「 音符と休符 」一覧

符割・譜割りの復習とリズムチェンジ

符割・譜割りの復習とリズムチェンジ

これまでに見てきた、符割・譜割り(音符と休符の長さ)を復習しておきましょう。長さの基準は4分音符を1拍として、それが小節内に4つ入る4分の4...

続きを読む

ハーフタイムシャッフル(16ビート)

ハーフタイムシャッフル(16ビート)

8ビートが8分音符中心のリズムであったように、16(シックスティーン)ビートは、16分音符が中心のリズムです。そして、16ビートにもシャッフ...

続きを読む

シャッフル or バウンス(8ビート)

シャッフル or バウンス(8ビート)

8分音符が主体となったリズムを、8(エイト)ビートと言います。そこにシャッフル(shuffle)やバウンス(bounce)という音楽記号が加...

続きを読む

16分音符と16分休符のリズムパターン

16分音符と16分休符のリズムパターン

音符の中で最初の壁となるのが、16分音符かと思います。そこへ16分休符が混ざってくると、非常に厄介なリズムとなります。ここでは音源を使わずに...

続きを読む

付点8分音符(付点8分休符)

付点8分音符(付点8分休符)

その音符の半分の長さがプラスされる、というのが付点音符(ふてんおんぷ)でした。これより前に説明した、付点4分音符と付点2分音符は、音符の直ぐ...

続きを読む

16分音符(16分休符)

16分音符(16分休符)

4分音符を2倍にしてやると2分音符で、4倍にしてやると全音符でした。逆に、4分音符を2分の1にしてやると8分音符で、更に4分の1にしてやった...

続きを読む

2拍3連符(にはくさんれんぷ)

2拍3連符(にはくさんれんぷ)

連符(れんぷ)の種類はたくさんあり、前のページで説明した、1拍3連符だけではありません。1拍3連符の次に多く出てくるのが2拍3連符という連符...

続きを読む

1拍3連符(いっぱくさんれんぷ)

1拍3連符(いっぱくさんれんぷ)

4分音符を2つに分けると、8分音符になりますが、3つにも分けることがあり、そういった音符を連符(れんぷ)と言います。連符にも種類がありますが...

続きを読む

連桁と2拍ずつで譜面を読みやすく

連桁と2拍ずつで譜面を読みやすく

譜面は見るだけの方が多いかと思いますが、これから音楽を続けていくと、採譜(さいふ)という、譜面を書き記すことをするかもしれません。自分だけが...

続きを読む

付点4分音符と付点2分音符

付点4分音符と付点2分音符

音符や休符の直ぐ近くに、小さい黒い点が付くことがあります。それを付点(ふてん)と言い、合わせて付点音符や付点休符と言います。付点音符や付点休...

続きを読む

2分音符(2分休符)と全音符(全休符)

2分音符(2分休符)と全音符(全休符)

8分音符は4分音符より音の長さは短く、丁度半分の長さでした。今度は4分音符より、音が長い音符を見ていきましょう。4分音符を基準にした時に、音...

続きを読む

音楽記号のタイ記号

音楽記号のタイ記号

音符と音符を曲線で結んでいる、音楽記号をタイ記号と言います。タイ記号は音楽ジャンルに関わらず、頻繁に使用される音楽記号、それによりリズムが大...

続きを読む

4分音符(4分休符)と8分音符(8分休符)

4分音符(4分休符)と8分音符(8分休符)

音符(おんぷ)と休符(きゅうふ)の、最も基本的なことになりますが、音符は音を鳴らす音楽記号で、休符は音を休む音楽記号です。どれだけ音を鳴らす...

続きを読む

譜割り・符割を音符とTAB譜で考える

譜割り・符割を音符とTAB譜で考える

何枚かの簡単な譜面を見て、どういうリズムなのかを考えてみましょう。最後以外は4分音符と4分休符だけを使った譜面なので、直ぐに分かると思います...

続きを読む