「ベースラインの作り方」の記事一覧

ルート弾きベースライン

ベースラインの作り方
ルート弾きベースライン

コードのルートだけ弾くことをルート弾きと言ったりします。指板の音名さえ覚えておけば、気軽に使えるベースラインです。ルートだけを弾くのは退屈かもしれませんが、ベーシストがルート音を弾いている時が、最も安定したコード感を出せ […]

メジャーコードの運指

ベースラインの作り方
メジャーコードの運指

コードとは複数の音が集まり、重なりあって鳴るものです。しかし、エレキベースの場合は一音ずつ、弾いていくのが基本です。コードにも種類が幾つかありますが、先ず始めにメジャーコードというものを見ていきましょう。 メジャーコード […]

マイナーコードの運指

ベースラインの作り方
マイナーコードの運指

どのようなメジャーコードでもルートから、長3度と完全5度のフレットは一定しており、それはマイナーコードになっても同じです。しかし、マイナーコードは長3度ではなく短3度(たんさんど)という音に変わります。長3度と短3度の違 […]

メジャーセブンスの運指

ベースラインの作り方
メジャーセブンスの運指

このカテゴリーの過去のページでは、3つの音から作られる三和音構成の、メジャーコードの運指とマイナーコードの運指を見てきました。ここではメジャーコードやマイナーコードに、1つ音が加わったメジャーセブンスの運指を見ていきまし […]

ドミナントセブンスの運指

ベースラインの作り方
ドミナントセブンスの運指

過去のページで説明したメジャーセブンスを、半音低くしたのがドミナントセブンスです。メジャーセブンスは長7度(ちょうしちど)だと言いましたが、ドミナントセブンスは短7度(たんしちど)と言います。このページでも、指板図を利用 […]

完全5度のベースライン

ベースラインの作り方
完全5度のベースライン

ルート弾きのベースラインは、過去のページでも説明しましたが、ここではルートに完全5度(かんぜんごど)を加えた、ベースラインを考えていきましょう。これまでにも完全5度は説明してきましたが、ここでも簡単に完全5度のフレットを […]

ページの先頭へ