主要三和音とカデンツ(終止形)

ダイアトニックコードは全部で7つあり、その中には楽曲の中心となり、進行していくコードが3つあります。それらを主要三和音(しゅようさんわおん)と言い、英語式にはスリーコードとも言われます。

主要三和音のトニック・サブドミナント・ドミナント

主要三和音のトニック・サブドミナント・ドミナントを説明した小節

主要三和音の位置と名前

ダイアトニックコードの、1番目に作られるのがトニックコードで、Tの略記号で表しています。4番目に作られるのがサブドミナントコードで、SDの略記号で表しています。5番目に作られるのがドミナントコードで、Dの略記号で表しています。ここではCメジャーキーの、ダイアトニックコードを例に挙げてますが、ディグリーネームでも記しているように、他のメジャーキーでも1番目・4番目・5番目に、トニックコード・サブドミナントコード・ドミナントコードが位置し、そういう呼び方をします。これら3つのコードの、機能や性格は次のようになります。

トニックコード(主和音)

トニックコードは主役と言えるコードで、強い安定感があり、曲の始まりや終わりに使われることが多いです。日本名は主和音(しゅわおん)です。

サブドミナントコード(下属和音)

サブドミナントコードは自由なコードと言え、トニックコードのように目立ちはしませんが、展開感を生み出します。日本名は下属和音(かぞくわおん)です。

ドミナントコード(属和音)

ドミナントコードは影の主役と言えるコードで、不安定な和音を響かせ、トニックコードへと進行したがります。日本名は属和音(ぞくわおん)です。

副三和音

曲は主要三和音さえ使えば、それらしくはなるのですが、それでは面白味のない、コード進行が続いてしまいます。そこで使用するのが、同じダイアトニックコード内にある、2・3・6・7番目の副三和音(ふくさんわおん)と言われるコードです。この副三和音も「TSDD」に分類されますが、それは後のページで説明します。


ナチュラルマイナーキーのドミナントコードについて説明した小節

ナチュラルマイナーキーのドミナントコード

今度はナチュラルマイナーキーで見ていきますが、基本はメジャーキーと同じです。1番目がトニックコード、4番目がサブドミナントコードです。前述したように、5番目のドミナントコードは、トニックコードへと進行するのが主な役目です。ナチュラルマイナースケールから作られるのは、Ⅴm7(五度マイナーセブンス)でした。これでも、トニックコードに進行しようとはしますが、これをⅤ7(五度セブンス)にしてやった方が、トニックコードに進行する力は強まります。理由は和音の内容によるもので、詳しくは後のページで説明しています。ナチュラルマイナーキーではⅤ7が作れないので、ハーモニックマイナーキーや、メロディックマイナーキーから借りてくる、と考えてやりましょう。

カデンツ・ケーデンス・終止形

例外も多くありますが、コード進行は最終的に、トニックコードで終わるのを通常とします。トニックコードまでのプロセスには、お決まりのものが幾つかあり、それをカデンツケーデンス、日本語では終止形(しゅうしけい)と言います。

トライアドコードの主要三和音を記した小節

主要三和音はトライアドコードでも同じ

これまでにはテトラッドコード(四和音)で、主要三和音と副三和音を説明してきましたが、それはトライアドコード(三和音)になっても同じです。1番目にTのトニックコード、4番目にSDのサブドミナントコード、5番目にDのドミナントコード、それら以外が副三和音になります。テトラッドコードの方が音が一つ多いので、お得感や音楽的に上だと、誤解する人も少し居られますが、そんなことは決してありません。楽曲のことを考え、その時々で好きな方を使えばいいでしょう。

ドミナントセブンスコード

5番目のドミナントコードですが、これはテトラッドコードでも記しておきました。先ほども説明しましたが、ドミナントコードはよりもⅤ7にした方が、トニックコードへと進行したがる強さが増します。ここではCメジャーキーなので、ドミナントコードのⅤ7は、コード「G7」になります。こういった、ドミナントでセブンス(短七度)の形を、ドミナントセブンスコードと言ったりします。もちろん、三和音のコード「G」でも、ドミナントコードとして成立するので、何が何でも「G7」にする必要もありません。


カデンツを3パターン表している略小節

カデンツの3パターン

先ほども記した、Cメジャーキーでカデンツを見ていきましょう。カデンツは主要三和音で表され、音楽理論の教科書などには、上記の3パターンがよく紹介されているかと思います。Tのトニックコードは、始まりや終わりに多く見られ、ここでは全てに共通しています。SDのサブドミナントコードは、TにもDにも進行する、中間的な役割を果たしているでしょう。Dのドミナントコードは、Tに進行したがるので、ここでもその通りになっています。カデンツを意識しておくと、ベースラインを考えるヒントにもなるでしょう。


Cメジャーキーの主要三和音
Cメジャーキーの主要三和音を記した指板図
Fメジャーキーの主要三和音
Fメジャーキーの主要三和音を記した指板図

エレキベースの指板図で見る主要三和音

エレキベースの指板図でも、主要三和音を確認してみましょう。ベースでもピアノやギターのように、和音を鳴らすことは出来なくもないですが、ここで確認することはTのフレットを中心に、そこからSDDのフレットが、何処に位置しているかということです。左(上)の指板図はCメジャーキーで、3弦3フレットのTを基準に、SDDを見るといいでしょう。それを覚えておけば、右(下)の指板図のように、Fメジャーキーなどになったとしても、主要三和音のフレット間隔は、一定を保っているのが分かります。コードの知識と、フレットの音名を理解しておけば、主要三和音のフレットは、簡単に分かるはずです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントで意見交換してみよう!

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です