日本の音階

日本で使われてきた伝統的な音階についても、サクサクっと見ておくことにしましょう。日本の音階が全てそうなのか分かりませんが、ここで紹介する音階は、1オクターブが5つの音で構成される、ペンタトニックスケールと同じ五音音階です。

五音音階

イ短調(Aマイナースケール)
イ短調(Aマイナースケール)記した小節
イ短調のヨナ抜き
イ短調のヨナ抜きを記した小節

イ短調のヨナ抜きは演歌

マイナーペンタトニックスケールは、短調であるマイナースケールから、第2音と第6音を抜いたものでした。右(下)の小節は、短調から第4音と第7音を抜いた音階で、これは日本の演歌でも、よく使用されている音階です。


イ短調(Aマイナースケール)
イ短調(Aマイナースケール)記した小節
陽旋法(民謡音階・田舎節)
陽旋法・民謡音階・田舎節を記した小節

陽旋法は民謡音階で田舎節

ナチュラルマイナースケール(自然的短音階)から、第2音と第6音を抜けば陽旋法(ようせんぽう)という音階になりますが、これは過去のページでも説明した、マイナーペンタトニックスケールと同じ構成です。また、陽旋法は民謡音階(みんようおんかい)や、田舎節(いなかぶし)とも言われます。


陽旋法(民謡音階・田舎節)
陽旋法(民謡音階・田舎節)を記した小節
陰旋法(都節)
陰旋法(都節)を記した小節

陰旋法は都節

左(上)の小節は陽旋法で、右(下)の小節は陰旋法(いんせんぽう)や、都節(みやこぶし)と言われる音階です。両方ともに五音音階ですが、第2音目と第5音目に、違いがあるのが分かります。僕の愛読している、青島広志さん著書の究極の楽典には、陽旋法と陰旋法は、長音階と短音階の区別に似ている、と書いてありました。また、陽旋法と陰旋法には、種類や区別が多いみたいで、はっきりと決めるのは難しいことのようです。


律旋法
律旋法を記した小節
呂旋法
呂旋法を記した小節

律旋法と呂旋法

日本の伝統音楽である雅楽(ががく)で使われる音階が、律旋法(りつせんぽう)呂旋法(りょせんぽう)です。両方を比べると、第3音目が半音だけ違っているのが分かります。呂旋法は長音階のヨナ抜きである、メジャーペンタトニックスケールと同じ構成、だというのも分かりますが、律旋法や呂旋法などの、民族的な音階の多くは、十二音音階では表現できない音も含んでいます。なので、音符やTAB譜面で記譜されているのは、近い音を表していると思ってください。


Cメジャースケール
Cメジャースケールを記した小節
琉球旋法
琉球旋法を記した小節

琉球旋法

島唄などでも使われているのが、沖縄の音階である琉球旋法(りゅうきゅうせんぽう)です。Cメジャースケールから考えてみると、そこから第2音と、第6音を抜いたものが琉球旋法になるので、長音階のニロク抜きと考えられます。長音階は主音へと、半音で繋がる音を導音としますが、この琉球旋法の場合は、はっきりとした導音とはされないようです。

音階もいろいろ

ここまででも様々な音階を見てきましたが、世界に目を通してみるとほんの一部です。他にもユーラシア大陸が中心のロマの音階、マカームとも言われるアラビアの音階、複雑に入り組み合うインドの音階、日本の音階にも強い影響がある中国の音階など、それぞれが独特の配列を持っています。私たちは、半音が12個で1オクターブとする「十二音音階」に慣れていて、それが標準のように思ってしまいますが、1オクターブを24や48に分ける、民族的音階なども多々あります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントで意見交換してみよう!

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です