「 音楽理論の基本 」一覧

音名と臨時記号(変化記号)

音名と臨時記号(変化記号)

音につけられている名前のことを音名(おんめい)と言い、音楽の授業でも習った「ド・レ・ミ・ファ・ソ・ラ・シ・ド」も音名です。音名は国により呼び...

続きを読む

小節線と音部記号

小節線と音部記号

小節というものを例えるなら、音符や休符を入れる箱のようなものです。その箱に区切りを付け、視覚的やリズム的に分かり易くするのが小節線(しょうせ...

続きを読む

音符と休符の長さ

音符と休符の長さ

音符(おんぷ)は音を鳴らす音楽記号、休符(きゅうふ)は音を止める音楽記号で、その姿形により長さが決められています。音の長さを耳で理解すること...

続きを読む

拍子記号

拍子記号

譜面の冒頭に分数で表した音楽記号があり、それを拍子記号(ひょうしきごう)と言います。拍子記号には、どの音符を1拍とし、それが小節内に何拍入る...

続きを読む

連符(れんぷ)

連符(れんぷ)

元になる一つの音符が、分割されたものを連符(れんぷ)と言います。元になる一つの音符は、何かに限定はしておらず、全音符・2分音符・4分音符・8...

続きを読む

演奏記号と省略記号

演奏記号と省略記号

譜面やバンドスコアには「この小節はこう弾きなさい」という、演奏記号による指示がされている場合もあります。クラシック音楽に比べると、ポピュラー...

続きを読む

音程の度数と種類

音程の度数と種類

音から音への距離を音程(おんてい)と言い、音程には幾つかの種類があります。物差しやメジャーで距離を測ると、センチやメートルといった単位がある...

続きを読む

反復記号のリピート記号

反復記号のリピート記号

譜面は何小節かに渡り、同じフレーズが続く時もあります。そういう場合には反復記号(はんぷくきごう)が用いられることも多いです。譜面を書く側は手...

続きを読む

D.C.(ダ・カーポ) D.S.(ダル・セーニョ) Coda(コーダ) etc.

D.C.(ダ・カーポ) D.S.(ダル・セーニョ) Coda(コーダ) etc.

ここでも反復記号のリピート記号のページで説明したような、反復記号の仲間を見ていきましょう。クラシック音楽に関わらず、バンドスコアでもよく使わ...

続きを読む