メジャーコードで使えるフレット

過去のページでは、メジャーコードの「C」や「F」のフレットを、三点に絞り説明しました。しかし、三点だけがメジャーコードで使えるフレットではありません。ルート(根音)・長三度・完全五度に当たる音名を、5フレットまでの範囲に限定して考えてみましょう。

オクターブや異弦同音のフレット

コード「C」基本三点
コード「C」の基本三点を表した指板図
コード「C」基本三点の音名
コード「C」基本三点の音名を表した指板図

コード「C」の構成音は「C・E・G」

左(上)の指板図は、3弦3フレットにルートのルートを表す記号があり、右(下)の指板図でも分かるように、そのフレットの音名は「C」ですが、1弦5フレットの音名も同じ「C」です。2弦2フレットは長3度を表す記号の長三度で音名は「E」ですが、4弦0フレットの音名も「E」です。2弦5フレットは完全5度を表す記号の完全五度で音名は「G」ですが、1弦0フレットと4弦3フレットの音名も「G」です。分かりやすいように、次のようにまとめてみましょう。

コード「C」音名
コード「C」の5フレットまでの音名を表した指板図
コード「C」ポジション
コード「C」の5フレットまでのポジションを表した指板図

コード「C」5フレットまでの指板図

3弦3フレットのルートを表す記号から1弦5フレットのルートを表す記号は、1オクターブ高いフレットです。2弦2フレットの長3度を表す記号から4弦0フレットの長3度を表す記号は、1オクターブ低いフレットになります。2弦5フレットの完全5度を表す記号から4弦3フレットは、1オクターブ低いフレットで、1弦0フレットの完全5度を表す記号は異弦同音で、同じ音が出るフレットになります。このように、コード「C」の基本三点から、1オクターブ上下のフレットや異弦同音のフレットも、コード「C」の音として使える分けです。


コード「F」基本三点
コード「F」の基本三点を表した指板図
コード「F」基本三点の音名
コード「F」の基本三点の音名を表した指板図

コード「F」の構成音は「F・A・C」

左(上)の指板図は、4弦1フレットにルートを表すルートを表す記号があり、右(下)の指板図で音名を確認すると「F」ですが、2弦3フレットにも「F」があります。3弦0フレットは長三度を表す長3度を表す記号で音名は「A」ですが、4弦5フレットと1弦2フレットも音名は「A」です。3弦3フレットは完全五度を表す完全5度を表す記号で音名は「C」ですが、1弦5フレットにも「C」があります。コード「F」の音名を、次のようのまとめます。

コード「F」音名
コード「F」の5フレットまでの音名を表した指板図
コード「F」ポジション
コード「F」の5フレットまでのポジションを表した指板図

コード「F」5フレットまでの指板図

4弦1フレットのルートを表す記号から2弦3フレットのルートを表す記号は、1オクターブ高いフレットです。3弦0フレットの長3度を表す記号から1弦2フレットの長3度を表す記号は、1オクターブ高いフレットで、4弦5フレットの長3度を表す記号は異弦同音のフレットです。3弦3フレットの完全5度を表す記号から1弦5フレットの完全5度を表す記号は、やはり1オクターブ上のフレットになります。5フレットまでで考えても、コード「F」はこれだけの音が使えます。

基本三点から範囲を広げる

メジャーコードを考える時には、まずルートを表す記号長3度を表す記号完全5度を表す記号の、基本三点のポジションを指板に作ります。そこからオクターブのフレットや、異弦同音のフレットを見つけ出し、少しずつメジャーコードの範囲を、広げていってもいいでしょう。それを繰り返しているうちに、使えるフレットが直ぐに分かるようになります。

開放弦がルートになるメジャーコード

コード「C」は3弦3フレット、コード「F」は4弦1フレットをルートで、それを始まりのフレットとして、長三度と完全五度の基本三点を作ることが出来ました。今度はルートが開放弦になった時を考えてみましょう。

コード「C」基本三点
コード「C」の基本三点を表した指板図
4弦0フレットがルート
4弦0フレットがルートのメジャーコードを表す指板図

4弦0フレットがルートのメジャーコード

左(上)の指板図は、3弦3フレットから始まるルートのルートを表す記号と、長三度の長3度を表す記号と、完全五度の完全5度を表す記号で、メジャーコードの基本三点を作っており、これを当てはめればメジャーコードが作れました。しかし、4弦0フレットをルートを表す記号とする場合だと、長3度を表す記号に当てはめるフレットが足らないので、右(下)の指板図のような三点が、メジャーコードのポジションとなります。先ずはこのポジションを、開放弦がルートの場合の、メジャーコードだと覚えてしまってもいいでしょう。


3弦0フレットがルート
3弦0フレットがルートのメジャーコードを表す指板図
2弦0フレットがルート
2弦0フレットがルートのメジャーコードを表す指板図

3弦と2弦がルートのメジャーコード

左(上)の指板図は、3弦0フレットがルートを表す記号で、そこから長3度を表す記号完全5度を表す記号は、先ほど見た4弦0フレットがルートの時と、同じフレットの距離を保っています。右(下)の指板図は、2弦0フレットがルートを表す記号で、やはり長3度を表す記号完全5度を表す記号も同じポジションを作り、ルートから長三度と完全五度のフレットは、一定しているのが分かります。


1弦0フレットがルート
1弦0フレットがルートのメジャーコードを表す指板図
メジャーコードの基本三点
メジャーコードの基本三点を表す指板図

異弦同音で考えるメジャーコード

左(上)の指板図のように、1弦0フレットをルートを表す記号とした場合、弦が足りないので完全5度を表す記号を置くことが出来ません。こういう時は1弦0フレットの異弦同音に当たる、2弦5フレットにルートを表す記号を置き換えてみましょう。すると右(下)の指板図のように、メジャーコードの基本三点が作れます。もちろん1弦0フレットをルートを表す記号で、1弦4フレットを長3度を表す記号、1弦7フレットを完全5度を表す記号という、1弦だけのメジャーコードでも構いません。運指に迷ったりしたら、異弦同音で考えてみるのも良いでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントで意見交換してみよう!

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です