主に有名なバンドの曲を、同じように自分たちのバンドで演奏することをコピバン(コピーバンド)と言ったりします。バンドを組まなくても、コピーしたいバンドのCDと合わせ、演奏するだけでも楽しく、何より良い練習になります。僕が高校生の頃によくコピーしていたバンドを、幾つか紹介しておきます。

お勧めコピバン

ザ・ブルー・ハーツのプロフィール画像

ザ・ブルー・ハーツ

僕がコピバンをし始めた頃には、もう既に解散していたと思いますが、まだまだコピバンの王様みたいな感じでした。ベースの難易度もそれほど高くはなく、ピック弾きでも、指弾きでも演奏できると思います。ベースラインは8ビートが主体で、まさにコピーバンド入門と言った感じです。

ユニコーンのプロフィール画像

ユニコーン

ユニコーンは1993年に解散しましたが、2009年に再結成されています。おススメ曲の「おかしな2人」は、特にイントロに醍醐味があり、バンド全体で合わせられれば、絶対に気持ち良いです。ベース担当のEBI氏は、主にピック弾きで、親指はロックスタイルのフィンガリングが印象的でした。

ラルク・アン・シエルのプロフィール画像

ラルク・アン・シエル

ベース担当のtetsuya氏が作り出すベースラインは華やかで、バンドをグイグイと引っ張っていく、というイメージがあります。中でも僕が印象に残るのは「HONEY」という曲で聴ける、伸びがあり飛び回るようなベースラインで、今でも耳と手に残っているので、口に出して歌うことも出来ます。

ハイ・スタンダードのプロフィール画像

ハイ・スタンダード

ピック弾きを鍛えようと思い勧められたのが、スリーピースバンドのハイ・スタンダードです。ベースラインだけでもかなり難しいのに、ベース担当の難波氏は、同時にボーカルもされていたのには驚きました。ハイスタはベースボーカルの、登竜門的バンドだと思っています。

ジュディ・アンド・マリーのプロフィール画像

ジュディ・アンド・マリー

2001年に解散したバンドですが、今でも根強い人気があります。ベース担当の恩田氏は元エレクトーン奏者だからか、ベースラインにもエレクトーンの色が、強く出るのかと思います。中でも「くじら12号」のベースラインに、それが感じられてなりません。

ミスター・チルドレンのプロフィール画像

ミスター・チルドレン

ミスチルにも数多のヒット曲がありますが、僕がおススメするのは「蜃気楼」という、割とマイナーな曲です。蜃気楼はベースが主役と言える曲で、ねっとりと怪しい雰囲気を漂わせる、何度も弾き返したくなるベースラインです。

スピッツのプロフィール画像

スピッツ

バンド演奏は楽しくなると、体も動いてしまいますが、スピッツはベース担当の田村氏も、よくノリノリで弾いておられるのを目にします。おススメ曲の「チェリー」は、僕が初めて弾いた16ビートのシャッフルで、リズムを取るのに苦労した覚えがあります。

ボウイのプロフィール画像

ボウイ

テンポの速い曲になってくると、普通はオルタネイトで弾きますが、松井常松氏はダウンピッキングで弾き切ります。僕もその影響を受けた一人で、8分音符のピック弾きなら、なるべくダウンピッキングで弾くようにしています。

耳コピとバンドスコア

CDなどから聴こえるベース音を耳で聴き取り、同じように演奏することを耳コピと言います。耳コピが出来れば大変便利なのですが、慣れや根気がいる作業なので、直ぐには無理だと思います。耳コピも少しずつ練習してほしいですが、先ずはバンドスコアを利用するといいでしょう。バンドスコアはTAB譜も載っている譜面で、有名なバンドならCDと同じくして、バンドスコアも発売されています。

バンドスコアは採譜ミスも多い

バンドスコアは、そのバンドのギタリストやベーシスト、ドラマーやキーボーディストが実際に書いていたり、目を通していたりすることは極めて稀で、全く別の人がCDを聴き、採譜していることが多いです。その採譜者も音楽素人ではなく、音楽の心得はあるのですがバンドスコアの採譜ミスはよくあることです。単純に聴き違いによるミスなのか、音楽ソフトで記入する際のミスなのかは分かりませんが、バンドスコアを完全に信用するのは止めておきましょう。CDと一緒に弾いていて、耳に違和感を感じたら、採譜ミスを疑ってみることも大事です。