「 ベースラインの作り方 」一覧

コードのルートは根音

コードのルートは根音

コードを正しく表すとコードネームですが、略してコードと言う方が多いでしょう。コードはアルファベットの英文字や、数字などで表される音楽記号で、...

続きを読む

ルート弾きのベースライン

ルート弾きのベースライン

コードのルートだけ弾くことをルート弾きと言ったりします。指板の音名さえ覚えておけば、気軽に使えるベースラインです。ルートだけを弾くのは退屈か...

続きを読む

メジャーコードは長三度と完全五度

メジャーコードは長三度と完全五度

コードとは複数の音が集まり、重なりあって鳴るものです。しかし、エレキベースの場合は一音ずつ弾いていくのが基本です。コードにも種類が幾つかあり...

続きを読む

メジャーコードで使えるフレット

メジャーコードで使えるフレット

過去のページでは、メジャーコードの「C」や「F」のフレットを、三点に絞り説明しました。しかし、三点だけがメジャーコードで使えるフレットではあ...

続きを読む

マイナーコードの短三度と完全五度

マイナーコードの短三度と完全五度

どのようなメジャーコードでも、ルート(根音)から長三度と完全五度のフレットは一定しており、それはマイナーコードになっても同じです。しかし、マ...

続きを読む

マイナーコードで使えるフレット

マイナーコードで使えるフレット

マイナーコードも異弦同音で開放弦にしたりと、押弦(おうげん)するフレットを少し考えるだけで、運指が易しくなったりします。それもコードによって...

続きを読む

メジャーセブンスコードは長七度

メジャーセブンスコードは長七度

メジャーコードは日本名で長三和音と言いました。それにメジャーセブンス、日本名で長七度(ちょうしちど)を加えたのがメジャーセブンスコードです。...

続きを読む

ドミナントセブンスコードは短七度

ドミナントセブンスコードは短七度

メジャーセブンスコードの長七度を、半音低くしたのがドミナントセブンスコードです。メジャーセブンスコードは長七度を使っていましたが、ドミナント...

続きを読む

マイナーセブンスコードも短七度

マイナーセブンスコードも短七度

ここで説明するマイナーセブンスコードは、新たに出てくるフレットはありません。基準になる三和音がマイナーコードで、そこにドミナントセブンスが加...

続きを読む

セブンスコードは七の和音

セブンスコードは七の和音

メジャーコード(長三和音)やマイナーコード(短三和音)に、メジャーセブンス(長七度)やドミナントセブンス(短七度)が加わったコードを、まとめ...

続きを読む

ルート(根音)と完全五度のベースライン

ルート(根音)と完全五度のベースライン

ルート弾きのベースラインは、過去のページでも説明しました。ここでは、ルートに完全五度を加えたベースラインを見ていきましょう。ルートと完全五度...

続きを読む

コードトーン(アルペジオ)のベースライン

コードトーン(アルペジオ)のベースライン

コードを作っている構成音のことをコードトーンと言います。ギターやピアノなら、コードトーンを一度に全て弾く、所謂コード弾きも多いですが、エレキ...

続きを読む

パッシングノート(経過音)のベースライン

パッシングノート(経過音)のベースライン

ベースラインはコードの構成音ではない音を使ってもよく、それをパッシングノートと言ったりします。コードトーンが主役の音なら、パッシングノートは...

続きを読む

クロマチックアプローチのベースライン

クロマチックアプローチのベースライン

コードが変わる直前の、ベースラインの音は自由ですが、効果的な方法もあります。次のコードを意識して、半音で繋げるクロマチックアプローチという方...

続きを読む

ドミナントアプローチのベースライン

ドミナントアプローチのベースライン

クロマチックアプローチは、次のコードへ半音で繋げました。ここで説明するドミナントアプローチは、名前の通りドミナントで繋げていきます。ドミナン...

続きを読む

ドラマーとベーシストはリズム隊

ドラマーとベーシストはリズム隊

ベースラインを作るには自分の楽器だけでなく、他の楽器との兼ね合いも重要になってきます。特にドラマーとベーシストはリズム隊と呼ばれたりして、密...

続きを読む

空も飛べるはずのベースラインを作る

空も飛べるはずのベースラインを作る

スピッツの代表曲である空も飛べるはずのベースラインを練習していきますが、ここでは同じコード進行を元に、僕が勝手気ままにアレンジしています。コ...

続きを読む