エレキベース初心者入門セット

これからエレキベースを始めようと思う人には、エレキベース初心者入門セットをお勧めします。初心者入門セットというと、安っぽくて不安なイメージを抱く人も多いですが、初めてのエレキベースならば、ベストな選択かと僕は思います。エレキベース初心者入門セットについて、色々と考えていきましょう。

エレキベース初心者入門セットについての考え

エレキベース初心者入門セットの画像

エレキベース初心者入門セットはリスクが低い

エレキベースとアンプは別々に買った方が、それぞれが良質なのは当然ですが、付属品などを含めると10万近くかかってしまいます。続けられる人はよいですが、残念なことに途中で挫折し、止めてしまう人も何人か見てきました。楽器店に売るなどしても回収は出来ますが、良く見積もっても半額ほどでしょうか。そういうリスクを避けたい人や、弾きたいけど低コストでと思っている人の為に、エレキベース初心者入門セットは最適だと思います。

エレキベース初心者入門セットもいろいろ

エレキベース初心者入門セットも内容等で値段が分かれ、高いものでは5万円以上するセットもあります。最低価格の初心者入門セットになると、2万円を切るものもありますが、僕はそれで十分だと考えています。お金に余裕があるのなら、もちろん高い方を選ぶのもいいでしょう。しかし、エレキベースだけを比べた時に、そこまで大きな差はないと思います。

ジャズベタイプ&プレベタイプ

エレキベースは大まかに、ジャズベ(ジャズベース)タイプ、プレベ(プレシジョンベース)タイプ、の二種類に分けられます。エレキベース初心者入門セットを購入する時も、ジャズベかプレベかで迷うことも多いです。両方の違いは幾つか挙げられますが、初心者にとって一番の違いはネックにあるでしょう。ジャズベは細めのネック、プレベは太めのネックになります。なので、手が小さい人はジャズベを選ぶ傾向にあります。可能ならば、楽器店で両方を弾き比べてみるといいでしょう。

二本目以降のエレキベースのために

エレキベース初心者入門セットから始め、それで音楽を続けていけそうなら、今度は少し高価な二本目の購入を考えるでしょう。その時に初心者入門用のエレキベースを売ったり、知人に譲渡するのもいいですが、改造やメンテナンスの練習用にとっておくのも手です。古い入門用ベースなら、多少思い切ったことをしても安心で、その経験を高価な二本目以降のエレキベースに、活かしてやることも出来るでしょう。

エレキベース初心者入門セットはアマゾン

近くに楽器店がない人は、ネット通販で注文することになると思いますが、ネット通販と聞くと不安に感じる人も多いでしょう。僕が利用するネット通販はアマゾンで、ベースを始めたいという知人に、これまでに何十本と注文してきましたが、大きなトラブルはなかったです。一度エレキベースの塗装が、少し剥がれていたこともありましたが、返品交換も受け付けてもらえました。僕が教えている楽器店も含め、アマゾンで見られる入門セットの方が、コストパフォーマンス的にもベストかと思うので、僕はアマゾンを勧めています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加