長3度と完全5度のフレット

コードのルートを弾くという意味が分かったら、次の段階へ進んでみましょう。コードの基本的な仕組みでは、ルートからの度数(どすう)、についても少し説明しました。ここではもう少し詳しく、ルートからの度数について見ていきましょう。

長3度のフレット

3弦3フレがルートの度数
3弦3フレットがルートを表す指板図
3弦3フレがルートの長3度
3弦3フレットがルートの長3度を表す指板図

長3度が正式名称

左(上)の指板は、3弦3フレットをルートを表す記号のルートとして、そこからの度数を表しています。ルートからどれくらい距離が離れているかを、2度・3度・4度・5度・6度・7度・8度といった単位で、表現しているものと思ってください。ここでは3度のフレットに注目してみましょう。

この3度ですが、正しくは長3度(ちょうさんど)と言います。右(下)の指板図を見てみると、長3度を表す記号とありますが、これは長3度を表す記号だと思ってください。何故そうなるのかという、音楽的な理論は一先ず置いておき、ルートを表すルートを表す記号をスタート地点と考えて、長3度を表す記号までのようなフレットの間隔を、長3度と覚えてください。


2弦5フレがルートの長3度
2弦5フレットがルートの長3度を表す指板図
4弦1フレがルートの長3度
4弦1フレットがルートの長3度を表す指板図

長3度はルートから一定

左(上)の指板図は、2弦5フレットがルートで、1弦4フレットが長3度です。右(下)の指板図は、4弦1フレットがルートで、3弦0フレットが長3度になっています。2つの指板図を見比べてみると、ルートの場所が違うのは当然ですが、そこから長3度までの間隔は、同じなのが分かるでしょうか。先ほど見た、3弦3フレットをルートとした時も、長3度までの間隔は同じです。1弦や開放弦をルートとした時には、弦やフレットが足りないので無理ですが、どのフレットをルートに選んでも、長3度までの距離は同じ、というのを覚えておいてください。

完全5度のフレット

3弦3フレがルートの度数
3弦3フレットがルートを表す指板図
3弦3フレがルートの完全5度
ルートから完全5度を表す指板図

完全5度が正式名称

3弦3フレットをルートとした度数から見ていきましょう。先ほど説明したように、2弦2フレットは長3度ですが、ここでは単に3度としておきます。5度は2弦5フレットで、これを正しく呼ぶと完全5度(かんぜんごど)と言います。

右(下)の指板にある完全5度を表す記号が、完全5度を表す記号と思ってください。3弦3フレットのルートを表す記号を人差し指で押弦すると、2弦5フレットの完全5度を表す記号は、小指か薬指での押弦が自然かと思います。このような押弦の間隔でも、ルートから長3度や完全5度を、考えられるようになれると良いでしょう。


2弦4フレがルートの完全5度
2弦4フレがルートの完全5度の指板図
3弦0フレがルートの完全5度
3弦0フレがルートの完全5度の指板図

完全5度もルートから一定

左(上)の指板図は、2弦2フレットがルートで、そこから1弦4フレットが、完全5度のフレットに当たります。先ほど見た3弦3フレットがルート、2弦5フレットが完全5度、というフレットの間隔と同じなのが分かります。右(下)の指板は、3弦0フレットをルートで、それの完全5度は2弦2フレットに当たります。開放弦が入ってくると、少し違和感を覚えるかもしれませんが、このフレット間隔も同じルートから完全5度です。長3度の時と同じように、ルートから完全5度までの距離も一定しています。これは他の度数でも同じことが言えます。

オクターブ上下の長3度と完全5度のフレット

オクターブのフレット関係を説明した指板図

オクターブのフレット

オクターブとは音が一周することで、同じ音名になります。3弦3フレットの「C」音に注目してみましょう。そこからオクターブ高い音は1弦5フレットで、音名は同じ「C」音です。4弦5フレットの「A」音からオクターブ高い音は、2弦7フレットの同じ音名である「A」音です。3弦10フレットの「G」音のオクターブ上は1弦12フレットで、やはり音名は同じ「G」音です。

開放弦からも同じで、4弦0フレットからオクターブ高いフレットは2弦2フレットになり、音名は同じく「E」音同士になっています。このオクターブポジションは、どのフレットから始まっても同じ関係で、オクターブ高い(またはオクターブ低い)音を作れます。この同じ音名になるオクターブを頭に入れて、長3度と完全5度のフレットを考えてみましょう。


3弦3フレから上下の長3度
3弦3フレから上下の長3度を表す指板図
3弦5フレから上下の長3度
3弦5フレから上下の長3度を表す指板図

上の長3度と下の長3度

左(上)の指板は、3弦3フレットをルートとして、そこから2弦2フレットが、長3度のポジションになるのは分かると思います。その長3度の2弦2フレットから、オクターブ低いフレットは4弦0フレットで、これも3弦3フレットのルートから見れば、長3度のポジションになります。このサイトでは、ルートから音が高くなる、2弦2フレットを上の長3度、ルートから音が低くなる4弦0フレットを下の長3度、と表現することにします。右(下)の指板図でも考えてみてください。


3弦3フレから上下の完全5度
3弦3フレから上下の完全5度を表す指板図
2弦1フレから上下の完全5度
2弦1フレから上下の完全5度を表す指板図

上の完全5度と下の完全5度

左(上)の指板図でも見られる、3弦3フレットをルートした時は、完全5度が2弦5フレットになる、というのは分かると思います。完全5度の2弦5フレットから、オクターブ低いフレットは4弦3フレットです。3弦3フレットのルートから見ると、2弦5フレットが上の完全5度となり、4弦3フレットが下の完全5度ということになります。「上の○○○度」や「下の○○○度」という表現は、この先でも説明する、他の度数の時にも使うので、覚えておいてください。右(下)の指板図でも考えてみましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントで意見交換してみよう!

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です