マイナーコードで使えるフレット

マイナーコードも異弦同音で開放弦にしたりと、押弦(おうげん)するフレットを少し考えるだけで、運指が易しくなったりします。それもコードによって区々なので、色んなマイナーコードで、ポジションを考えてみる必要があるでしょう。

マイナーコードの運指押弦を考える

コード「Cm」のポジション1
コード「Cm」のポジション1を表した指板図
コード「Cm」のポジション2
コード「Cm」のポジション2を表した指板図

完全五度を開放弦にする

左(上)の指板図を、コード「Cm」のポジション1としましょう。これをルートのルートを表す記号、短三度の短3度を表す記号、完全五度の完全5度を表す記号の順に押弦するとしましょう。短3度を表す記号から完全5度を表す記号のフレットが離れすぎており、指を伸ばして押弦するのは無理で、シフティング(手を動かしたポジション移動)が必要になります。そこで、右(下)の指板図のコード「Cm」のポジション2のように、2弦5フレットだった完全5度を表す記号を、1弦0フレットに直してやると、シフティングの必要もない、楽な押弦が出来ると思います。


コード「Cm」のポジション1
コード「Cm」のポジション1を表した指板図
コード「Cm」のポジション3
コード「Cm」のポジション3を表した指板図

短三度をルートと同じ弦で押さえる

次もコード「Cm」のポジション1、の指板図から考えてみます。2弦1フレットにある短三度の短3度を表す記号を、異弦同音の3弦6フレットにしたのが、コード「Cm」のポジション3です。運指的にはシフティングなしで、3弦3フレットのルートを表す記号を人差し指、3弦6フレットの短3度を表す記号を小指、2弦5フレットの完全5度を表す記号を薬指、と押弦することが多いでしょう。最初に見たコード「Cm」のポジション2に比べると、運指的には難しく感じるはずです。しかし、コード「Cm」では開放弦が使えましたが、次のような、開放弦が使えないマイナーコードもあります。


コード「Fm」のポジション
コード「Fm」のポジションを表した指板図
コード「Bm」のポジション
コード「Bm」のポジションを表した指板図

コード「Fm」と「Bm」のポジション

左(上)の指板図は、コード「Fm」のポジションです。4弦1フレットのルートを表す記号、4弦4フレットの短3度を表す記号、3弦3フレットの完全5度を表す記号、という順に押弦するとしましょう。この場合は開放弦が使えないので、指を大きく広げて押弦するか、シフティングで対応していくか、どちらにせよ、左(上)の指板図のポジションしか選択肢がありません。右(下)の指板図はコード「Bm」のポジションで、短三度に当たる短3度を表す記号は3弦5フレットに位置するので、そこを開放弦の2弦0フレットに直すことも可能で、そうすると、運指もかなり楽になるかと思います。

マイナーコードの基本三点

このように、マイナーコードでも異弦同音を用いて考えれば、楽な運指にもなりますが、常に開放弦を使えるとは限りません。なので、まずはコード「Fm」のポジションや、コード「Cm」のポジション3を、マイナーコードの基本三点と考えて、そこから異弦同音を使えないか考えてみる、というのはどうでしょうか。

マイナーコードのフレットを増やす

マイナーコードのポジションを主に、ルート(根音)・短三度・完全五度の三点に絞り説明してきましたが、マイナーコードでも使えるフレットは、三点だけではないので、フレットの範囲を5フレットまでに限定して、指板図を見ていきましょう。

コード「Cm」基本三点
コード「Cm」の基本三点を表した指板図
コード「Cm」基本三点の音名
コード「Cm」の基本三点の音名を表した指板図

コード「Cm」の構成音は「C・E・G」

左(上)の指板図は、このページでも説明した、コード「Cm」Cmのポジション3で、マイナーコードの基本三点としました。右(下)の指板図と音名を照らし合わせると、3弦3フレットのルートを表す記号の音名が「C」、3弦6フレットの短3度を表す記号の音名が「E」、2弦5フレットの完全5度を表す記号の音名が「G」です。それらのフレットからオクターブ上下や、異弦同音のフレットを考えると、次のようになります。

コード「Cm」の音名
コード「Cm」の音名を3フレットから8フレットまで表した指板図
コード「Cm」のポジション
コード「Cm」のポジションを3フレットから8フレットまで表した指板図

コード「Cm」3フレットから8フレット

3フレットから8フレットまでですが、コード「Cm」の音名とポジションを表すと、上記のような指板図になります。3弦3フレットのルートを表す記号は異弦同音で、4弦8フレットで考えることも出来ます。4弦8フレットを基準のルートを表す記号に見ると、同じフレットの1弦に短3度を表す記号が位置します。これは4弦のどのフレットがルートを表す記号になった時も、同じフレットの1弦に短3度を表す記号が来ます。


コード「Cm」基本三点
コード「Cm」の基本三点を表した指板図
コード「Em」基本三点
コード「Em」の基本三点を表した指板図

開放弦がルートのマイナーコード

左(上)の指板図は、コード「Cm」の基本三点ですが、ルートのルートを表す記号から短三度の短3度を表す記号までの距離に注目してみると、半音3つ分(フレット3つ分)の間隔があります。右(下)の指板図は、コード「Em」の基本三点で、ルートのルートを表す記号は4弦0フレットです。そこから4弦3フレットの短3度を表す記号までは、やはり半音3つ分の間隔であるのが分かります。コードに開放弦が混ざると、最初は違和感を覚えますが、指板図で見るとルートを表す記号から短3度を表す記号完全5度を表す記号の間隔は、常に一定であるのが分かりやすいと思います。

メジャーコードとマイナーコードがコードの基本

これまでのページでは、メジャーコードとマイナーコードを見てきました。それはルートを表す記号のルートから、メジャーコードなら長三度の長3度を表す記号、マイナーコードなら短三度の短3度を表す記号、そして共通である完全五度の完全5度を表す記号の、それぞれのフレットの位置を把握することでした。それがエレキベースのコードの基本で、それの意味が分かれば、これから先で説明するコードも、問題なく分かるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントで意見交換してみよう!

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です