管理人についてお気に入りに追加(IE)サイト履歴サイトマップ質問掲示板相互リンク注意事項
ベースの初心者 - エレキベース入門用練習サイト
ライン001 - ベースの初心者
ベースラインの作り方

コードのルート

ルート弾き

メジャーコード
(基本ポジション)


メジャーコード
(オクターブ)


メジャーコード
(開放弦)


マイナーコード
(長3度と短3度)


マイナーコード
(異弦同音)


マイナーコード
(ルートからの距離)


メジャーセブンスコード

ドミナントセブンスコード

マイナーセブンスコード

セブンスコードまとめ

ルートと5度

コードトーン

経過音(けいかおん)

クロマチックアプローチ

ドミナントアプローチ

ドラムの3点セット

ベースとバスドラム

サイドコンテンツ

エレキベース入門セット

エレキベースの教則本

音楽理論の本

お勧めコピーバンド

世界のベーシスト

エフェクター

スポンサードリンク



ベースラインの作り方
この項目では「オリジナルのベースラインを作れるようになる」ということをやっていきます。ベースラインを作る上で大きなヒントになるのはコードネームです。エレキベースのコードの項目でも似たことを説明しているので、同時進行で見ていくと分かりやすいかもしれません。
コードのルート
ベーシストがまず始めに覚えなくてはならないのがルートです。コードネーム(略してコード)には必ずルートが記されてあるので、まずはそれから覚えましょう。
ライン002 - ベースの初心者
ルート弾き
コードのルートが分かったら音源に合わせてルートを弾いてみましょう。主にルートだけ弾くことをルート弾き(ルートびき)などと言ったりします。
ライン002 - ベースの初心者
メジャーコード(基本ポジション)
ルートだけでもベースラインですが、その他の音を使っても問題ありません。どの音を使うべきかはルートと同じように、コードネームから考えることが出来ます。
ライン002 - ベースの初心者
メジャーコード(オクターブ)
メジャーコード限定で考えると使える音はルート・長3度・5度の3つですが、それらのオクターブ高い音や低い音も使えるので、ベースラインに広がりが出せるでしょう。
ライン002 - ベースの初心者
メジャーコード(開放弦)
指板でメジャーコードのルート・長3度・5度のポジションは分かったと思います。ここに開放弦が絡んでくると少しややこしくなるので整理しておきましょう。
ライン002 - ベースの初心者
マイナーコード(長3度と短3度)
メジャーコードとよく比べられるのがマイナーコードで、メジャーコードとの違いはほんの少しだけです。指板のポジションで見比べてみると分かりやすいでしょう。
ライン002 - ベースの初心者
マイナーコード(異弦同音)
メジャーコードでも基本ポジションを説明したように、マイナーコードでも自分の基本ポジションを見つけましょう。コードによっては開放弦など利用すると運指も楽になるでしょう。
ライン002 - ベースの初心者
マイナーコード(ルートからの距離)
ルートからの距離で長3度のメジャーコードか、短3度のマイナーコードかに分かれます。それを覚えておけば音名を覚える必要はないでしょう。
ライン002 - ベースの初心者
メジャーセブンスコード
メジャーコードとマイナーコードは3つの音から作られる三和音(さんわおん)でしたが、ここからは4つの音から作られる四和音(よんわおん)のコードです。
ライン002 - ベースの初心者
ドミナントセブンスコード
メジャーセブンスコードは長7度がルートから半音の距離にありましたが、ドミナントセブンスコードは短7度がルートから全音の距離にあります。
ライン002 - ベースの初心者
マイナーセブンスコード
ドミナントセブンスコードの長3度を半音低くして、短3度になったのがマイナーセブンスコードです。または、マイナーコードに短7度を加えたものでも考え方は色々できます。
ライン002 - ベースの初心者
セブンスコードまとめ
順番にメジャーセブンス・ドミナントセブンス・マイナーセブンスと見てきましたが、こういった7度がつくコードをセブンスコードと言います。ルートを C としてセブンスコードをまとめてみましょう。
ライン002 - ベースの初心者
ルートと5度
ルートと5度を使ったベースラインを見ていきましょう。コードトーンのルートと5度の2つしか使っていませんが、ベースラインとしては十分に使えるものです。
ライン002 - ベースの初心者
コードトーン
コードの構成音であるコードトーンを使うとベースラインにもより広がりが出せますが、中でも軸になるのはやはりルートなので、これを中心に考えていきましょう。
ライン002 - ベースの初心者
経過音(けいかおん)
ベースラインにはコードトーンに含まれない音を使っても問題ありません。コードトーンを中心に考え、その他にも欲しい音があれば使ってやりましょう。
ライン002 - ベースの初心者
クロマチックアプローチ
クロマチックとは「半音」を意味し、アプローチとは「接近する・働きかける」などを意味します。クロマチックアプローチはよく使われるので、これを基本にベースラインを作ってもいいでしょう。
ライン002 - ベースの初心者
ドミナントアプローチ
ドミナントとは音楽では「第5音・5度」を意味します。ドミナントアプローチはボサノバ・サンバのジャンルでよく見かけますが、ロックやポップスでも使えます。
ライン002 - ベースの初心者
ドラムの3点セット
ドラムセットは色んな打楽器が集まって出来ていて、その中に「バスドラム・スネアドラム・ハイハットシンバル」がありますが、それらは基本になる3点セットとされています。
ライン002 - ベースの初心者
ベースとバスドラム
ベースラインを作る時はバスドラムを意識して、それに合わせるようにするといいでしょう。ベースとバスドラムが合わさると幾つかの利点が生まれます。
>> トップページへ戻る
Copyright (C) 2006 ベースの初心者 - エレキベース入門用練習サイト All Rights Reserved.