Aマイナースケールの運指

Cメジャースケールの仲間にAマイナースケールがあります。Aマイナースケールはラの音から始まり「ラ・シ・ド・レ・ミ・ファ・ソ・ラ」で、英語音名にすると「A・B・C・D・E・F・G・A」という音の並び方をしています。ここではAマイナースケールを利用して、運指の練習をしていきましょう。

Aマイナースケールで運指の違いを確認する

英語音名
英語音名を記した5フレットまでのAマイナースケールの指板図
イタリア語音名
イタリア語音名を記した5フレットまでのAマイナースケールの指板図
Aマイナースケールを記した譜面

フレット毎に押弦する指を決める

内容はCメジャースケールの運指と同じで、まずはフレット毎に押弦する指を決め、弾いていきましょう。5フレット目が人差し指、7フレット目が薬指、8フレット目が小指で、ここでは中指が出て来ません。しかし、薬指で7フレット目を押さえる時に、6フレット目あたりを中指で押さえてやると、薬指だけで押さえるよりも、少ない力で押さえられるでしょう。このように、余った指でも押弦することがよくあります。


英語音名
英語音名を記した5フレットまでのAマイナースケールの指板図
イタリア語音名
イタリア語音名を記した5フレットまでのAマイナースケールの指板図
シフティングの指示があるAマイナースケールを記した譜面

シフティング(ポジション移動)

次はシフティングを利用した運指で、矢印のポイントで手を動かして押弦するので、指はそれほど開かないでいいでしょう。5フレット目の人差し指から、7フレット目の中指でフレット移動とありますが、7フレット目を小指で押さえ、8フレット目をフレット移動して、また小指で押さえる、というのも間違いではありません。でも、小指から小指のポジション移動は、教則本などではあまり見られないかと思います。速さは要らないので、まずは確実な押弦をしてください。


英語音名
開放弦使用の英語音名を記したAマイナースケールの指板図
イタリア語音名
開放弦使用のイタリア語音名を記したAマイナースケールの指板図
Aマイナースケールで開放弦を使用した三通りの運指

開放弦を使用した三通りの運指

最後は5フレット目を、開放弦に直してあります。運指は三通りあり、上段の人差し指と中指だけの運指は、一番オーソドックスかと思います。中段の3フレットを薬指で押さえるパターンは、これまでも何度か説明したように、中指でも一緒に押さえてやると良く、親指をロックスタイルにしてやってもいいでしょう。下段のように中指から入っても問題なく、小指で押さえる3フレット目は、やはり薬指も使ってやるといいでしょう。押弦は指定された指だけとは限らないので、他の指も使えないか試してみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントで意見交換してみよう!

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です