「 押弦 」一覧

運指押弦のためのスケール練習

運指押弦のためのスケール練習

これまでに説明してきた弦の押さえ方を意識して、スケール練習という楽器の基礎練習をやっていきましょう。ハ長調で運指の練習のページでも説明したよ...

続きを読む

セーハ or バレーコード

セーハ or バレーコード

ギタリストがよく使うフィンガリングにセーハやバレーコードと言われるテクニックがあります。ベーシストもセーハ・バレーコードを使う場合があります...

続きを読む

ミュートというフィンガリング

ミュートというフィンガリング

弦は指先で真上から押さえる、というのが基本です。しかし、あえてそうしないケースもたくさんあり、ミュートというフィンガリングを使う場合もそうな...

続きを読む

ハ長調で運指の練習

ハ長調で運指の練習

Cメジャースケールは「ド・レ・ミ・ファ・ソ・ラ・シ・ド」のことだと、過去のページでも説明しました。このCメジャースケールを、日本語読みにする...

続きを読む

3フレット4フィンガーとハーフポジション

3フレット4フィンガーとハーフポジション

4フレット4フィンガーを好むベーシストもいれば、3フレット4フィンガーの運指スタイルを好むベーシストもいるでしょう。3フレット4フィンガーは...

続きを読む

4フレット4フィンガー(1フレット1フィンガー)

4フレット4フィンガー(1フレット1フィンガー)

弦の押さえ方には運指スタイルがあり、エレキベースでよく使われるのが4フレット4フィンガーや1フレット1フィンガーと言われる運指スタイルです。...

続きを読む

Aマイナースケールの運指

Aマイナースケールの運指

Cメジャースケールの仲間にAマイナースケールがあります。Aマイナースケールはラの音から始まり「ラ・シ・ド・レ・ミ・ファ・ソ・ラ」で、英語音名...

続きを読む

Cメジャースケールの運指

Cメジャースケールの運指

「ド・レ・ミ・ファ・ソ・ラ・シ・ド」は、あらゆる楽器の基本練習として用いられ、エレキベースでも良い運指の練習になります。これを英語音名にする...

続きを読む

クロマチックスケールで運指押弦ストレッチ

クロマチックスケールで運指押弦ストレッチ

ベース初心者のうちは当たり前ですが、指が思うように開いてくれず、手が痛くて押弦にも苦労します。クロマチックスケールという音の並びを利用して、...

続きを読む

フィンガリング時の親指と押弦のコツ

フィンガリング時の親指と押弦のコツ

フィンガリングとは楽器を弾く指の使い方のことで、日本語では運指(うんし)と訳せるでしょう。フィンガリングは左右両手のことを差しますが、ここで...

続きを読む

弦を押さえる押弦や運指の指示

弦を押さえる押弦や運指の指示

弦を押さえることを押弦(おうげん)と言いますが、エレキベースの教則本などには、音符やタブ譜面の直ぐ近くに「この音はこの指で押弦しなさい」とい...

続きを読む