世界には素晴らしいベーシストがたくさん居られ、そのベーシストたちに影響を受け、プロベーシストになっている人も多いはずです。もちろん僕も影響を受け、演奏スタイルに様々な変化をもたらしてくれました。有り難いことに現在では、youtubeで彼らのベースプレイが見られるので、僕の好きなベーシストを中心に、動画を貼っておきます。多くのベーシストのプレイを見聞きし、それを自分のベースプレイに活かしてやりましょう。

youtubeで見る世界のベーシスト


ジャコ・パストリアス

エレキベースに革命を起こした人で、ジャコ・パストリアスは聴いておいた方が良い、とよく言われました。最初は何が凄いのか、いまいちピンと来ないかもしれませんが、ある程度エレキベースの歴史などが分かってくると、ジャコのテクニックはもちろん、エレキベースの可能性を広げた凄い人だと分かるはずです。


ジェームス・ジェマーソン

1960年代から1970年代にかけ、モータウンというレコード会社の、専属ベーシストとして活躍したのがジェームス・ジェマーソンです。コードやスケールに束縛されない自由なベースラインを作る、というのが僕の印象です。彼のベースラインは教材にもなっており、利用している人も多いでしょう。


チャック・レイニー

チャック・レイニーのベースラインも、お手本にされることがよくあり、日本ではあまり見られないものの、その多くが教材となっています。ジャンルはポピュラー音楽だけに留まらず、R&B・ソウル・ジャズなど様々なアーティストの、セッションベーシストとして活躍されてきました。


マーカス・ミラー

音楽プロデューサーとしても一流のマーカス・ミラーですが、やはりベーシストとしての顔が最も有名でしょう。奏法としては、特にスラップを取り上げられることが多く、彼のスラップベースを真似するベーシストは多いです。スラッパーを目指すベーシストなら、避けて通れない一人だと思います。


ラリー・グラハム

後にスラップやスラッピングと呼ばれるようになった、チョッパーベースを世に広めた1人、とされるのがラリー・グラハムです。ドラマーがいない時は、バスドラムをサムピングで、スネアをプラッキングで、ハイハットをゴーストノートで、というようにして生まれたのが、チョッパーベースらしいです。


ルイス・ジョンソン

ラリー・グラハムの他に、スラップベースの元祖と言われているのが、ルイス・ジョンソンです。彼はサンダーサムの異名を持ち、そのサムピングは名前の通り、強烈にして鮮やかで、度肝を抜かれることでしょう。ミュージックマン・スティングレイを使用しての、スラップベースが最も有名かと思われます。


リチャード・ボナ

ジャコ・パストリアスに憧れ、ギタリストからベーシストに転向し、後に「ジャコの再来」と呼ばれるようになるのが、リチャード・ボナです。そのベーステクニックの高さに、驚かされるのはもちろんのことですが、リチャード・ボナはボーカルも得意としており、その歌声に癒される人も少なくないはずです。


ジョン・パティトゥチ

コントラバスとエレキベースの両方を、難なく弾き分けるのがジョン・パティトゥチです。エレキベースは6弦を愛用されており、高速フレーズはギタリストのピック弾きと、聴き間違えてしまうほどです。セッションベーシストとしては、ジャズやフュージョンだけに留まらず、幅広い音楽で彼のベースプレイが聴けます。


スタンリー・クラーク

実はウッドベースも弾くスタンリー・クラークですが、やはりエレキベースを弾いている時の方が素敵で、それでフュージョンというジャンルを広めた、ベーシストの1人と言えるでしょう。日本ではあまり見聞きするのは少ないかと思う、アレンビック社製のエレキベースを、愛用しているのでも有名です。


ヴィクター・ウッテン

超絶テクニック系ベーシストを何人か挙げろと言われれば、ヴィクター・ウッテンの名を外すことは出来ないでしょう。派手なツーフィンガーやスラップのテクニックだけではなく、ハーモニクス奏法を利用した、綺麗な和音を操るテクニックも、ヴィクター・ウッテンの真骨頂だと思います。

世界のベーシストは数え切れない

ボーカルも抜群のウィル・リー、コントラバスギターのアンソニー・ジャクソン、フォーフィンガーピッキングのビリー・シーン、ミュート奏法の達人であるフランシス・ロッコ・プレスティア、実はテクニシャンのゴードン・エドワーズなどなど、紹介したいベーシストは他にも数多いますが、名前を挙げると切りがありません。インターネットを上手く利用して、目標になるベーシストを見つけてください。