エフェクター

エレキベースの音色をガラリと変えてしまったり、音に変化をもたらしてくれるのが、エフェクターと言われる電子機器です。ある程度弾けるようになると、エフェクターにも興味が出てくるはずです。エレキギターほど頻繁に使わないと思いますが、上手に使ってやると、音や演奏に色が付けられるでしょう。エフェクターにも種類があり、メーカーが違えば使用感も変わってきます。ここでは僕が持っている、極めて有名なエフェクターを見ていきましょう。

エレキベースのエフェクター

コーラスのエフェクター画像

コーラス

音を細かく揺れる効果を作るのがコーラスです。透き通って広がるような音を作れますが、強くかけ過ぎてしまうと、何を弾いているのか分からなくなります。軽めに設定してずっとかけている人もいれば、強めに設定してソロの時だけかける人もいます。僕が最も使っているエフェクターで、スラップ奏法でも効果的です。


コンプレッサーのエフェクター画像

コンプレッサー

大きい音を小さく、小さい音を大きく出来るのがコンプレッサーです。音量のバラつきを少なくする効果がありますが、かけ過ぎると、音に強弱がつけ難くもなります。スラップ奏者には定番のエフェクターで、僕も一度試してから虜になりました。リミッターというエフェクターも、同じような効果があります。


イコライザーのエフェクター画像

イコライザー

音を細かく設定できるのがイコライザーです。自宅練習用で使っているアンプのツマミは、ほぼ低・中・高音域の三種類ですが、設定できるツマミが増えた感じです。ライブ用の大きなアンプで、同じようなツマミを見たことがないでしょうか。あれもほとんどが、イコライザー機能を搭載しているアンプです。


オートワウのエフェクター画像

オートワウ

ペダルを踏むと周波数が変わり、音がワウワウと変化するエフェクターを、ワウペダルと言います。そのペダルをなくしたのがオートワウで、ペダル式では出せないワウ感が得られたり、ピッキングの強さによっても、ワウの効果に変化があります。類似エフェクターに、シンセワウというものもあります。


オーバードライブのエフェクター画像

オーバードライブ

歪(ひず)み系と言われるのがオーバードライブで、力強く荒々しい音を作れます。パンク・メタル・ハードロックなど、激しい音楽ジャンルのベーシストに、愛用されているでしょうか。同じような効果のエフェクターに、ディストーションというものもあり、これはオーバードライブよりも、更に歪んだ音になるエフェクターです。


サンズアンプのプリアンプ画像

サンズアンプ(プリアンプ)

エフェクターとは違いますが、似たようなものにプリアンプという機械があり、主に音を増幅させる役割です。プリアンプをエフェクターで例えるなら、イコライザーに似ているでしょうか。エレキベース本体に内蔵されているプリアンプもあれば、このサンズアンプのように、外付けで使うプリアンプもあります。サンズアンプは太くゴリゴリした、個性の強い音が特徴的です。どういったベースアンプを使おうが、サンズアンプを通してしまえば、それはサンズアンプの音になると思います。計算できる音を作れますが、好き嫌いが分かれる音にもなるでしょう。


マルチエフェクターの画像

マルチエフェクター

コンパクトエフェクターというのは、これまでに紹介してきたような、単体のエフェクターのことを意味します。コンパクトエフェクターに対し、一台に複数のエフェクターが備えられたものを、マルチエフェクターと言います。上記の画像もマルチエフェクターで、機能や性能などで大きさは異なり、コンパクトエフェクターのような大きさも見られます。マルチエフェクターが一台あれば十分、と思ってしまいますが、メリットばかりではなく、デメリットも考えられます。

マルチエフェクターのメリット(良い点)

性能にもよりますが、マルチエフェクターを一台持っていれば、コーラス・リミッター・イコライザーなど色んな音を試せ、それらを掛け合わせたりも出来ます。コンパクトエフェクターを複数買うなら、マルチエフェクターを一台買う方が、コスト的にも安くなるはずです。配線でゴチャゴチャすることもなく、足元がスッキリするのも良い点でしょう。

マルチエフェクターのメリット(悪い点)

例えば、コーラスだけの音を作るなら、コンパクトエフェクターの方が、音の質は良いでしょう。マルチエフェクターは操作が難しく、慣れるまでに時間がかかります。使う人によって欲しい機能がなかったり、逆に無駄な機能があったりもします。コンパクトエフェクターもそうですが、メーカーによって音が変わってくるので、購入したマルチエフェクターが気に入らなければ、買い直す必要も出てくるでしょう。

マルチエフェクターから始める

最初ならマルチエフェクターか、コンパクトエフェクターか、どちらを購入するか迷ってしまうでしょう。僕が試した方法ですが、先ずはマルチエフェクターを買い、それで遊び倒し色んな音を確認します。ライブでも使う機会があれば、より良いでしょう。そのうちに、自分が必要とするエフェクターが分かってくると思うので、それをコンパクトエフェクターで買いました。これは先輩から教えてもらった方法で、同じようにして試した人もいるでしょう。もちろん、マルチエフェクターのみで十分という人も多く、それでも何一つ問題はありません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加