「弦の押さえ方」の記事一覧

弦を押さえる押弦や運指の指示

弦の押さえ方
弦を押さえる押弦や運指の指示

弦を押さえることを押弦(おうげん)と言いますが、エレキベースの教則本などには、音符やタブ譜面の直ぐ近くに「この音はこの指で押弦しなさい」という指示がされている場合が多いです。大抵は下記の写真でも見られるように、文字か番号 […]

フィンガリング時の親指と押弦のコツ

弦の押さえ方
フィンガリング時の親指と押弦のコツ

音楽用語で使うフィンガリングとは、楽器を弾く指の使い方のことで、日本語では運指(うんし)と訳せます。フィンガリングは左右両手のことを差しますが、ここでは弦を押さえる手の方のフィンガリングです。先ずは親指のフィンガリング、 […]

弦の押さえ方の基本練習はド・レ・ミ

弦の押さえ方
弦の押さえ方の基本練習はド・レ・ミ

「ド・レ・ミ・ファ・ソ・ラ・シ・ド」は、あらゆる楽器の基本練習として用いられ、エレキベースでも弦の押さえ方である、運指(うんし)押弦(おうげん)の基本練習になります。これを英語音名にすると「C・D・E・F・G・A・B・C […]

ハ長調でスケール練習

弦の押さえ方
ハ長調でスケール練習

Cメジャースケールは「ド・レ・ミ・ファ・ソ・ラ・シ・ド」のことだと、過去のページでも説明しました。このCメジャースケールを、日本語読みにするとハ長調(はちょうちょう)と言います。ピアノ鍵盤図とエレキベース指板図を使って、 […]

ミュートというフィンガリング

弦の押さえ方
ミュートというフィンガリング

押弦は指先で真上から押さえる、というのが基本です。しかし、あえてそうしないケースもたくさんありミュートというフィンガリングを使う場合もそうなります。ミュートは地味なテクニックですが、重要なフィンガリングだと考える人も多い […]

ページの先頭へ