長2度・短2度と完全1度・完全8度

これまでには、1度(ルート)を基準に「3度・4度・5度・6度・7度」の音程を、指板図や鍵盤図などで説明してきました。最後に2度の音程と、8度の音程も確認しておきましょう。また、音程の変化についても考えてみましょう。

長2度・短2度と完全1度・完全8度のフレット

ルートからの度数
ルートからの度数を記号で表した指板図
長2度のフレット
長2度のフレットを表した指板図

長2度が正式名称

左(上)の指板図は、これまでにも見てきた、3弦3フレットをルートを表す記号のルートとした音程です。ルートから半音2つ分上がった、3弦5フレットの2度ですが、これを正しく表すと長2度(ちょうにど)となり、右(下)の指板図のように、長2度を表す記号と表すことにします。ここでは長2度を表す記号の記号を省略していますが、3弦3フレットがルートの場合は、長2度が3弦5フレットになるので、異弦同音の2弦0フレットも、長2度として考えられます。


短2度のフレット
短2度を表した指板図
完全8度(ルート)のフレット
完全8度(ルート)のフレットを表した指板図

短2度は長2度の半音下

左(上)の指板図は先ほどと同じく、3弦3フレットがルートを表す記号のルートで、3弦5フレットが長2度を表す記号の長2度です。長2度から半音下を短2度(たんにど)と言い、それを指板図のように、短2度を表す記号と表すことにします。もちろん、これまでのようにルートが動けば、長2度や短2度も、同じ距離感を保ち動く、というのは一緒です。

完全1度と完全8度

3弦3フレットにあるルートを表す記号のルート(根音)は、1度と同じことで、これを正しくは完全1度(かんぜんいちど)と言います。1弦5フレットは8度で、これも「完全」を付け完全8度(かんぜんはちど)と言うのが正式です。完全1度から完全8度は、オクターブの関係で、音名も同じになるので、右(下)の指板図のように、1弦5フレットもルートを表す記号として使える分けです。


長2度と短2度の響き

左(上)の鍵盤図と音源は、根音の「C」音から半音2つ分の長2度で、右(下)の鍵盤図と音源は、根音の「C」音から半音1つ分の、短2度の音程です。長2度でさえも距離が近く、ぶつかった音程だと感じると思いますが、短2度は更に狭く、半音1つ分の距離で、音程も不気味な感じさえします。こういった音程は、実際の曲などでも、ホラー映画や怖い話などに、使われることの多い音程です。

完全音程・長短音程・増減音程(音程変化図)

音程の勉強をしていくと、必ずと言っていいほど見る図があり、音程の変化が半音ずつで表現された、下記のような図です。それの正式な名前が分からないので、ここでは音程変化図とでもしておきましょう。根音(ルート)との距離が、半音広くなれば右へ進み、半音狭くなれば左へ進む、という見方をしていきます。

音程変化図

完全音程から増減音程へ

過去のページでも説明したように「1度・4度・5度・8度」の音程には、頭に「完全」を付けて呼びます。完全4度を例に挙げると、半音上がれば増4度になる、と説明しました。上の図でも「完全」から、右に1つ進めば「増」になっています。完全5度でも見ていくと、半音下がれば減5度になる、と説明しました。やはり、上図でも「完全」から、左に1つ戻れば「減」となっています。

長音程⇔短音程

「2度・3度・6度・7度」の基本を、長音程か短音程で考えていきましょう。長3度が半音下がると、短3度になります。音程変化図でも「長」から、左に1つ戻れば「短」になっています。今度は、短6度から半音上がったとすると、音程変化図では「短」の1つ右隣は「長」なので、長6度ということになる分けです。

増音程と減音程

長2度から考えていくと、半音下がれば短2度で、半音上がると増2度になります。音程変化図でも「長」の1つ左は「短」で、1つ右は「増」になっています。今度は長7度から考えてみると、半音下がれば短7度になり、更にその短7度から、半音下がると減7度になります。しかし、完全1度(同じ音が2つ)は、これ以上狭くならないので、減1度以下という音程は存在しないことになります。

重増音程と重減音程

説明したように、長2度が半音上がると、増2度になります。その増2度が更に半音上がると、重増(じゅうぞう)を使った、重増2度という音程になります。今度は逆で、長7度から半音下がり短7度、更に半音下がると減7度で、そこからまた半音下がると、重減(じゅうげん)を使った、重減7度という音程になります。

過重増音程と過重減音程

重増音程や重減音程はそれまででなく、過重増(かじゅうぞう)や過重減(かじゅうげん)、大重増(だいじゅうぞう)や大重減(だいじゅうげん)、と続きがあるようですが、ほぼ使われることはないので、重増と重減までを覚えておけばいいでしょう。因みに、加重増は重々増(じゅうじゅうぞう)、過重減は重々減(じゅうじゅうげん)、大重増は重々々増、大重減は重々々減、とも言われるようです。

鍵盤図と指板図で見る音程度数

エレキベースの指板図ばかりでなく、鍵盤図で表した音程度数も見ていきましょう。基準になる音が違うと、音程の呼び方も変わってくる、というのに注目してみましょう。鍵盤図で確認できたら、指板図でも見直してみてください。

鍵盤図で表している音程度数

白鍵の音程

ピアノやキーボードなどの、白いキーを白鍵(はっけん)と言います。鍵盤は「C」音をルートを表す記号(完全1度のルート)とすると、そこから白鍵だけを順番に見ていくと、長2度を表す記号(長2度)、長3度を表す記号(長3度)、完全4度を表す記号(完全4度)、完全5度を表す記号(完全5度)、長6度を表す記号(長6度)、長7度を表す記号(長7度)、ルートを表す記号(完全8度のルート)、という音程になっています。まずはこれを基本としましょう。

黒鍵の音程

白鍵と白鍵の間には、黒いキーである黒鍵(こっけん)があります。
今度は黒鍵を交えた音程を見てみましょう。

ルートを表す記号(完全1度のルート)から半音上がると増1度を表す記号(増1度)であり、
長2度を表す記号(長2度)から半音下がると短2度を表す記号(短2度)になります。

長2度を表す記号(長2度)から半音上がると増2度を表す記号(増2度)であり、
長3度を表す記号から半音下がると短3度を表す記号(短3度)となります。

長6度を表す記号(長6度)から半音上がると増6度を表す記号(増6度)となり、
長7度を表す記号(長7度)から半音下がると短7度を表す記号(短7度)になります。


指板図で表している音程度数

3弦だけで表す音程度数

3弦3フレットをルートを表す記号(完全1度のルート)とすると、3弦15フレットがルートを表す記号(完全8度のルート)になります。当然、その間には長2度を表す記号(長2度)や、長3度を表す記号(長3度)などの音程が入り、先ほどのピアノやキーボードの鍵盤図と、同じ形で見ることもできます。ここでは3弦3フレットを、完全1度として見ていますが、どの弦のどのフレットを完全1度として考えても、この音程の並びは変わりません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントで意見交換してみよう!

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です