整理した。衣服を見ていると、中学校から着ているものがほとんどだった。あれから身長も体重も、顔も変わらないなぁと思った。

デート

(10月27日)

今日は約束通りデートをした。栄あたりに繰り出すかと思っていたが、彼女の家でタコ焼を作ることになった。タコ焼を食べながら、キャバクラの話などを聞かせてもらった。知らんうちに、彼女はビールを飲んでいた。昼間からビールは飲みたくなかったので、僕はやめておいた。それから買い物がてら、外を少し歩くことになった。彼女は何に使うのかというくらい、ネギをたくさん買っていた。それからまた彼女の家へ戻り、ボケぇとしていた。巨乳なのにビックリするくらい、エロさは感じられなかった。何やかんやしてるうちに日が暮れてきたので、帰ろうとしたら、泊まっても良いよと言われたのでドキドキした。まだ心の準備が出来てないのです、とギャグっぽく言い帰ってきた。

記憶の片隅

(10月28日)

目が覚めて朝方の6時かと思ったら、夜の6時だった。15時間近く眠り続けていた。夢で小学校時代に1度だけ遊んだことのある子に、焼鳥をもらった。普段では思い出すこともない人なのに、何で夢に出てきたのか不思議だった。久しぶりに小学校の卒業アルバムを見た。

立ち食い蕎麦

(10月29日)

今日は駅での待ち時間があったので、立ち食い蕎麦を食べた。以前より値段が高く、味も変わっていたので残念だった。それでも美味しかったので、出し汁もほとんど飲んだ。かけ蕎麦が美味しい季節になってきた。

コタツ

(10月30日)

今朝は寒かった。帰ってきたらコタツを出そうかと思ったが、コタツを出すとコタツから離れられなくなり、余計にぐうたら人間になってしまうと思って出さなかった。とうとう冬がやって来た思った。

電話

(10月31日)

今日は珍しく携帯が鳴った。誰からか見てみると、前にお金を貸した友達からだった。またお金の催促かと思ったので、悪いけども無視をしておいた。1度お金を貸すと、こんな事になるから駄目だと思った