「 コードの音楽理論 」一覧

ダイアトニックコード

ダイアトニックコード

スケール(音階)を基にして、音を積み重ねて作られるコードをダイアトニックコードと言います。スケールを基にするので、先ずは「ド・レ・ミ・ファ・...

続きを読む

半音の数で見るコードの構成

半音の数で見るコードの構成

コードには、メジャーコードやマイナーコードがありますが、コード名が変われば、当然コードの内容も変わってきます。これを鍵盤図で半音ずつに区切り...

続きを読む

ディグリーネーム

ディグリーネーム

ダイアトニックコードには基準になるものがあり、それをディグリーネームと言います。ディグリーネームを覚えておけば、メジャースケールの音名を合わ...

続きを読む

マイナーキーのディグリーネーム

マイナーキーのディグリーネーム

短調(たんちょう)とはマイナーキーのことで、マイナースケールのことだと思ってください。ディグリーネームにはマイナーキーのものがあり、メジャー...

続きを読む

主要三和音とカデンツ(終止形)

主要三和音とカデンツ(終止形)

ダイアトニックコードは全部で7つあり、その中には楽曲の中心となり、進行していくコードが3つあります。それらを主要三和音(しゅようさんわおん)...

続きを読む

ドミナントモーションで解決する

ドミナントモーションで解決する

ドミナントコードから、トニックコードへ進行する一連の動作を、ドミナントモーションと言います。ドミナントモーションは「支配的動作」などと訳せま...

続きを読む

代理和音 or 代理コード

代理和音 or 代理コード

ダイアトニックコードは全部で7つあり、そのうちの3つが曲の中心となる主要三和音で、残りの4つが副三和音だと説明しました。この副三和音ですが、...

続きを読む

借用和音(ノンダイアトニックコード)

借用和音(ノンダイアトニックコード)

主要三和音の代わりをするコードは、同じダイアトニックコード内にある、副三和音(代理和音)だと説明しました。それと同じように、主要三和音の代わ...

続きを読む

セカンダリードミナントは副七の和音

セカンダリードミナントは副七の和音

ドミナントモーションとは、5番目のドミナントコードから、1番目のトニックコードへのみに、起こるコードワークでした。しかし、借用和音であるセカ...

続きを読む

オンコードとパワーコード

オンコードとパワーコード

ベーシストはコードネームからルートを判断し、そのルート音から、ベースラインを弾き始めることが多いです。しかし、コードネームにはルート音が別に...

続きを読む

テンションコード

テンションコード

コードは三和音と四和音が主流ですが、それでは物足りずに、単調さを感じることもあります。そこで、緊張を意味をするテンションという、コードトーン...

続きを読む

ブルースのコード進行

ブルースのコード進行

ブルースという音楽ジャンルは、ロックやジャズなどを始め、様々な音楽ジャンルに影響を与え、取り入れられています。ブルースのコード進行をメジャー...

続きを読む

ブルースのコード進行でベースラインの練習

ブルースのコード進行でベースラインの練習

ブルースのコード進行は、ブルースという音楽ジャンルだけでなく、色んなジャンルで聴くことが出来ます。ロックなら8ビートを中心に、ジャズ系なら4...

続きを読む