「 演奏テクニック 」一覧

弦の共鳴を防ぐミュート

弦の共鳴を防ぐミュート

鳴っている弦の振動で、鳴っていない弦までが震えだし、いつの間にか鳴ってしまう、ということがあります。それを弦の共鳴と言い、弦の共鳴が大きすぎ...

続きを読む

セーハ(バレーコード)で運指押弦

セーハ(バレーコード)で運指押弦

楽器を弾く指使いを運指(うんし)、弦を押さえることを押弦(おうげん)と言います。押弦は基本的に指先ですが、難しいフレーズが出てきた時などに、...

続きを読む

シンコペーションによる強拍と弱拍

シンコペーションによる強拍と弱拍

音符には強く感じる拍の強拍(きょうはく)と、弱く感じる弱拍(じゃくはく)があります。それら強拍と弱拍が、タイ記号によって入れ替わることがあり...

続きを読む

オクターブ奏法

オクターブ奏法

音程(おんてい)とは音と音の距離を示す言葉で、オクターブもある一定の音程を示す言葉です。1オクターブを半音で数えると12個分になり、音が丁度...

続きを読む

カッティング奏法

カッティング奏法

音符では音を鳴らし、休符では音を止めなければいけません。その両方の違いを明確にすることが、上手な演奏に繋がってくるでしょう。カッティング奏法...

続きを読む

レイキング奏法

レイキング奏法

ツーフィンガー奏法(指弾き)にはレイキング奏法という弾き方があります。ツーフィンガー奏法は人差し指と中指を使い、その二本の指を交互に使うのが...

続きを読む

スライド奏法 or グリッサンド奏法

スライド奏法 or グリッサンド奏法

指を滑らせて音を出すテクニックを、主にギターやベースのような弦楽器ではスライド奏法、弦楽器以外ならグリッサンド奏法と言います。ここで説明する...

続きを読む

ハンマリング・オン

ハンマリング・オン

ギター系統の弦楽器にハンマリング・オンというテクニックがあります。直接的には指やピックで音を出すのではなく、弦を押さえている指の方で、叩くよ...

続きを読む

プリング・オフ

プリング・オフ

ハンマリング・オンの逆のようなフィンガリングが、プリング・オフと言われるテクニックです。ハンマリング・オンは弦を叩くのがポイントでしたが、プ...

続きを読む

ゴーストノート

ゴーストノート

弦を押さえピッキングすれば音を出せますが、あえて押弦せずにピッキングするのがゴーストノートです。ゴーストノート自体は目立つ音ではないので、そ...

続きを読む

ダブルストップ

ダブルストップ

エレキベースは主に単音を弾く楽器ではありますが、二音以上を弾いても何ら問題ありません。二音を弾くとなると、必然的に二本の弦を同時に弾くことに...

続きを読む

チョーキング

チョーキング

弦を押さえたまま、指で弦を持ち上げたり引っ張り下げたりして、音程を変えるテクニックをチョーキングと言います。ギターでは頻繁に使われるチョーキ...

続きを読む

ヴィブラート奏法

ヴィブラート奏法

押弦している指で弦に素早い振動を与え、音を振るわせるテクニックをヴィブラート奏法と言います。頻繁にヴィブラートをかける楽器もあれば、そうでな...

続きを読む

演奏テクニック総合練習

演奏テクニック総合練習

演奏テクニックの項目で説明してきた、全ての奏法を使用している分けではありませんが、色んなフィンガリングを織り交ぜながら、ベースラインの練習を...

続きを読む