shuffle(シャッフル)のリズム

音楽記号の一つにshuffle(シャッフル)というものがあります。シャッフルの指示があると、同じ譜面でもリズムが大きく変わってきます。譜面に合わせた音源も用意してあるので、目と耳の両方で、シャッフルのリズムを把握できるようにしましょう。ジャズのリズムを把握する上で、シャッフルは基本になってくるでしょう。

表拍・裏拍・アクセント

表拍と裏拍を説明する2小節

表拍と裏拍

8分音符が2つ続いた時に、前を表拍(おもてはく)、後を裏拍(うらはく)と言います。上記の2小節にもオモテとあるのが表拍、ウラとあるのが裏拍で、8分音符が並ぶと、オモテウラが交互になります。足でリズムを取りながら弾くとすると、オモテで足が地面に着き、ウラで足が離れている、という感じになるのが自然かと思います。英語では表拍をダウンビートやオンビート、裏拍をアップビートやオフビートと言ったりします。4分音符が連続した場合でも、表拍や裏拍と表現しますが、ここでは特に関係してきません。


アクセントが表拍のイーブン(ストレート)を説明した2小節

アクセントが表拍のイーブン(ストレート)

音源からも分かるように、先ほどと全く同じリズムですが、このような8分音符のリズムをイーブン(ストレート)と言います。また、オモテの音符には「>」という記号があります。これはアクセントという音楽記号で、その音を強くという意味です。しかし、極端に強く弾く必要はなく、オモテの音に意識を持ってくる、という感じで良いかと思います。また、また大抵のリズムは、オモテにアクセントをつけるのが自然で、それが弾き易い演奏になると思います。


1拍3連符とタイ記号で2対1のリズムを説明した2小節

1拍3連符とタイ記号で2対1のリズムを作る

次は1拍3連符のリズムから考えてみましょう。4分音符を三等分したのが1拍3連符なので、そのままなら音は3回鳴ります。それを譜面のように、1つ目と2つ目の音をタイ記号で結んでやると、2つ目の音は1つ目と繋がるので、音は2回だけ鳴ります。そして、こうするとオモテウラの、音の長さの割合が2対1となります。1拍3連符とタイ記号を使い、音源のような跳ねるリズムを作れますが、譜面をもっとスマートに表してみましょう。

shuffle(シャッフル)の記号がある2小節

shuffle(シャッフル)で跳ねるリズムになる

譜面の冒頭に「shuffle」とありますが、この音楽記号があると、8分音符のリズムが、先ほど1拍3連符とタイ記号で作った、2対1のリズムになります。音源を聴いてもイーブンのリズムではなく、跳ねたシャッフルのリズムになっているのが分かるでしょう。シャッフルのリズムはオモテウラで、音の長さが2対1だけに限りませんが、それを基本に教えていることが多いようです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントで意見交換してみよう!

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です