「 コード 」一覧

長6度と短6度のフレット

長6度と短6度のフレット

三和音のトライアドコードに7度の音を加え、四和音のテトラッドコードにする、というのが多く見られるコードの種類でしょう。しかし、4つ目の音は7...

続きを読む

セブンスサスフォーコード

セブンスサスフォーコード

メジャーセブンスサスフォーコードは、これより前のページで説明したように「根音・完全4度・完全5度・長7度」という構成でした。そこから長7度を...

続きを読む

メジャーセブンスサスフォーコード

メジャーセブンスサスフォーコード

メジャーコードは「根音(ルート)・長3度・完全5度」という構成で、そこから長3度を半音上げたのが、三和音構成のサスフォーコードでした。そこに...

続きを読む

マイナーメジャーセブンスフラットファイブコード

マイナーメジャーセブンスフラットファイブコード

マイナーメジャーセブンスコード(短三長七の和音)を覚えているでしょうか。それの完全5度を、減5度にしてやったものがマイナーメジャーセブンスフ...

続きを読む

オーグメントセブンスコード

オーグメントセブンスコード

オーグメントメジャーセブンスコードの「メジャーセブンス」は長7度を表していましたが、これが短7度になったオーグメントセブンスコードを見ていき...

続きを読む

オーグメントメジャーセブンスコードは増七の和音

オーグメントメジャーセブンスコードは増七の和音

増三和音のオーグメントコードは「根音(ルート)・長3度・増5度」でした。そこにメジャーセブンスである、長7度を加えてやったものがオーグメント...

続きを読む

マイナーメジャーセブンスコードは短三長七の和音

マイナーメジャーセブンスコードは短三長七の和音

メジャーセブンスコードは「根音(ルート)・長3度・完全5度・長7度」という構成でした。そこから長3度を半音下げてやるとマイナーメジャーセブン...

続きを読む

ディミニッシュセブンスコードは減七の和音

ディミニッシュセブンスコードは減七の和音

ハーフディミニッシュコードの構成は「ルート・短3度・減5度・短7度」でしたが、そこから短7度を半音下げ、減7度になったディミニッシュセブンス...

続きを読む

ハーフディミニッシュコードは導七の和音

ハーフディミニッシュコードは導七の和音

減三和音の構成音は「ルート(根音)・短3度・減5度」で、過去のページでは三和音のディミニッシュコード、として説明しました。そのディミニッシュ...

続きを読む

マイナーセブンスコードは短七の和音

マイナーセブンスコードは短七の和音

これまではメジャーコードに、長7度や短7度の音を加え、テトラッドコード(四和音)にしてきましたが、ここではマイナーコードに、短7度の音を加え...

続きを読む

ドミナントセブンスコードは属七の和音

ドミナントセブンスコードは属七の和音

長三和音に長7度を加えて、四和音になったものがメジャーセブンスコードでした。ここでも元になるのは長三和音ですが、短7度を加えてやったドミナン...

続きを読む

メジャーセブンスコードは長七の和音

メジャーセブンスコードは長七の和音

あるコードに長7度の音を加えた、四和音のコードであるメジャーセブンスコードを見ていきましょう。あるコードとは、長三和音であるメジャーコードな...

続きを読む

長7度・短7度・減7度のフレット

長7度・短7度・減7度のフレット

三和音に一音を加えた、四和音のコードも頻繁に使われます。三和音はトライアドコードと言いましたが、四和音はテトラッドコードと言い、度数では7度...

続きを読む

サスフォーコード

サスフォーコード

完全4度の音程を使ったサスフォーコードを見ていきましょう。サスフォーコードは、メジャーコードの長3度の代わりに、完全4度を使ってやります。な...

続きを読む

完全4度・増4度・減4度のフレット

完全4度・増4度・減4度のフレット

根音(ルート)からの距離は「度(ど)」という単位で表される、というのは過去のページでも説明してきました。更に度数によって「長」や「短」がつい...

続きを読む

アルタードコード(オルタードコード)

アルタードコード(オルタードコード)

メジャーコードやマイナーコードのようにアルタードコードも、三和音構成のトライアドコードですが、単独で扱われることは少ないかと思います。メジャ...

続きを読む

ディミニッシュコードは減三和音

ディミニッシュコードは減三和音

オーグメントコードとは対照的のようなコードをディミニッシュコードと言います。オーグメントコードのポジションは、メジャーコードから見ましたが、...

続きを読む

オーグメントコードは増三和音

オーグメントコードは増三和音

メジャーコードやマイナーコードのように、3つの音で構成されるものを、トライアドコードと言います。ここで説明するオーグメントコードもトライアド...

続きを読む

減5度と増5度のフレット

減5度と増5度のフレット

3度を「長3度」と「短3度」に分けられたのと同じく、完全5度も音程名を変えて、表現することがあります。名前が違ってくるので、当然フレットの場...

続きを読む

コードからベースラインを考える

コードからベースラインを考える

メジャーコードの長三和音と、マイナーコードの短三和音に分け、ベースラインについて考えてみましょう。メジャーコードではオリジナルのベースライン...

続きを読む

長三和音と短三和音の比較

長三和音と短三和音の比較

長三和音(メジャーコード)と、短三和音(マイナーコード)を、ベースラインやピアノの和音(わおん)で比べながら、改めて確認してみましょう。また...

続きを読む

マイナーコードは短三和音

マイナーコードは短三和音

根音(ルート)から短3度の距離が、指板のフレットで把握できたらマイナーコードを見ていきましょう。マイナーコードは「根音・短3度・完全5度」で...

続きを読む

短3度と長3度の違い

短3度と長3度の違い

ルートから長3度と完全5度のフレットは、以前のページでも説明してきたので、分かってもらえたと思います。ここでは新たに短3度(たんさんど)とい...

続きを読む

メジャーコードは長三和音

メジャーコードは長三和音

エレキベースのコードに限ったことではなく、コードを勉強する時に、最初に覚えるのがメジャーコードかと思います。このメジャーコードが、これからの...

続きを読む

長3度と完全5度のフレット

長3度と完全5度のフレット

コードのルートを弾くという意味が分かったら、次の段階へ進んでみましょう。コードの基本的な仕組みでは、ルートからの度数(どすう)、についても少...

続きを読む

ルートから始まるコードネーム

ルートから始まるコードネーム

コードネームが記された、8小節の譜面を例に挙げ「コードのルートとはどういうものなのか」を見ていきましょう。コードのルートを弾くというのが、エ...

続きを読む

コードの基本的な仕組み

コードの基本的な仕組み

エレキベースのコードを知る前に、先ずはコードの基本を知っておきましょう。音楽の世界でよく言われるコードとは、二音以上の高さの異なる音が、同時...

続きを読む